2005年 06月 15日

Three Size Menとその後

 Three Size Men in 大阪、無事終了。

● 6/10(金)初日/大阪入り
c0022579_310739.jpg 下の日記にも書いたが、初日は昼過ぎに東京を出て、到着後、ホテルにチェックインしてから居酒屋で前打ち上げ?→ラーメン→コーヒー。大阪は商店街の看板からいろんなものが飛び出ている。色彩も東京と全然違うなぁ。結局4時近くに寝る。

● 6/11(土)2日目/ライブ本番
 起きた瞬間にシャワーを浴びて飛び出てそのままロビーへ。エレベーターに向かってホテルの廊下を髪振り乱しつつダッシュしていたら後ろから来たヨシンバ吉井氏に「そんなに急ぐことないよ、わっはっは」と呼び止められる。やはり大物はちがうな。みんなで「北極星」のオムライスを食べた後、ライブハウスKnaveへ。しかしこの旅、大阪出身のセロファンの方々がいなかったらどーなっていたことか…と巨大な一通の御堂筋を走りながらしみじみ思う。いつぞや自分の車でライブのために大阪に来たときに迷いまくったのを思い出す。
 リハーサル後、別のイベントで大阪入りしていたプレクトラムタイスケ氏につき合ってもらってライブの衣装を買いに出かける。タイスケ氏が気を遣って色々と連れて行ってくれたのだが、若干遠くに行き過ぎて、戻ったら開演直前。楽屋に全員勢揃いしていた絵は圧巻だった。
 そしてライブ本番に突入。オープニングアクトのぱぱぼっくすは初めて観させてもらったが、独特且つ今回のThree Size Menのみなさんの音楽とのつながりもかいま見られてスバラシイ。そしてヨシンバ→セロファン→松尾清憲&VTS→セッションと怒濤の流れでライブは進む。下北沢でやった第一弾にも増して全バンド熱かった。大阪という土地柄が関係あるのかなんなのか、自分史上にも残るライブに。途中熱くなっちゃって熱くなっちゃって自分がぶしゅ〜っと破裂してしまうんじゃないかと心配になる。終わってから、セロファンサポート史上で初めてセロファンのファンの方に声をかけてもらい、ちょっと感動。長いことセロファンの音楽を聴いてきた人によかったと言われると、なんとも形容しがたい思いがこみ上げる。
 ライブ後は大急ぎでホテルに戻って荷物を置いて直ちに再集合→打ち上げ。これでビールでもかーっと飲めたらなぁ。しかしまぁ全く飲めないので、相変わらずコーラ一点張りで明け方までいろんな人と話して楽しく過ごす。

● 6/12(日)3日目/戻り日
c0022579_3102297.jpg ロビー集合15分前にスタッフの方にいただいた電話で意識を取り戻し、速攻でシャワーを浴びてびしょびしょの頭でとりあえず荷物を抱えてロビーへ。ああ心臓に悪い。そして、お好み焼き+たこ焼き+ラーメン+うどん+冷麺+カレーなどが一つの建物の中で好き勝手に食べられるという夢のような館へ。初日の豚食べ過ぎ以来、胃が本調子でなかったのが本当に悔やまれるが、数人でタッグを組んでちょっとずついろんなものを食べる。あんなのが近所にあったら毎日通ってしまってたちまち栄養失調になること必至。しかし楽しい建物だったなぁ。
 たらふく食ったあとは、車2台に分かれて東京へ。楽しかった3日間はあっという間に過ぎる。帰りのサービスエリアでまた豚丼。この旅で子豚一頭くらい食べたんじゃないか。しかしどの豚もうまかった。豚万歳。

 そして今日。いろんなことをふり返りつつ、大阪で初めて話したヨシンバのベース、スーさんのブログを読んで感激。前々からヨシンバ朝倉氏やセロファン西池氏が絶賛していたので気にはなっていたのだが、さっき初めて見てみて、なんとも表現しがたい、味のあるブログでじ〜んとくる。勝手にリンクするのはなんだかはばかられるので、興味のある方は、ヨシンバのページからとんでみてください。
 というわけで、Three Size Men東京大阪両公演は無事終了。こんなに素晴らしいライブに参加させてもらってほんとにみなさんに感謝したい。自分の演奏中も、他の2バンドのライブを観てる時も、なんどか目頭が熱くなった。こんなイベントがまたできたらいいですねぇ。各バンドのメンバーのみなさん、スタッフの方々、本当におつかれさんでした!
[PR]

by mooran171 | 2005-06-15 03:17 | Live Report


<< ブル〜〜〜〜ス      ライブ前夜 >>