2005年 10月 09日

再会を祝して

■ 10/3(月)青山陽一さん Live @下北沢Club Que
 結局こちらのページではお知らせ間に合わずじまいでしたが,10/3は青山陽一さんとこの「怪しい隣人 Vol.8」でございました。これでもう3回目の隣人体験。だんだん緊張より興奮が勝ってきて,楽しむ余裕が出てきたり。といいつつ,この度もまた目も当てられない間違いを色々とやってしまいましたが,本編最後のQuick Talk〜Tragic Magic Homeの辺りなんかは,青山さん&BM'sの方々の音の温泉の中で踊っているような感じ,とでも言いますか。伝わらないか。とにかく気持ちよかった。そんで,この日のゲスト,ママレイドラグ,すごかったです。前に一度クアトロで観たことがあってその時も若いのに老練な方達だ…と思ったんですけども,今回は本編もかっこよかったし,一緒にやらせてもらったりもして,すごさが音でずおぉぉぉと伝わってきた。ボーカルの田中氏はすごい歌ですねぇ。セッションのギターバトル部分とかも後ろで見てて盛り上がりました。いい一日だった。

■ 10/8(土)青山陽一さん Recording @StStudio
 念願の鳥羽さんのスタジオでリズム録り。初めてお邪魔してきました,噂のStStudio。もうやばかった。あ,この「やばい」は若者言葉の「やばい」ですよ。あんな素晴らしい環境と音,他には無い。ダミーくんとも数年ぶりに再会。ダミーくんの写真撮ってくればよかったなぁ…と言いつつ,そんな余裕はまったく無し。てゆーかドラムを部屋のはじっこにセッティングしすぎて,終わるまでドラムから出られず。そんなことは良いとして,青山さんの曲を初めてレコーディング+エンジニアは鳥羽さん+リズムの相方はもはや私の中ではゴールデンタッグと噂の高いベーシスト河野薫氏(from セロファン)。興奮する要素がすべて揃ったこの状態で,到着直後,ドラム椅子の座る部分をうちの前の道に置いて来たことに気づく。ああ。
 しかしレコーディングは数回でどれだけ一緒に演奏する人と融合して,自分の最大限の演奏をたたき出せるかが勝負ですな。って当たり前か。初めてやる曲だったのでその辺りがなかなか難しくはあったけれども,とにかく最高の状態でドラムたたかせてもらいました。自分が叩いているリズムが気持ちよくてたまらんときと,気持ち悪くてたまらんがどうにもならんときがあって,やりながらこうも違うもんか…としみじみ思いましたな。しかしやばかった。嬉しかった〜。楽しかった〜。
 ドラム椅子は,うちの前の道で私の帰りを待っててくれた。ごめんよ。
[PR]

by mooran171 | 2005-10-09 00:12 | Live Report


<< タマコ最終リハーサル      2005/10 Live I... >>