Drumooran Information

mooran.exblog.jp
ブログトップ
2005年 12月 28日

荒くれ老人サイクリング

c0022579_1395949.jpg 一昨日、青山陽一さんのワンマンライブ@渋谷BOXXが終了。バイトを挟みつつ怒濤のリハーサルが続いたまま突入して当日も長丁場だったのもあり、12/25のライブに向けてそれまで気分が高まっていたのもあり、終わってみたらフヌケになってしまい、今日に至る。
 伊藤銀次さん、堂島孝平さん、真城めぐみ(From:Hicksville)さん、田中拡邦(From:MAMALAID RAG)さん、という豪華ゲスト陣に加えて、今回はBM'sにベースの鹿島達也さんが参加、そんでさらにDVDになるということで録画録音状態の中のライブだったり、ワンマンライブ自体が個人的に相当久しぶりだったり、初めてのライブハウスだったり、楽しいことも大変なこともとにかく盛りだくさんの一日、そんな中、撮った写真がこの一枚、ってのはどういうわけなんだ。ちなみにこれは真城さんと私二人の楽屋の写真でございます。当日は楽屋に入る時点でカメラが回ってますからね、と念を押されていたにも関わらず、せっかく入り口にスタッフの方々が待機してくださっていたというのに、間違えて別の入り口から柵を乗り越えて無理矢理入ってしまい、朝からマネージャーの海原さんに残念な顔をされる。そんで中に入ると、楽屋がバンド、ゲスト、女子、に分かれていたために、真城さんと私が一緒の楽屋で、真城さんと楽屋に二人、なんて日が来るとはなぁ…と遠い目をしながら撮った写真がこれ。そんでこっから先は大わらわであんまり何も覚えていない上に写真を撮る余裕など皆無だったことがこの写真からうかがわれる。
 今回のライブはリハーサル初日から、本当にいろんなことを感じたり勉強させてもらったり考えたり内容の濃〜いものだったので、割と自分の中でうまくまとまってから書こうとこんなに遅くなったというのに、楽屋の話だけですでにこんなに長くなってしまった。いつも簡潔に簡潔に…と心がけているつもりなんだがなぁ。とにかく、私はここではBM'sの一員で、ゲストのみなさんを迎え、大将の青山さんに最高に気持ちよくやってもらうために後ろでどっかんどっかんやる、というのが目的のつもりだったにも関わらず、青山さんはもちろん、鍵盤の伊藤隆博さん、今回初参加の鹿島さん、ゲストの方々にもものすごく助けられて、みなさんのすごさを骨の髄まで思い知らされたライブでありました。鹿島さんなんてもう、今回初めての曲ばっかり20曲近くあるっちゅーのに、リハーサルでもたくさんコミュニケーションをとってくれた上に本番でさらにグッと演奏がまた変わって、これぞプロフェッショナルだと。いつも伊藤さん、チガちゃんにびびらされてましたが、今回もまた相当冷や汗流しました。こうして素晴らしいミュージシャンの方々とスタッフの方々に囲まれて、幸せなクリスマスを過ごさせてもらったわけでございます。会場に足を運んでくださった方々も、いい雰囲気を作ってくださって、ほんとに感謝したいです。
 で、タイトルですが。これは青山さんの歌詞のフレーズを抜き出したもの。青山さんの歌詞って演奏しててところどころ「えっ?今何と??」と思うことが多々有るんですが、そんな中から、最近の最もお気に入り。すごい歌詞ですわ〜。さてどの曲の歌詞でしょう。
[PR]

by mooran171 | 2005-12-28 01:47 | Live Report


<< 新年明けまして      逃げ帰る >>