2005年 01月 19日

脱獄

長年同じバンドで同じ釜の飯を食わせてもらった旧友のN氏が、珍しく娑婆に出る、というので久々に同行。目指すは千葉にあるというファミコンの中古ソフトが大量に売っているという店で、その名も「千葉鑑定団」。
c0022579_323429.jpgc0022579_324242.jpgc0022579_325271.jpg
昼過ぎに出発したのだが、出発してまもなくタイヤのパンクが発覚(写真その1)→ガススタが見つからず銀座のど真ん中の路上でタイヤ交換(写真その2)→スペアタイヤで一度N氏の自宅に戻ってご家族の車を借りる(写真その3)→千葉へ再出発→ガソリンがない事が発覚し、再びガススタを探し回る…という珍道中に突入し、すっかり暗くなった千葉の知らない土地で、そびえ立つ「千葉鑑定団」を発見したときは感動で車中は沸きに沸いた。
c0022579_33211.jpgしかし給料日前で激貧だった私が購入したのはファミコンの中古ソフト「脱獄」(写真その4)のみ。ちなみにN氏はソフトを6個も7個も大人買いしていた(といっても一個数百円)。
「脱獄」はとにかく敵を殴ったり蹴ったりしながら脱獄する、というゲームだが、とっても楽しい。2Dの横スクロールはいいなぁ。
[PR]

by mooran171 | 2005-01-19 03:05 | memorandum


<< 加藤千晶さんという人      2005/2 Live Inf... >>