2006年 05月 26日

湯けむりの里再び

c0022579_312860.jpg のっぴきならない事情により、さきほど湯けむりの里へ行って来た。今度こそ全部制覇してゆっくり湯を楽しもうじゃないか、とやる気も新たに、鼻息荒く到着。ラベンダーの湯、とかジェットバスとか、まああれやこれや、前回は具合が悪くなって気づかなかった露天風呂までほぼ制覇。最後のシメにサウナ。かれこれ数年ぶりに入ったが、死ぬほど熱い。韓国旅行でサウナに入った際、よく分からずに長時間入っているうちに半分意識を失い、韓国のおばちゃんに「死ぬよ!死ぬよ!」とバシャバシャ水を頭からかけて助けてもらった時の教訓として、タオルをびちょびちょに濡らして入る。しかし息を吸うのも熱くてのどが焼ける。こんなんでホントに大丈夫なんだろうか。減量って辛いなぁ…力石よ…などと思いつつ周囲を見回すと、平然と寝転んだり、テレビをダラダラ見てるおばちゃんたち数名。まるで居間のようなくつろぎっぷり。こっちは息をするのも大変だっちゅーのに、この違いは何だ。
 それでもだいぶ我慢してサウナに数回入った後、最後に汗を流して脱衣所へ。前回動揺、やはり激しく貧血に。う〜む。これさえなけりゃもっと来るのになぁ〜。しばし全裸でしゃがみこんだ後、復活してコーヒー牛乳。ゲームコーナーで少し遊んで帰る。
 しかし、前回行った時よりも少しお湯に入りやすくなったような気が。これはちょくちょく行けそうな気がしてきたぞ。サウナで減量も慣れれば楽しそう。次回は帰りにゲームコーナー横の食堂でざる蕎麦食べて帰るぞ、と独りよがりな決意を固めつつ、アイルビーバック!と湯けむりの里にそっと告げて去った。
[PR]

by mooran171 | 2006-05-26 03:13 | memorandum


<< 2006/6 Live inf...      走りながら音楽を聴く >>