Drumooran Information

mooran.exblog.jp
ブログトップ
2005年 01月 28日

歌のちから

 今日はライブを観に赤坂グラフィティへ。
 SPIROの中嶋くん、タニザワトモフミ氏、そしてex.サイクルズの森川アキコ嬢という、恐ろしく歌が強力な面々が一同に会す、というので期待に胸を膨らませて赤坂へ向かったが、予想をはるかに超えた、濃いイベントだった。
 中嶋くんの一人弾き語りは初めて観たけれども、彼は独りで歌っていてもバンドマンだった。ロックだった。タニザワ氏はバンドも含め若いのに老練な感じで肝を冷やさせられた。なんか彼らはサラブレッド感溢れている。50歳くらいになったらどんななってるんだろう。そして森川アキコ嬢は、今回ギターの鳥羽さんを迎えてさらにパワーアップ、本当にのびのびと楽しそうにパワー全開でやっていた。向かうところ敵無し、と言った感じ。誰か私を負かせるとでも?という感じ。末恐ろしい。観ていて本当に恐ろしかったが、彼女は行くべき場所にたどり着きそうだ、と思った。なんか突然詩的ですけども(笑)。このまま突き進んでほしい。いや、絶対突き進むでしょう。
 というわけで歌ものの音楽における「歌のちから」を嫌と言うほど思い知らされた夜でした。そして彼らが歌っていて最高だと思える音と環境を作っているバンドの方々もすばらしかった。
 あとはですね、久しぶりに盟友のまっく(ex.サイクルズのベーシスト)と一緒にライブを観て、なんというか、同じ釜の飯を長年食ったことの偉大さ、ありがたみをかみしめました。楽しい夜だった。
[PR]

by mooran171 | 2005-01-28 02:23 | memorandum


<< 3年B組      9コンパスリハ >>