2007年 06月 09日

タマコウォルズライブ@赤坂グラフィティ、明日に迫る

 terjadiライブ@高円寺Club Linerも無事終了、個人的には打ち込みと生楽器の狭間で己の至らなさを噛み締める部分もあったものの、シタールやタブラとリズム隊、という形で演奏するのも他ではない形でかなり新鮮で非常に楽しかったです。
 ところでterjadiの時はいつも、私以外の人たちは集まるととにかくインドの話をしていることが大変多く、この度もインドの観覧車は人が手で回してて速度が異常に速いとか、サーカスの動物が全然言うことをきかない、といった興味深い話を色々と耳にしましたが、さらに本番前のリハーサル中、シタールの栗原氏とタブラ&ギターの藤枝氏が同時に「キャバー!!」と言ってこっちを見てニコニコしててですね。普段から謎の多い二人なので、きっと私にはわからない世界の話に違いない、とスルーしていたのですが、後で聞くところによると、インドのリズムは大変複雑で何度聞いても私はよくわからんのですが、このワタクシがドラムのサウンドチェック中にその中の一つを期せずして叩き出してたらしく、インド音楽の演奏会でいい演奏が出た時に観客が口々に言う言葉、「キャバー!」と言ってくれていたのでした。説明が長くてわかりづらいですな。簡単に言うと嬉しかった、という話です。なんかあのterjadi軍団の中にいると、ちょっと外国来たみたいな気分になります。

c0022579_3374389.jpg そして明日はワタクシのホームであるタマコウォルズのイベント「第2次マダラ紛争」withステンレス赤坂グラフィティでございます。先ほど最終リハーサルを終えて自転車で帰って来たとこですが、トライアスロン後、なくらいの体力消耗っぷり。やったことないのであくまでイメージ。全曲通しリハ後、床に汗の水たまりが出来てました。これはほんとに観にきて欲しいですわ〜。これまでの私の音楽人生で吸収して来たものすべてを出して演奏してもまだまだゴールは果てしなく、まぁゴールなんて一生果てしないままなんでしょうけれども、とにかく頑張ります。いや本気でいい状態で頑張らないと演奏中に脱水症状で倒れますなコレは。
 明日ゲスト出演してくれるステンレスもかれこれサイクルズ時代からのなが〜い付き合い(というかそんなに付き合ってないけど、こっちはよく知っている)で、そんなステンレスとの紛争も大変楽しみです。紛争中に勝手に討ち死にしないように気をつけつつ。ではではみなさん明日赤坂グラフィティで〜〜〜!!

■2007年6月9日(土)@赤坂グラフィティ
「第二次マダラ紛争」
共演:ステンレス
open 18:30 / start 19:00
前売 2,000円/当日 2,500円(1DRINK 別)

 写真はスタジオにフラッと侵入して来た外国の方…ではなくて、私がトイレ行ってる間にシャッフルのリズムを研究中の河野薫氏。いい笑顔ですな〜。
[PR]

by mooran171 | 2007-06-09 03:51 | Live Information


<< 二者択一の恐怖      本日 terjadi LIVE >>