Drumooran Information

mooran.exblog.jp
ブログトップ
2007年 07月 20日

7.20 (金) タマコウォルズライブ@青山月見ル君想フ

ごっつぁんです。

 風邪ひきました。この度の風邪はしつこいですな。もう一週間近くになるが、熱が出たり熱が出たり熱が出たりでライブウィークであるにも関わらずフラフラヘロヘロしっぱなしでみなさんにご迷惑をおかけしつつ日々進行中。申し訳ない。
 久住さんのライブの日にだいぶ快方に向かったような気がしてたのだが、翌7/16の鈴木晶久くんのライブ@赤坂グラフィティでは、発熱によりリハーサルをぶっとばして本番開始2分前に到着してすぐ叩くという事態に陥ってしまい、鈴木君はじめみなさんに多大なるご迷惑を(涙)。申し訳なかった。リハーサル代わりに叩いてくれた丸尾氏(タマコウォルズベース河野氏とリズム隊を組んでdetune.などサポート多数のドラマー。この日はナタリーズサンというバンドで対バンでした)にも大感謝。かたじけない。

 しかし久々に8度超えすると、皮膚に布団が触っただけでイタタタタ…となったりして結構恐怖ですな。というわけでついに昨日なるたけ行くまいとしてた病院で薬もらって来たのだが、どうしてこう病院に行くと必ず熱が下がるんだ。いつも気分的にはもう駄目だぁ!って時に病院へ行き、大げさに受付でもう死にます死んでしまいますと訴えて「気を確かに!」ぐらいの対応をしてもらい、待合室で熱を計るとだいたい7度弱ぐらいにまで下がっている。
 今回も午前中から結構な高熱で、こりゃもういかん、マズい、と自転車で最寄りの病院まで行って虫の息だったのに、着いて熱を計ったら6度ちょっと。えええ!?さっきまで8度とかあったのに!!「す…すいません…熱が下がらなくて…」と受付カウンターにしがみついて言った数分後に大きい声で「平熱ですね!おかけになってお待ちください!」と言われ、待合室にいる子どもは「ん?演技か?」という目で見てくる。さらに診察室に入ると咳も止まって全然出ない。お医者さんにも「大丈夫みたいですね〜ぇ」と言われ、いや大丈夫なんだったらそりゃあ嬉しいんだけれども、不完全燃焼というかなんというか。三谷幸喜氏のエッセイ「オンリー・ミー」にも似たようなエピソードが載ってたような気がするので、きっとこういう経験をされて困った方は多いのでしょう。困りましたな。
 そしてそれで本当に良くなるならまだしも、夕方になってくるとまた熱が上がってくる。なんなんだ。究極のいい格好しいか武士道の精神が体にまで浸透しましたかな。が、お医者さんの前でかっこつけるのやめて欲しいワタシの体。しかしもらってきた薬を飲むと一時間程でガツンと下がる。それはそれで恐い。う〜む。とにかく安静にして早く治さなければいけません。

 で、だいぶ体の状態もマシになって来たところで、明日はタマコウォルズのライブ@青山月見ル君想フです。詳細はコチラ↓↓

2007年7月20日(金)
Place:AOYAMA月見ル君想フ
Band:タマコウォルズ/monosism(from,大阪)/SARDINE HEAD/kowloon/Re-Trick
open/18:00 start/18:30
前売 ¥2,000 /当日¥2,500 (共にドリンク別)

 前にも書きましたが、タマコ初音源「smalltown e.p. vol.1」はこの日を最後に廃盤になります〜ってのと、次は9月までライブは今のところない予定(ない予定って)なので是非。遊びに来てください。冒頭の一言は一度言ってみたかっただけですが、今調べたら「よろしくお願いします」の意味でも使われるらしい。というわけで、明日のライブ是非ごっつぁんです。
[PR]

by mooran171 | 2007-07-20 03:10 | Live Information


<< 髪結いの亭主      本日ライブ >>