2005年 02月 18日

ゴリラらーめん

c0022579_44956.jpg 甲州街道を飛田給付近から西に向かって走ったことのある人なら、「ゴリラらーめん」が気になったことがあるだろう。私はもう数年越しで気になり続けていたのだが、入る勇気がなかった。この看板の適当なゴリラの絵と、駐車場の向こうに奥まった閑散とした店の様子が、ラーメンのまずさをほのめかしている。ゴリラの汗がスープに混じっているんじゃないかという気すらする。
c0022579_442572.jpg しかしあまりにお腹が減ってめまいがしていた私は、今日ついに「ゴリラらーめん」に足を踏み入れた。車を停めたものの、店の前で悩むこと数分。店内は客が二人。空腹が度を越しているだけに、失敗は痛い。
c0022579_443763.jpg が、誕生以来ゴリラ似を誇る私がここに入らずしてどうする、という内なる声に導かれ、ついにドアを開けた。店員はみんなゴリラの絵のついたエプロン、そしてカウンタ−にはゴリラの箸入れ。店員の一人はちょっとゴリラに似ていなくもない。このゴリラずくしに激しく好感を持った私は、もうラーメンの味などどうでもよかった。ところが「手打ちラーメン」を注文してみたら、うまい!とてもうまい!「ゴリラらーめん」という名前も、力強くていいじゃないか、とうなづきながら店を出た。
[PR]

by mooran171 | 2005-02-18 04:43 | memorandum


<< 人と言う字は…      9コンパス@新宿Red Cloth >>