カテゴリ:Other News( 21 )


2008年 03月 27日

追いかけられる

 今日は花粉が凄かった。目がこんなにかゆかったのは自分のアレルギー史上初。ああかゆかった。今は落ち着いてプリンを食べてます。

 タマコの若き天才鍵盤奏者、トミーこと佐藤友亮氏の日記に、最近追いかけ回される夢をよく見る、と書いてある。それを見て、追いかけ回される夢を最近見ていないことに気づいて驚愕。驚愕する程一時期追いかけ回される夢を毎晩のように見ていたなあ。いちばん激しかったのが高校三年の時だが、ふと当時住んでいた自宅の部屋を出ると、矢が刺さったり切られて血が出たりしながら戦っている武将だらけで、トイレに行きたいのに階段から廊下からあちこちで戦闘が繰り広げられている。手を見ると長い刀を握っているので、次々と切り掛かってくる甲冑を身につけた武将どもに応戦しつつ、トイレに急ぐ。が、遅々として進まず。結局家中を武将どもに追い回され、やっとのことで階下の別の部屋に逃げ込み、ふぅ〜とベッドに座ると、正面にある洋服ダンスが開いて大量の矢が飛んで来る。逃げる。また武将が斬りつけてくる。ぜいぜいいいながら起きると、めちゃめちゃトイレに行きたくて、大急ぎでトイレに向かう。幸い武将は一人もいない。
 というような戦国モノから、サンタクロースに扮した猟奇殺人者が凄い形相でクリスマスにどこまでも追ってくるサイコホラーモノ、マイケル・ジャクソンと2人でビルからビルへ飛び移りながら逃げ回るスパイモノ(これは数年に一回ずつ何回も見てシリーズ化していた)、とまだまだあるがとにかく多岐に渡って見まくった。見た瞬間に姉やら母やらに話しまくったので、今でも細部まで覚えている。
 で、何が言いたいかというと、以前にも書いた「後ろ向きでんぐり返り方式」のススメである。夢から起きたい時、安全な場所に移動して後ろ向きにでんぐり返りをすると、目が覚める。もう追っかけられなくてすむのである。この数々の追われる夢から、この方式のお陰でずいぶん逃げ切って来た私が言うのだから間違いない。途中で横に倒れるとただ夢の中ででんぐり返ってるだけになるのでご注意を。さらに無理矢理起きたので起きた瞬間めちゃくちゃ眠い。そこで二度寝してしまっては100%続きを見てしまうのでご注意を。この2点に気をつければ、もう無敵である。とトミーに言いたい。今度言おう。
 
 それはさておき、明日はザ・ライラスターズのライブです。渋谷HOMEです。トリで21時過ぎからの模様なのでふるってご参加ください。さらに明日はザ・ライラスターズ初音源を販売する模様。というわけなので、是非とも明日は渋谷へ。では、後ろでんぐり返りをやるような事態に陥らないことを願いつつ、寝る。おやすみなさい。
[PR]

by mooran171 | 2008-03-27 01:43 | Other News
2008年 02月 08日

ライラライブ近し

c0022579_30580.jpg

 ども。下記の話題の人、野口耕一郎がギターをつとめる「ザ・ライラスターズ」のライブが今週日曜に迫ってまいりました。写真は最終リハーサル後の四人。右からボーカル高田泰介、ベース池田アキフミ、そして真っ黒で霊みたいになってるのがギター野口。写真は真実を映し出すんですねぇ。結局、ベース池田のブログにもあるように、最後の最後まで、衣装とサングラスとアクションの話に終始しておりました。
 せっかくボーカルタカタくん(プレクトラム)のお陰でプレのイベントでデビューライブ、なんていう大変ありがたいことにしてもらったので、精一杯、アクションも衣装も含めて頑張る所存ではありますが、私個人的には、どうにもこうにも別人にならなきゃ無理!っていうプレイを要求される音楽性なので、必死です。アクションになんか気がまわるもんか。とにかく必死さでは群を抜いてます。必死過ぎて目も当てられないかもしれませんが、もう恐いもの見たさでもいいので是非観に来てください。はっはっは。笑うしかない。

 といいつつ、明日は青山さんの超久々のリハーサル。だいぶ久しぶりなので非常に楽しみです!!が、日程的に青山さんのリハと本番の間にライラスターズのライブが挟まってるので、ギャップにもがき苦しむことうけあい。この降り幅の狭い私が、人生で最も降り幅の広さを見せねばならん連休となるでしょう。がんばりますぞ。

 あ、大事なことを書いてなかった(汗)。ザ・ライラスターズ、デビューライブは

2月10日(日)下北沢 Club Que にて

プレクトラムのイベントなので、全編通してオススメでございます。よろしく。
[PR]

by mooran171 | 2008-02-08 03:05 | Other News
2008年 02月 06日

時代は変わるもんで

なんとネットサーフィン中にこんなもの見つけました。時は流れるもんだなぁ。
ていうか、こっそりやるなよ。始めたとか見てねとか言ってくれよ、おい。
[PR]

by mooran171 | 2008-02-06 04:45 | Other News
2007年 12月 02日

ていせい

三匹ホームページのアドレス、まちがってました。
下の日記も直しましたが、正しくは

http://www.sanbiki.net

です。こんなそのままなのにどうして間違えるんだろうか。
気づいてコメントくれた池田氏に感謝。
[PR]

by mooran171 | 2007-12-02 04:56 | Other News
2007年 11月 12日

九死に一生を得る

 なんつって九死に一生を得てるのはいつものことですが。

 最近はと言いますと、10月は三匹祭りあり、タマコウォルズの久々のアウェイライブあり、詳細はまだ発表できませんがレコーディングあり、メトロトロンワークスのライブ観戦あり、自虐の詩の映画鑑賞あり、ドラマ『歌姫』の太郎ちゃんかっこいいぜよ!と盛り上がってHPの「あなたは出演者で誰タイプ?」的な占いに生年月日を入れてみたら、漁師のゲルマンだったというオチがついて、気がつけば11月。もう年末です。

 そんで昨日今日とフラバルスのレコーディングに参加して来まして。
レコーディングはスケジュール通りサクサクと順調に進み、出来上がりが楽しみですなぁ、わっはっはと片付けもサクサク進み、スタジオ脇に車を停め、機材を積み込み、車を動かそうとズボンのポケットから車の鍵を取り出した、その時!!

チャリン

という音がしたのです。チャリンと。車のキーは手に持っている。じゃあ今のチャリンてのは何だ。今朝家を出た時に、家の鍵をコートのポケットに入れ、いやいやこれじゃあコートを脱いで置いたりした時に鍵を落としたら大変、とズポンのポケットに入れ直し、さすがの私もこの歳になるとなかなか危機管理ができるようになってきたぞ、と鼻歌まじりに階段を降りたのを思い出した瞬間、サーッと血の気が。そしてもうさっき見たので知ってたんだが、気のせいであってくれ、と祈りつつ足元を見ると…
c0022579_2193464.jpg

とりあえず見なかったことにして、車をいったん駐車場に停めに行って、戻って来てよーく見ると、やはり溝の底にゴミとともにぼんやり銀色の物体が。結構深い。あああああ。

 なんとか格子が外れはしないかとウンウン力任せに引っ張ってみるが、自分が地面に近づくばかり。そこへやって来た救世主、フラバルス所属事務所のS田さんとベースのSミくん。まずは私の出した第一案「ビニールテープの先に割り箸をくくり付け、割り箸をセロテープでグルグル巻きにして釣り降ろし、鍵をくっつけて救出する」作戦を手伝ってくれたが、割り箸部分に重さがなく失敗。すると

Sミくん「傘だ!傘を使えばいいんだ!」
S田さん「ビニ傘壊して使いましょうよ!」
Sミくん「俺、車に壊していい傘ある!」
S田さん「いや壊さなくてもこのすき間なら入るかも」
Sミくん「俺、傘取ってくる!」
S田さん「じゃあ私はガムテープを取ってきます!」

と恐るべき企画力と行動力で、私がああうあうあうと言っておろおろしている間に鍵の救出に成功。しかしそんな二人は手柄を立てたのは私じゃありません、いや俺じゃありません、とどこまでも控え目な様子。
c0022579_2292480.jpg

 てなわけで、めでたくうちの中に入って、あったかい部屋でパソコンから日記をアップしたりなんかできている。命の恩人の二人に大感謝。そしてそんなことを私たちが外でやっている間も一人ダビングの鬼となって作業し続けていたフラバルス黒田くんの新作、楽しみです。

 今日の教訓:キーホルダーとは、鍵が溝に落ちないためにある。
[PR]

by mooran171 | 2007-11-12 02:40 | Other News
2007年 09月 22日

人間としての重さ

 最近、自動ドアが開かない。手で押さなきゃいけないやつを押してない、というわけでもなく、前に立ったら開くはずの自動ドアの前に立っていくら踏ん張ってもじだんだ踏んでも開かず、そのうちドアの向こうで珍妙な動きをしている私に気づいた中の人が走って開けに来る、というのが立て続けに3回(コンビニ→コージーコーナー→コンビニ)。もしや何かが無くなって来てるのか!!?とビビる今日この頃。

 そんなことはさておき、9/15のタマコウォルズ主催『第三次マダラ紛争』にお越しくださったみなさん、ありがとうございました!!!楽しんでいただけましたでしょーか。ゲストの西村哲也バンドのみなさんのステージを観てぐおーっ!!とテンション上がって臨んだ本番、個人的にはあんなこともこんなことも布団かぶってわーっ!と言いたい点満載でしたけども(そんなことばかり言ってる人生ですが)、そんなこと関係なくみなさんのお陰でいいイベントになったなぁ〜と思っております。いやはや。最後のセッション、飛び入り参加してくれた青山さんも突然出て来てさすがのギターソロを披露してくれたし、楽しい夜でした。来月は10/19にThe Ma'amのイベントに出演致します。渋谷Chelsea Hotelにて。詳細はまた後日。

 c0022579_3183840.jpg写真は17日の塩谷達也 presents 『Gospel Experience!』の本番前にmotion blue yokohamaのテラスから撮った景色。夕暮れ時でむちゃくちゃ空が綺麗だった。ご飯もうまかった。出演者のみなさんのもの凄いパワーが本番ステージ上で爆裂してました。ゴスペルを演奏する機会なんてそうそうないんですけども、だいたい本番でメインで歌っている人やバンマスが曲の構成をその場で指示してどんどん進んでいくものらしく、スリリングで感情のこもったワクワクするステージでした。またあるといいですねぇ。





c0022579_342483.jpg 19日は三匹の写真撮影。この写真は先日の初ライブの時のものですけども。同じカメラマンの新井卓氏が撮ってくれました。撮影は早々に終了しつつ、その後流れで池田氏に連れてってもらった店が凄かった。魚がうまくてテレビは相撲でオヤジさんはオットコ前、という極上体験目白押し。

 そしてついに「歌うギタリスト達の宴」ツアーファイナルですよ。明後日ですよ。23日。西池さんはこの夏の想いを込めて恵比寿に向かう、と言っていたので、ワタシも真似してこの2007年夏の締めくくりっちゅーことで渋谷に向かいたいと思います。
[PR]

by mooran171 | 2007-09-22 03:52 | Other News
2007年 09月 14日

時は風のように

過ぎて行きますなぁ。
 特に先月今月はいろんなジャンルのことが立て続けに起こって、気づけば今年も残すところあと三カ月とちょっと。人生はあっと言う間だなぁなんてことを考えるような歳になって来ました。心残りのないようになんてこたぁ絶対に無理なんですが、悪あがきして一個でも多く「ありがとう」とか「こんにちは」とか「にくいねぇ」とか言えるように時間を過ごしたいものです。
 なんつって詩的なような意味不明なようなひとことで幕を開けたロマンチックな今日の日記ですが、お知らせと備忘録もろもろ。順不同。思い出した順。

● 9/13(木)
 タマコウォルズ主催イベント「第三次マダラ紛争」@赤坂グラフィティが、明後日に迫り来る。本日リハーサル3日目。リハ終盤は体力の限界を超えたまま時間が過ぎてゆく。久々のタマコはやっぱり怒濤のラインナップで攻めてくる。いや私も攻めてる側。攻めますよ明後日は。しかし今日のトバさんは凄かった。いやいっつも凄いけど、さらに。

● 9/12(水)
 タマコ紛争の翌々日、motion blue YOKOHAMAで行われる塩谷達也プレゼンツ「Gospel Experience」の最終リハーサル。塩谷さんは大学の先輩なのでかれこれもう15年以上(微妙にぼやかす)の付き合いになるけれども、とはいえこの度数年ぶりに再会、そしてゴスペルを演奏するのも数年前に塩谷さんのツアーでやって以来。凄腕のシンガーズが一斉に天に向かってぐわあ〜〜〜っと歌いまくるので、それはそれはすごい音圧と気圧。そして楽しそう。本番は彼らと一緒に何も考えずに楽しくやれたらいいなぁ。

● 9/8(土)
 「歌うギタリスト達の宴」ツアー2日目。事前に騒ぎまくった福岡凱旋。特に地元の知り合いに温かく向かえられた訳でもなく、家族が駅のホームで旗をふって待っててくれた訳でも全くないにも関わらず、福岡にいるのに隣に青山さんがいるという不思議、幼少時に利用し倒した西鉄(バス)の方が「どうもどうも」とか私に言っているという不思議、ライブ会場のあるビルの前で見上げると信号には「中洲」とか書いてあるという不思議、とかもういろんな不思議がいっぱい攻めて来て、訳のわからん精神状態に陥ってましたが、ライブはこれまた大阪とは違った感じで、楽しかった。個人的には父が友人と見に来てくれてましてそれが異常な発汗を誘い、エラい緊張しましたけども、フロント御三方+バンドのみなさんは素晴らしくかっこよかったですな。最終公演が楽しみです。もう最後かと思うとちょっと寂しいですが、せっかくツアーファイナルだし、東京ならではな感じのライブになるといいですねぇ。がんばります。
 あ、福岡だ中洲だと大騒ぎしてる割に私は小倉出身なんですが、博多はちょくちょく遊びに来てたり中洲に父親の店があったりとまぁなじみ深い土地であるので…っていったい誰に言い訳してんだろうか。うーむ。

● 8/26(日)
 西荻ロックフェス「YANASONI」に『三匹』として出演。三匹のうちの最後の一匹はメスでした、とかどっかで書かれてたりもしましたけども。最後の一匹とか言われるとなんかちょっと嬉しいじゃないスか。この日もこれまたいろいろと個人的に感慨深過ぎて全部書いたら絶対誰も読む気がしないくらい長くなるので書きませんけども、いろんな古くからの友人やら歳の離れた友人やらが見に来てくれて、知らない人ともいっぱいしゃべって、すんごいかっこいい人ともいろいろ出会ったりして、西荻はなんとも不思議な街だなぁと思いつつ、非常にいい気分で帰りました。打ち上げにもの凄い人がいたな。誰だったんだあれは。

● 8/8(水)
 「サンシャイン・デイズ」のサントラレコーディング。プロデューサーの黒沢秀樹氏からお話をもらって、何のレコーディングなんだか詳細を理解しないまま曲だけ取って現場に向かうと、この日のバンドはギターがママレイドラグの田中氏、ベースがCouchの中條さん、鍵盤がYANCYさん、と顔見知りだったり一緒に演ったことあったり、ニアミスだったり、という方々ばかりで、さらにエンジニアは以前セロファンやタマコを録ってもらったりしたことのある方だったりしてびっくりしつつ、スタッフの方や黒沢さんに今日は何のレコーディングなのかを何回説明してもらってもわからず。未だわからずじまい。難しい。そんなことはさておき、内容は豪華なボーカル陣も含め、みなさん流石。

● 7/29(日)、8/16(木)
 政風会レコーディング。まさかそんなことになるとは10年前の自分は思っていなかったよなぁ。というより7/20まで思ってなかった。びっくりした。
 びっくりしたままスタジオへ行き、直枝さんと鈴木博文さんがいて、ほんとだったんだなぁ、と思う。ベースの小里さんを見て、コレクターズの人がこんなところに。とか思ってるうちにあれよあれよとレコーディングは進み、一期一会な演奏を大事にしたディレクションのお陰で、私は緊張と興奮で頭が真っ白なまま、いい気分で帰宅。みなさんさすがですなぁ。私が言うのも非常にナニですが、お二方それぞれの持ち味炸裂の曲を持ち寄っておられレコーディングされておられました。私が参加させてもらったのは全体の2/3くらいで、全体像は全然まだ知りませんが、降り幅の大きい、長く聴き続けられる素晴らしいアルバムになると思いますよ。って私が言うのもナニですが。早く聴きたいなー。

…なんとかスルーしてきた出来事を書き残しておこうと書き始めたらこれまたえらい長くなりましたなぁ。そしてあっと言う間にこんな時間(涙)。寝よう。ひとまず明後日のマダラ紛争、来てください。是非是非是非。
[PR]

by mooran171 | 2007-09-14 04:55 | Other News
2007年 09月 08日

ついに完成!!!

c0022579_4453993.jpg タマコウォルズの音源第2段、「DOGEAR ERA」がついに完成いたしました!!!
 本当は9/15のタマコウォルズ主催イベント「第三次マダラ紛争」@赤坂グラフィティにて販売開始なんでございますが、この度、タマコメンである西池崇氏とワタクシがそれぞれ直前に遠征するということもありまして、各会場にて先行販売致します!!
 といいつつ、このブログを見てくださっている方で福岡在住の方がいったいどのくらい(さらにそして明日のライブに来る予定の方がどのくらい)いるのかは皆目検討もつきませんが、明日、ていうかもう今日、「歌うギタリスト達の宴」ツアー福岡公演@福岡Gate's7にて、ワタクシ自ら公演修了後に売る所存です。詳細は以下の通り:

1.灰になるまで
2.シナンノワザ(Dogear MIX)
3.EDEN
4.LOVETTA(Dogear MIX)
5.CIRCLE
全5曲 1,000円です。
シナンノワザとLOVETTAは前回のシングルに入っていましたが、少し変わってますよ〜
何が変わったかは聞いてのお楽しみに!!(commented by トバさん)

 てなわけで、公演修了後なるたけウロついている私をとっつかまえてお買い求めください。
 というわけでですね、昨夜遅くにタマコリハからCD持って帰って来て、遠征の準備が終わったのが今。もう空が白々と…(涙)
 ではみなさん、福岡でお会い致しましょう〜。
[PR]

by mooran171 | 2007-09-08 04:55 | Other News
2007年 09月 05日

祝ライブ情報更新

 ついにライブ情報を更新いたしました。これまで詳細をちゃんと更新されないまま、当日に適当な写真とともにここに掲載されたライブたちに申し訳ない…涙。
 しかしやはり何時間もかかるんだなぁこれが。要領悪し。うーむ。
 とにかく9月は毎週末ライブです。歌うギタリストの宴ツアー、タマコの第三次マダラ紛争、そしてゴスペルライブと、これまたそれぞれ全然違う趣向の音楽ですねぇ。タマコは或る種試練の場なのでまっっっっったく気が抜けないんですが、また別の意味でそれ以外の二つのセッションではこれまた結構自分の限界に挑戦したりしてなかったりで、体作りもちゃんとしないといかんなぁと思っております。やはりビリーの助けを借りるか。関係ないか。

 先月から今月にかけてちょこちょこレコーディングにも参加したりタマコのレコーディングもあったりで、もろもろ書きたいことは山のようにあるのだが、ライブ更新しただけでやっぱり力尽きて今日は寝る。次こそは。
[PR]

by mooran171 | 2007-09-05 03:45 | Other News
2006年 10月 25日

間違えてました!!!

 こんな直前になって、明日(てゆーかもう今日)10/25の青山陽一さんワンマンライブのオープンとスタートの時間を間違えてアップしていたことが発覚!!!
 明日は、

 オープン 18:30
 スタート 19:00

 です!!お仕事終わって行く予定だったのに、スタートが早くて断念した人がいたらどうしよう〜〜どうしよう〜〜。いや、きっとこの間違いだらけのブログの情報のみを信じて行動を決定する人なんかいないハズ。青山さんのオフィシャルサイトをチェックしてるハズ。…であることを祈る。ごめんなさい。あああ。

 今日の最終リハーサル、非常にいい感じでございましたような気がしております。みんな来てくれるといいなぁ〜〜〜。この度、ワンマン用のリハーサルが少なめだったのでドキドキしておったのですが、流石みなさん百戦錬磨の志士ですな。通しやりながら感動。あとは私が本番で何かやらかさないことを祈るのみ。

 しかし寒い。寒いと生命の危機を感じますな。
[PR]

by mooran171 | 2006-10-25 02:46 | Other News