カテゴリ:memorandum( 61 )


2006年 05月 20日

走りながら音楽を聴く

 どもども。最近調子に乗って更新してますが。ブログの更新にマイブームもへったくれもあったもんじゃないんですが、今はマイブームのようです。なら、ライブ情報とかとっととアップしろよ、って感じですが。それは明日明後日中にすると心に決めて、今日は別の話。
 最近、長年お世話になったMDプレーヤー(ex.サイクルズリーダー野口氏から譲り受けた貴重な遺産)が録音不能になってしまい、リハーサルで録ったはずの音源が帰って聴けない、という危機に陥り、ついに巷で大流行中のmp3プレーヤーなるものを買いに行く。しかし、MAC対応のものが激烈に少ない上、外付けのマイク端子が付いててステレオで録れるもの、というとほぼ皆無。てゆーか皆無。
 てな訳で、嘘ばっかりつく店員と不毛な問答を3時間近く繰り返した挙げ句、疲れ果てて電機屋さんの中にある喫茶で夕飯。そしてうちに帰ってネットで色々と調べていると、SANYOの某ICレコーダーなら、MACでも使える!!という情報をGeeeeeettt!!!再び先ほどの電機屋へ。値段も手頃で即購入。
c0022579_23122412.jpg 買い物事体相当久しぶりで大変な盛り上がりを見せつつ、スキップして帰る。その後、山のような不具合に直面しつつも、これでリハーサルでも録音できるし、バイトの行き帰りにも音楽が聴けたりなんかして。今日も自転車で夜の武蔵野をぶっとばしつつ、スライ&ザ・ファミリーストーンやらブラック・クロウズやらを聴いてご機嫌で帰宅。まるでPVを観ながら走っているようで気候の良さも手伝って大変気持ちよい。
 写真はそのICレコーダー。友人に見て見て!!これ買ったんだ!!これでどこでも音楽聴けちゃうんだぜ!と鼻息荒く見せたら「わ!ダサッ!!」と一蹴されましたが。
 あ、そうそう、録音時のレベル調整ができないのを忘れてた。これでタマコリハを録るのは無謀かなぁ。
[PR]

by mooran171 | 2006-05-20 23:14 | memorandum
2006年 05月 20日

お詫び

 昨日アップしたライブレポート、Hicksvilleの木暮さんの漢字を間違えておりました…ごめんなさい。さらにHicksvilleのリンク先も古いHPになっていたようで、そちらも新しいHPにリンク貼り直しました。Hicksvilleマジ最高!!とか言ってるわりにぐだぐだで申し訳ありません。ごめんなさい。こういうの多いんですよねぇ。何度も読み直しているのにこの始末。ブログも人生もチェックが甘々ですわ。だから怪我が絶えないんですかねぇ。う〜む…。
 で、本日は森川アキコさんのライブ@赤坂グラフィティに行ってきた。サイクルズのあの曲をやる!と聞いていたので楽しみにしていたんだが、それには間に合わず。しかしいいライブでした。久々にどこまでも伸びて行くあの歌声を聴いて心が洗われましたな。さらにタマコメン+ドラマー佐藤くんも、ぐっとくる演奏だったなぁ〜。こうやって自分のバンドメンバーを端から見る機会があるというのは、いいですね。一緒にやってる時とはまた違う感慨が。楽しかったです。早くまたタマコライブやりたくなったなぁ。
[PR]

by mooran171 | 2006-05-20 01:15 | memorandum
2006年 01月 15日

パッシブからアクティブへ

c0022579_19473482.jpg しばらくのご無沙汰でございます。もうご存知の方々も多いかと思いますが、数日前に足を緊急手術いたしましたのでございます。しかも右足首。つまりドラムがたたけないということであり、これが何ともツライ。体が資本、とはよく言ったもんで、仕事にも行けないし、もちろんスタジオにも行けないし、それどころかうちの中でヨロヨロしている具合なので、もう腹括って養生するしかないと。

 手術……なんとも恐ろしい響き。今回は手術っつーもの事体が久しぶりだった上に、手術前から化膿して死ぬほど痛かったので、こりゃあ手術は相当痛いだろう、ということで、手術前夜に映画『Morocco 横浜愚連隊物語』『Morocco 横浜愚連隊物語2』『ゼブラーマン』を観たり、待合室で司馬遼太郎著の『竜馬がゆく』(まだ5巻)を読んだりして、自らを奮い立たせたもんです。仕上げに三国志の名エピソード、関羽が肩の手術をする際に反対の手で馬良と将棋をやっていた、というのを思い出して、逃げも隠れもせんぞ、という心持ちで鎧甲冑に身を包んだような気分で手術室へ。結果、途中までは腕組みして静かにザクザク斬られてたんですが、結局最後はどうにもこうにも我慢できず、「ぎゃああああいてぇぇぇ〜!!!」と大暴れしてしまいました。いやぁ〜まだまだですな。こんなことじゃ。

 というわけで、1/19に赤坂グラフィティで行われるタマコウォルズのライブは、泣く泣く不参加となってしまい、1/30に吉祥寺MANDALA-2で行われる9コンパスライブも、具合がよければパーカッションとコーラスで出演、ということになってしまいました…(涙)。しかしタマコは4人+αの豪華ステージが観られる模様、そして9コンパスは東京ローカルホンクのドラマー、田中邦雄氏が参加する上にゲストも続々参加の予定だそうなので、どちらも是非みなさん足を運んでみてくださいよ!私も丹下段平ばりの杖姿で観戦する予定です。

 写真は、本編とはまったく関係ありませんが、まあ気合いを表してみました。私が小学校か中学校の時に自分の手を見て作った作品でございます。背景と相まって気合いが入ることこの上無し。あ、そんでタイトルはですね、手術後の患部が、ちょうど9Vの電池がすっぽり入るくらいの穴が空いているので、これからはここに電池を入れてアクティブになれということか、と。
[PR]

by mooran171 | 2006-01-15 19:54 | memorandum
2006年 01月 03日

憧れ

c0022579_20265462.jpg 新年明けて、もう三日も経ってしまいました。早いなぁ。今年は心していく所存なのに。
 年末はゆっくりテレビを観る時間のありがたさに興奮してチャンネルの回し過ぎと、唯一飲める甘酒の飲み過ぎによるほろ酔いのせいで、紅白は鳥羽一郎、前川清、和田アキ子(m-flo loves 和田)以外は全部見逃し、ミルコ vs ハント戦、ボビー vs 曙戦、共に結構盛り上がって観てたのにいずれも最後の最後で我慢できずにチャンネル回しちゃってどっちが勝ったかわからずじまい、シウバは見ようによってはちょっとタイプだ、と思ってるうちに試合が終わってもういなくなってるし、毎年しみじみ観るのを楽しみにしている「ゆく年くる年」の「ゴ〜ン…」っていう除夜の鐘の音も気がついたら終わってて、なんともしまりの悪い年越しでありました。
 そして先ほど本屋で今年の大河ドラマをチェックしていたら、原作は司馬遼太郎、さらに西田敏行、武田鉄矢などが出演。う〜む三谷幸喜も出演!するし、これは観なければ…と思いながらページをめくると、なんと織田信長役が館ひろし……(感涙)。これは一話も見逃さずに全部観ねばならん、まずは第一話を見逃さないようにしなければ。

 そしてときに、憧れ、というのはなかなか難しいもので大河ドラマのことを考えながら歩いて帰っていたら、西田敏行、武田鉄矢、三国志の張飛翼徳、バーナード・パーディなどは、見たり考えたりするだけでもうワクワクドキドキするのだけれども、別におつきあいしたい、という訳ではない、ということに気づく。どちらかというと、自分がもう西田敏行になってしまいたい。なりたくてたまらない。館ひろしとミルコ・クロコップはできればおつきあいしたい。前田利家も好きだが、別に「まつ」のことは全然うらやましくないので、たぶん前田利家になりたいに違いない。この辺の線引きが難しく、ぼーっとしているとどっちだかわからなくなってきて、間違えて館ひろしのダンディズムを学ぼうとしてしまったりするので、要注意である。
 しかし、もし努力が実って西田敏行のような人になれたとしても、館ひろしみたいな人と西田敏行みたいな人がおつき合いしているのはちょっと想像しにくいので、これがまた難しい。

 お正月ということでここ数日のブログの内容がずるずるになって来てますが、明日からはビシッと!行きますので、みなさんどうか本年もよろしくお願いいたします。本日の日記に登場されました有名人、歴史上の人物の方々につきましては、敬称を略してお届けいたしました。どうか平にご容赦いただけると幸いです。
[PR]

by mooran171 | 2006-01-03 20:29 | memorandum
2006年 01月 01日

新年明けまして

c0022579_0244616.gif おめでとうございます。
 新年早々、小話を一つ。
 古い友人のお母さんに、もう何年もの間何かにつけてお世話になっているというのに、なんのお礼もできないまま時間は過ぎ、心を痛めていた。が、先日、下北沢である小物入れが目に止まり、これは旅行をよくされるという友人のお母さんにピッタリだ!!と、鼻息荒く即購入。濃い緑に巨大なもみじが一枚大きく描かれている、和風な小物入れ。てゆーか巾着袋。
 先日その友人に会い、わくわくしながらそのお母さんへのプレゼントを託ける。しかしその時、その巾着袋の素敵さ具合を説明してるうちにもどかしくなり、包みを開けて友人に見せびらかしてしまう。ね、このもみじの柄がなんともお母さん好きそうだよねぇ、いやぁこんなに一目ぼれして買い物したのは久しぶりだよ、わっはっは、と語る私に、友人は大変言いにくそうに言った。

「これ、もみじじゃなくて、大麻じゃないかな。」

 ・・・・・・・・。そんなはずはない。いやどう見ても大麻だ、としばしディベートが続いた結果、買った店が下北沢のレゲエショップだったこともあり、俄然大麻説が有力に。しばし呆然。そんなものは絶対的にあげるわけにはいかんじゃないか。結局、友人に付き合ってもらってお母さん用に新しいプレゼントを購入、大麻柄の巾着袋は気を遣って友人が持ち帰った。

 というわけで、これが2005年の失敗納めでございました。昨年に限らず、これまでこのような失敗に巻き込んで苦労をかけてしまった私の友人、知人のみなさまに深くお詫びすると同時に、よかったらこれからもよろしくお願いしたい気持ちでいっぱいです。今年のキーワードは「迫力」です。
[PR]

by mooran171 | 2006-01-01 00:26 | memorandum
2005年 12月 24日

逃げ帰る

 今日はリハーサルが少し早く終わり、帰りに楽器屋さんに寄ろうと吉祥寺へ。楽器屋やらCD屋やら靴屋やらをウロついた後、あまりにもお腹が空いてフラフラになり、今日がクリスマスイブだということをすっかり忘れてその地点から最も近かったスパゲティ屋へ。中は全員カップル、座席がもうすべて二人用に区切られていて強制的にクリスマスイブ気分を味わわせられる。お一人様は無論私のみ、ぼーっとしてるとどうしてもカップルの様子やら人の注文した食べ物やらを凝視してしまうので幸いカバンに入っていたドラムマガジンのコピーを熟読しつつ、2秒でたいらげて逃げ帰る。別に大いばりで食べりゃいいんですけどね。少数派は勇気がないと生きづらい。明日の渋谷も戦地に打って出るような気分だなぁこりゃ。とはいえ、いいライブになると思いますので、お一人様でもお二人様でも是非渋谷BOXXへ。
[PR]

by mooran171 | 2005-12-24 22:17 | memorandum
2005年 12月 23日

寒すぎる…

c0022579_223272.jpg なにやら、先ほど友人と電話で話してて得た情報によると(トップニュースになってるそうだが)今年の冬は20年ぶりの寒波だそうな。大学時代に初めてロンドン一人旅を決行したときも、20年ぶりの大寒波とやらで、北の国からばりの雪の積もりっぷりに相当参ったもんだが、いずれもかんべんしてほしい。20年ぶりの寒波、空調事情がすばらしく行き届いたうちに住んでて、暖房費など気にかける必要もまったくないくらいの大金持ちが暮らすエリアにだけどっと訪れてほしい。寒すぎて灯油の減りが尋常じゃないのだ。うへぇ〜。
 先週末に2日連続長時間リハーサルがあり、4日空いてまた明日、明後日と青山陽一さんワンマンライブのリハーサル、そんで明々後日は本番。頼むから明日から三日間、雪だけは降らないでくれぇぇぇ。ドラムセットを車に積んで、起きたら雪、駐車場で呆然と立ちつくす…というのだけは避けたい。つき合い始めのカップルで、どうしてもホワイトクリスマスを所望される方々のためにどうしても降るというのなら、お台場とかにだけ局地的に降ればいいじゃんか。
 そんな至極勝手なことを祈りつつ、明日からの三日間、楽しませてもらいたいと思います〜。あ〜キーボードで文字を打つ手がかじかむ…。うちの中なのに息が白い。くそ〜さむいぞ〜。
 しかし自然の力というのは恐ろしい。今日は職場に自転車で向かおうとしてあまりの風の強さに断念、途中にチャリをとめてバスで行った。そのバス停まで歩く途中、砂嵐の中にすっぽり入ってしまってコンタクト着用中(しかも最近めっきり見なくなったハード)の両目にもはや小石レベルの石が入り込んで目が開けられず、知らない人に泣きながらバンバンぶつかる。髪の毛も飛び去ってゆく寸前。これがカツラだったら100%飛んでいっただろう、カツラの人よ、がんばってくれ…と思いつつ、自然の脅威の前には人間は無力だ…とつくづく感じたのであった。なんとかうまいことやっていきたいもんですねぇ。そんな寒い冬のまっただ中、関取の方々がたくさんおられる写真を見て少しでも暑くならんもんかと思って載せてみました。ご堪能ください。
[PR]

by mooran171 | 2005-12-23 02:08 | memorandum
2005年 12月 17日

唐獅子牡丹とリハーサル

c0022579_23382290.jpg ついに念願の彫り物を入れた。痛かった〜。
 で、今日は12/25の青山陽一ワンマンライブのリハーサル初日。初めてのリハスタ、およびベースの鹿島達也さんとバンドできちんとご一緒させていただくのもほぼ初めてだったので緊張しつつ代々木に向かう。
c0022579_23383620.jpg しかし始まってみるとこりゃもう楽しくて仕方がない。大興奮。青山さんも鹿島さんも伊藤さんもほんっっとうにかっこいい。あんな風に演奏できたらなぁ〜とホレボレしながらガン見してたらまた小節頭がわからなくなってみなさんのかっこよい演奏に水をさす。しかし楽しかった。13-23時という超ロングリハもあっと言う間。
 というわけで明日もリハーサル。がんばるぞー。冒頭の一行は無論嘘です。仕事の都合上、絵描きの友人にサインペンで描いてもらったら存外それっぽくなった。唐獅子牡丹ですぜ。
[PR]

by mooran171 | 2005-12-17 23:45 | memorandum
2005年 09月 27日

リハーサル

 今日は珍しくリハーサルのダブルヘッダーで,10/3の青山陽一さんライブのリハーサルと,10/10のタマコウォルズのリハーサル(ライブの詳細は近々お知らせいたす予定でございます)。さすがに5時間ドラム→移動→4時間ドラムのパワーをただきだすのに,おにぎり一個はきつかった。タマコウォルズのリハーサル後半は空腹によるめまい,昨日の仕事先での運動による筋肉痛などにより,地味〜に機嫌が悪く無口になったりして大変ご迷惑をおかけしてしまった。ご飯は大事。ダイエット中止。てゆーかですね,ダイエットって言ってもご飯の量を減らすと悲しみにくれてしまうので,せめて甘い炭酸ジュースをやめてみようと思ったぐらいなんだが,水ってまずいなぁ!!!「水を買って飲んでる自分」がちょっとかっちょいいような気がしてしばらく無理して飲んでましたが,どこのどの水であろうとも,お世辞にもうまいとはいえませんなぁ。しかし水を飲み続けたあとの一日一本のコーラ(またはファンタ,またはメローイエロー,またはマウンテンデュー)のうまさたるや。筆舌に尽くしがたし。

 そんなことより,今日のリハーサルはよかった。ものすごくためになった。おにぎり一個で臨んだせいで体力的にはきつかったが,続けてあの2バンドを体験したのがこれまた興味深かった。セッション的要素が多いものは,聴く分にもやる分にも好きで楽しい楽しいといいつつも,どうも自由にやってると長さがわからずエンディングをぶちこわしにする,長さを気にすると自由にたたけなくなってその上長さだけを気にして音楽的なことを完無視して終わらせる,という最悪の状態に突入しがちなのだが,今日は初めて自由にたたきつつ,周りの音も聴こえつつ,流れに身をまかせる,というのが一瞬できたよーな気がした。できたというか,これがほんとの自由な状態なんだろうと思われる景色を初めて見たような気がした。まだまだこれからですが,ちょっとうれしかったなぁ。
[PR]

by mooran171 | 2005-09-27 04:04 | memorandum
2005年 09月 09日

わが人生に悔いあり

 c0022579_2191542.jpg
● だいぶ前から気になっていた三井不動産のCMの音楽がちょーかっこいい,いったい誰なんだろうと思いつつ探し出せずじまいで,会う人会う人にQueenみたいな曲が流れてるんだけど誰だろう誰だろうと散々騒いだのちにネットで発見。Queenの曲だった。うーむ。

● カゴメのCMの曲が気になって誰だろうと思って調べてみたら,CMに書き下ろしの曲なので市販されていません,と書いてあった。うーむ。

● 数日前に仕事先で「空が紫色だ!」とみんなが騒いでいたので屋上に上って写真を撮った。下に見えるのは高速道路。うおーうおー!と言いながら携帯で写真を撮っていたら端から今にも落ちそうなとこまで行って33年の生涯に幕を下ろすとこだった。

● 吉祥寺曼荼羅2に9コンパスのライブを観に行った。イトー船長のボーカルギターに加えてギター,ベース,パーカッションという4人編成。自分が何度もやった曲を外から観れるのはとても面白く,刺激的だった。船長の大地のような大きい曲が大きく大きく感じられた。すげぇ。

● 近所のTSUTAYAのレンタルCDコーナーで大学時代の後輩にバッタリ会う。お互い10年前後音楽をやっているのに,彼が手に持っていたのはツェッペリン,私が持っていたのはジミヘンとセックスピストルズで,お互いポッと赤くなる。
[PR]

by mooran171 | 2005-09-09 02:24 | memorandum