カテゴリ:memorandum( 61 )


2005年 05月 15日

誕生日ってやつは

 いいもんだな~。「5.14」という文字をそこここに見かけるだけで顔がにやつく。しかしその分、12:00を回って日付が「5.15」になった途端、ふーっと浮かれ気分も終了。つまらん。次の誕生日はあと一年後か。
[PR]

by mooran171 | 2005-05-15 00:16 | memorandum
2005年 05月 12日

人の音楽と架空請求と自分のこと

 …なんかヨーロッパの映画のタイトルの邦題みたいでかっこいいな。今日のタイトルは。しかし内容はただの近況報告です。

● 昨日(5/10)東京ローカルホンクのレコ発ワンマンライブ@下北沢Club Queを観に行く。曲はほとんど知っているのにアレンジが変わっていたりレコ発だったりするせいか、これまで観たことない感じでドキドキした。同じ曲でも演奏する側のテンションとかモードとかで随分変わって面白いなぁと。そしてステージギリギリのとこにセットを組んでたたくドラムの邦雄さんのプレイをまじまじと見て、なんてフォームが美しく、タイトで無駄がないんだろう、としみじみ感動。昔教習所で練習させられた、アクセルを思いっきり踏んで、直後に思いっきりブレーキをかけるような盛り上げ方にうならせられる。

● そして今日(5/11)は森川アキコライブを観に赤坂グラフィティへ。今日は彼女のソロライブ史上最多の5人編成だったが、前回観たときの4人編成(ギター&ギター&ドラム&本人)とはかなり変わっていて、もはやバンドだった。いい曲もたくさん増えていた。歌もさらにパワーアップしていた。一つ一つ着実に進んで行っている様子が伝わって来て、サイクルズ解散からのことをいろいろ勝手に振り返りつつちょっとしみじみしました。がんばってますねぇ。一人でやるってのはすごいことですよ。編成としては前回観たベースレスの感じも捨てがたく、今回のフルバンドバージョンで、立ってガツーンとやってるところも観てみたいなぁ。でも今日のバンドはいいバンドだった…セロファンの西池&河野両氏と鳥羽さんを端から見て、ほんとに素晴らしいプレイをする方々だ…とじ〜んとしつつ、最年少のドラムの佐藤くんのそつがないのにちゃんとロックなプレイと、曲のリズムを大幅に間違えても三白眼のまま普通に仕切り直す勇姿に乾杯。

● そしてうちに帰って新聞受けを観たら、なんと未納料金請求&連絡しないと裁判沙汰にするぞハガキが。文面がむちゃくちゃだったのでネットで調べたら有名な架空請求だったのだが、常に未納料金に追われている&「裁判」とか「差し押さえ」とかいう文言が書かれた本物の請求書がよく届く私にこんなもん送るなよっ!まぎらわしいじゃないか!ていうかちょうどいいカモだったのかな。あやうく無駄に申し訳ない気分になるとこだった。でも払うお金はないから払わないどね。おとといきやがれ。と言っておく。

● 6月のブルースセッションに震え上がってる今日この頃。しかしその前にある青山陽一さんのライブでやる曲が続々と送られて来て、しまったブルースセッションの前にこんな恐ろしいライブもあるんだったということを今更ながら再確認。一度やったからって、調子に乗ってちゃいけません。乗ってませんけどね。いや〜楽しみな曲ばかりなんですが、自分がたたくと思うと顔面蒼白です。ははは。がんばろ〜。練習しよ〜。
[PR]

by mooran171 | 2005-05-12 02:42 | memorandum
2005年 05月 05日

近況

● ex. サイクルズのベーシスト、まっくにもらったi-bookをかれこれ数年間愛用していたのだが、ハードディスクの容量が残り200mbを切ってから異常事態がたて続けに勃発するようになり、在宅の仕事もままならなくなってきたので、身銭を切って新しいmacを購入。今更ながらG4&OS Xに盛り上がる。しかし大事な書類はすべてi-bookの中にあり、データを移行するすべがフロッピーしかない。というわけでやらなければならないことをすべてそのままにして新しいmacに入っているゲームで遊ぶ。

● 5/1、5/4と久しぶりにセロファンのリハーサル。サウナに入ったかと思うほどの発汗。演奏中に自分の汗臭さに気が遠くなる。セロファンのみなさんと一緒に音を出したばかりの頃は、せーので音をだした瞬間、うぉぉぉのまれるのまれる、と思ったものだが、最近だいぶ慣れてきたなぁと思って調子に乗っていたら、今日は完全にのまれてしまった。最初はまだがんばって必死に泳ごうとしていたが、後半は枯れ木のように波に遊ばれていた。いやぁ恐ろしいバンドですな〜。そして明日は本番。岩にぶちあたり、流血しながらも泳ぎきるぞ。

● そしてまたしてもバッテリーがあがる。一年に何度あがってるんだ。バッテリー。リハーサル後の疲れきった体にムチ打って、セロファン西池氏が押しがけを手伝ってくれたというのに、無情にもエンジンはかからない。ついにJAFの会員に。ていうかもっと早くなっとけばよかった。しかしJAFの人も驚愕のうちの駐車場の暗黒具合、なんとかしてほしい。

● 5〜6月の音楽活動予定をすべて書き込んで、アーティストのみなさんやライブハウスにリンクをはり、いざアップしようとしたときにパソコンがフリーズし、全部消えてふて寝してから早いもんでもう10 日ほど経つ。パソコンも新しくなったことだし、数日中に必ずアップします。たぶん。とりあえず明日はセロファンのライブです。下北沢Basement Barです。かっちょいいですよ〜。みんな来てね〜。
[PR]

by mooran171 | 2005-05-05 03:47 | memorandum
2005年 04月 05日

アナログ

c0022579_3575649.jpg 数日前にアナログの腕時計をもらった。
 ここ10年ほどず〜っとデジタルの時計をしていて、アナログの時計をするのは相当久しぶり。だいたい寝坊して移動中は常に精神的に追いつめられているので、デジタルの時計の刻々とかわる数字を見ていると、「いま何時何分何秒です。ああもう何秒になりました。そして何秒になりました。」と言われ続けているようで、「ぎゃああああたすけて〜〜!!!」といってそのまますべてを捨てて逃げ出したくなることが多かった。その点、アナログの文字盤は優しい。「だいたい昼過ぎです。」とか「一日の3分の2くらい過ぎましたかね。」という感じ。「時間なんてそんな細かく追い続けるもんじゃないですよ。俯瞰で見てください。俯瞰で。」という声すら聞こえる。あああそうですね、そうですよね、と涙が出る。
 というわけで3月はあまりに忙しい上に花粉症爆発でまったく更新できなかったので、取り急ぎ近況報告。3月のライブやらレコーディングについてはおいおいアップしていこうかと。とりあえず生きていることだけお知らせしておこうかと。花粉症で苦しんでいる方々、あとちょっとだと信じて生きていきましょう。
[PR]

by mooran171 | 2005-04-05 03:21 | memorandum
2005年 03月 01日

フレミングパイ リハーサル

c0022579_325817.jpg 今日は数々のCMでもおなじみのフレミングパイのリハーサル。写真の美しい人、ボーカル中嶋さんにお会いするのも1年以上ぶり(リハで写真を撮り忘れたのでCDのジャケを勝手に撮影)。ギターの瀬川さんから送られたライブ用の音源CDが、昨日帰宅すると新聞受けにささっていた。あ!やっと来た!とわくわくしながら封を開けると、ひっくり返っても絶対無理!というジャンルのアレンジが満載。万が一ライブにいらっしゃる方がこのページを見てるといけないので、何の曲かは書きません。のでこの衝撃がいまいち伝えられないのが非常に残念だが、いやいや無理ですって!という曲ばかり。唯一9曲目にJB'sの「Pass the Peas」が入っていて色めきたつが、同封の手紙には「9曲目はやりません」と書いてある。なに〜〜!!精進料理を一週間食べ続けたあげく、最後に豚生姜焼き丼を出されて、「これだけは食べちゃだめ」と言われたような。ひどい。だったらせめて出さないでくれぇぇ。
 で、今日。瀬川さんに、なんで9曲目焼いてくれたのにやらないんですか、と尋ねると、「間違って入っちゃっただけ」だそうな。そんなあ。今日はなんとかジャジーな方向に行かないように必死になっているうちにリハ終了。私だけ汗だく。明日からは青山陽一さんのリハーサルが始まる。楽しく幸せだけれども恐怖の一週間の始まりなのだった。
[PR]

by mooran171 | 2005-03-01 03:24 | memorandum
2005年 02月 28日

風呂嫌い

c0022579_0295978.jpg 入ってしまえば天にも昇る気持ち良さだということはわかっていても、お風呂に入るのがどうしても嫌で、女子に生まれたことを悔やむ日々。お風呂嫌いな上に熱い湯も苦手なので、温泉旅行に行きたいな〜と思ったことはない。
 だが、先日水道がとまったせいで泣く泣く最寄りのお風呂、湯けむりの里に行った。心細いので近所に住む友人について来てもらった。
 しかしその友人も含め、みんな42℃もある熱い湯にバンバン入って全然出てこない。つま先を出したり入れたり出したり入れたりしながらやっと全身つかったところに、頼むからお湯を動かさないでくれ!と言う祈りも届かず、ざばーんと人が入って来る。熱すぎて全身に鳥肌。体が異常事態。最後にサウナに挑戦しようとドアを開けただけで断念し、先に水風呂が正しいのか?と膝まで入ると今度は冷たすぎて心臓発作の危険。
 這う這うの体で脱衣所に戻り、しばらく貧血に苦しむ。しかし、お風呂上がりで一気に飲み干したフルーツ牛乳はうまかった。振り返れば楽しい思い出なのでまた行こう。しかし貧血になってもそのまま部屋に帰って寝れるかと思うと、温泉旅行もいいもんかもしれないなぁ。
[PR]

by mooran171 | 2005-02-28 00:54 | memorandum
2005年 02月 25日

一難去ってまた五難

c0022579_2505772.jpg 先日水道が止まって大変な苦労をして以来、公共料金の支払いをシステマチックに行って生きていきたいと思っていた矢先に銀行のキャッシュカードを紛失、再発行しようと銀行に行ったら「それは古い通帳です」と言われ、すごすごと帰り、どうしようかなぁとうちに帰ると、今度は電気が止まっている。唯一の暖房となった「いろりストーブ」の炎に照らされつつ部屋の中で毛糸の帽子を被ってじーっとしていたら、今度は地震。怖いのでストーブを消す。もうこれまでか。八甲田山ごっこをしても起こしてくれる友も無し。
 しかし翌日は(私にしては)早朝から仕事。友人の尽力でなんとか一夜を過ごし、翌朝電気代を払い、仕事が終わって帰ろうとしたら、外は大雪。バスから降りてうちまで延々歩く。しかし帰ったら電気も水道も復活していて、トイレ行き放題、そしてこうして日記も書き込める、という幸せをかみしめる。しかしこの度はかなり上級のサバイバルだったなぁ!と楽しく振り返る元気もあまり無し。ていうかただの不注意&生活苦じゃないですか。じっと手を見る。ていうか胸に手をあてて反省。猛省。
[PR]

by mooran171 | 2005-02-25 02:59 | memorandum
2005年 02月 19日

人と言う字は…

c0022579_0392646.jpg 大学時代からの友人であり、目下ベーシストとして大活躍中の石村順氏が加入したNew Ponta Boxのライブを観に目黒Blues Alleyへ。村上“ポンタ”秀一氏のドラムを生で観るのは2度目だが、数年前に「よくわからん」と思った時とはうってかわって、この度はあの自由さが心底うらやましかった。さらに、私はヘコヘコしている割に体育会系な人間関係が激しく嫌いなので、ポンタ氏のような方にはすぐアレルギー反応を起こすのだけれども、あれだけ近くでドラムプレイを聴いていると人間性が伝わってきて、おおおこの人はすごくいい人だ、と思ってしまった。ドラムっ子だった。あんな大御所をつかまえて偉そうに。手数満載のフュージョンがすごいのはまあもちろんとして、8ビートやドラマチックな16ビートが素敵だったのに大変参った。一曲一曲が終わらないといいのになぁと思いながら聴くライブは久しぶりだった。いいもん見た。
 そして旧友の石村順氏のベースについては、ポンタさんのドラム以上にどうなってるのかももう全然わからず、コメント不能。鍵盤の方と素晴らしいトリオで実に楽しかったんですが。遠〜い人だった。むろんいい意味で。
 帰りは、うちから歩いて2分くらいの所に住んでいる、これまた素晴らしいギターを弾くセッションギタリストの菊谷さんに送っていただき、雪の中駅から徒歩40分の道のりを歩かずにすんで死ぬほど感謝。今日はライブに招待してもらったり、いい音楽を聴いてじ〜んとしたり、銀行のキャッシュカードを紛失したと発表した瞬間に職場の方々が一斉にお金を貸そうとしてくれたり、人に支えられて生きていることを実感した一日だった。
[PR]

by mooran171 | 2005-02-19 01:46 | memorandum
2005年 02月 18日

ゴリラらーめん

c0022579_44956.jpg 甲州街道を飛田給付近から西に向かって走ったことのある人なら、「ゴリラらーめん」が気になったことがあるだろう。私はもう数年越しで気になり続けていたのだが、入る勇気がなかった。この看板の適当なゴリラの絵と、駐車場の向こうに奥まった閑散とした店の様子が、ラーメンのまずさをほのめかしている。ゴリラの汗がスープに混じっているんじゃないかという気すらする。
c0022579_442572.jpg しかしあまりにお腹が減ってめまいがしていた私は、今日ついに「ゴリラらーめん」に足を踏み入れた。車を停めたものの、店の前で悩むこと数分。店内は客が二人。空腹が度を越しているだけに、失敗は痛い。
c0022579_443763.jpg が、誕生以来ゴリラ似を誇る私がここに入らずしてどうする、という内なる声に導かれ、ついにドアを開けた。店員はみんなゴリラの絵のついたエプロン、そしてカウンタ−にはゴリラの箸入れ。店員の一人はちょっとゴリラに似ていなくもない。このゴリラずくしに激しく好感を持った私は、もうラーメンの味などどうでもよかった。ところが「手打ちラーメン」を注文してみたら、うまい!とてもうまい!「ゴリラらーめん」という名前も、力強くていいじゃないか、とうなづきながら店を出た。
[PR]

by mooran171 | 2005-02-18 04:43 | memorandum
2005年 02月 15日

音楽、本、写真

 今日は9コンパスライブ前最後のリハーサル。先日のバスケによる筋肉痛をだましだまし最終確認。相変わらず一曲終わるまでずっと息をとめっぱなしにしてしまいそうな曲が目白押しだが、ライブ前に全員気合い十分なのが伝わってとてもいい感じ。たくさん遊びに来てくれるといいなぁ〜。面白いですよ〜これは。
 それから今日はずっと借りっ放しだった本、中場利一著の『一生、遊んで暮らしたい』を読破。うまく説明できないので気になる方はリンクをクリックしてみてください。こんな肝の座った人とは共通点を探す方が難しいが、共感、感動ポイントは色々あった。「ええかっこしい」でありたし。
 そして今テレビをぼけーと観ていたら、知った顔が。誰だっけか〜と思っていたら、写真家のハービー山口さんだった。サイクルズ時代に一度だけ写真を撮っていただいた。大緊張でカクカクした動きをし続ける私らに、ハービーさんが「なんでもいいから自分の歌を心の中で歌っているとよい」と教えてくれたことをふと思い出した。明日の本番前はこの方法で緊張から逃れるぞ。
[PR]

by mooran171 | 2005-02-15 02:43 | memorandum