Drumooran Information

mooran.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2005年 01月 30日

3年B組

c0022579_1312418.jpg こんな写真、載せていいのかどうなのか、しかし自分で買った雑誌の写真を自分で撮ったのでいいんじゃないか…と思いつつ、とにかく金八先生の話。第1、第2シリーズをリアルタイムで見ていたのが中高生時代、そして一昨年、久しぶりに第2シリーズを友人に借りたビデオで見直して、くさったみかんこと加藤優に泣き、それがあんまり良かったので逆に最近の金八シリーズは見る気がしなくなって全然見ていなかったが、ここ数回第7シリーズを見てみたら、面白い!!最初から見ればよかった!!
 雑誌の武田鉄矢氏のインタビューによると、金八先生をやってるとその反動で悪の部分を一手に引き受けた武田鉄矢がどんどんいやらしくなる、とのこと。ふむう。興味深い。しかし武田鉄矢とか西田敏之とか田中邦衛とか樹木希林とか、ああいう顔ができる年の取り方ができたらサイコーだなぁ…としみじみ思う。武田鉄矢氏にはよく似てると言われるので、この夢は実現可能やもしれん。
[PR]

by mooran171 | 2005-01-30 01:38 | memorandum
2005年 01月 28日

歌のちから

 今日はライブを観に赤坂グラフィティへ。
 SPIROの中嶋くん、タニザワトモフミ氏、そしてex.サイクルズの森川アキコ嬢という、恐ろしく歌が強力な面々が一同に会す、というので期待に胸を膨らませて赤坂へ向かったが、予想をはるかに超えた、濃いイベントだった。
 中嶋くんの一人弾き語りは初めて観たけれども、彼は独りで歌っていてもバンドマンだった。ロックだった。タニザワ氏はバンドも含め若いのに老練な感じで肝を冷やさせられた。なんか彼らはサラブレッド感溢れている。50歳くらいになったらどんななってるんだろう。そして森川アキコ嬢は、今回ギターの鳥羽さんを迎えてさらにパワーアップ、本当にのびのびと楽しそうにパワー全開でやっていた。向かうところ敵無し、と言った感じ。誰か私を負かせるとでも?という感じ。末恐ろしい。観ていて本当に恐ろしかったが、彼女は行くべき場所にたどり着きそうだ、と思った。なんか突然詩的ですけども(笑)。このまま突き進んでほしい。いや、絶対突き進むでしょう。
 というわけで歌ものの音楽における「歌のちから」を嫌と言うほど思い知らされた夜でした。そして彼らが歌っていて最高だと思える音と環境を作っているバンドの方々もすばらしかった。
 あとはですね、久しぶりに盟友のまっく(ex.サイクルズのベーシスト)と一緒にライブを観て、なんというか、同じ釜の飯を長年食ったことの偉大さ、ありがたみをかみしめました。楽しい夜だった。
[PR]

by mooran171 | 2005-01-28 02:23 | memorandum
2005年 01月 25日

9コンパスリハ

今日はお正月ぶりに母に会って二人で吉祥寺でブイブイいわせた後、夜は2/15のライブに向けて9コンパスのリハ。昨年までのギター&ドラム二人体制を経ているおかげで、低音のありがたみが身にしみる〜。ギターとドラムと声だけでなんとか成立させようと二人であーでもないこーでもないとやっていた日々も、一つ一つが新鮮で、ぼーっとパターン叩いてるわけにもいかず大変勉強になった興味深い体験だったが、セロファンの河野薫センセイの独特なベースが入ると一気に広がって非常に楽しい。

9コンパス船長イトウ氏も、ちょっと久々に一緒に演奏させてもらうと、曲も歌もギターも独特な人なぁ〜としみじみ…ほれぼれ。ライブが楽しみだ〜!
[PR]

by mooran171 | 2005-01-25 02:18 | memorandum
2005年 01月 22日

加藤千晶さんという人

仕事の後、大急ぎで吉祥寺曼陀羅2へ加藤千晶さんのライブを観に行く。今日はピアノ弾き語りの千晶さんとエレキギターの鳥羽さん、パーカッションのけっちゃん(from Gomes the Hitman)、の三人編成だったが、三人の技量の高さが光る、盛り沢山で素晴らしいステージだった。私はコードのことはよくわからないが、一つ一つの楽器がやってることを観ているとコードとかリズムとかアレンジが大変難しそうで、ついつい自分があそこにいたら…と想像して冷や汗が止まらなくなるのだが、歌と全体を聴いていると、とても聴き手に優しい、わくわくする音楽なのだった。千晶さんのライブを観ていると、巨大な図体で遊び回っていた、気は優しくて力持ち、の幼年時代の自分 in 九州を思い出す。

打ちあげで千晶さんが話しているのを聴いていると、ステージで観た千晶さんの音楽とまったく同じ印象を受けるというか、千晶さんは千晶さんそのまんまの音楽をやっているんだなぁ…と思ってさらに感動。6月末頃に出るというアルバムがむちゃくちゃ楽しみ。早く聴きたいなぁ〜。
[PR]

by mooran171 | 2005-01-22 05:46 | memorandum
2005年 01月 19日

脱獄

長年同じバンドで同じ釜の飯を食わせてもらった旧友のN氏が、珍しく娑婆に出る、というので久々に同行。目指すは千葉にあるというファミコンの中古ソフトが大量に売っているという店で、その名も「千葉鑑定団」。
c0022579_323429.jpgc0022579_324242.jpgc0022579_325271.jpg
昼過ぎに出発したのだが、出発してまもなくタイヤのパンクが発覚(写真その1)→ガススタが見つからず銀座のど真ん中の路上でタイヤ交換(写真その2)→スペアタイヤで一度N氏の自宅に戻ってご家族の車を借りる(写真その3)→千葉へ再出発→ガソリンがない事が発覚し、再びガススタを探し回る…という珍道中に突入し、すっかり暗くなった千葉の知らない土地で、そびえ立つ「千葉鑑定団」を発見したときは感動で車中は沸きに沸いた。
c0022579_33211.jpgしかし給料日前で激貧だった私が購入したのはファミコンの中古ソフト「脱獄」(写真その4)のみ。ちなみにN氏はソフトを6個も7個も大人買いしていた(といっても一個数百円)。
「脱獄」はとにかく敵を殴ったり蹴ったりしながら脱獄する、というゲームだが、とっても楽しい。2Dの横スクロールはいいなぁ。
[PR]

by mooran171 | 2005-01-19 03:05 | memorandum
2005年 01月 16日

2005/2 Live Information

2005年2月1日(火)
「ワイキキマーチVol.1」


 Place:下北沢 Club Que
 Artists:NERO/Lodge/エレキベースSPIRO
 Time:開場18:30/開演19:00
 Charge:前売2000円/当日2300円(+ドリンクオーダー)
 (問)ワイキキレコード 090-9017-7379 

◎ もうかれこれ2年以上お手伝いさせてもらっているバンド、SPIROのちょっと久々のライブ。SPIROは歴代ドラマーが凄腕揃いで、各時代にそれぞれのドラマーの技が生かされたすばらしくポップな音楽を紡ぎ続けて来たバンドです。他のメンバーの懐の深さがうかがわれますなぁ。私もSPIROの歴史になんとか一石を投じたいと思いつつ、毎回やらせてもらっている次第です。今回はギターボーカルの中嶋くんとベースの黒田くんと私のスリーピースでお送りする模様。ロックな夜になることでしょう!

------------------------------------------------------------------
2005年2月15日(火)

 Place:新宿 Red Cloth
 Artists:チープスリル/diorama/マンマユート/9コンパス
 Time:開場18:00/開演19:00
 Charge:未定
 (問)新宿 Red Cloth 03-3202-5320 

◎ 2004年前半に4回たて続けにギター&ドラムでライブを行い、しばらく鳴りをひそめていた9コンパスですが、2005年はまたどんどん新しいことに挑戦していくぞ、ということで約半年ぶりの9コンパスライブ。今回はギターボーカル:イトウサチ、ドラム:中原由貴に加えて、ベースでセロファンの河野薫氏が参加!いや〜楽しみですなぁ〜。幅がぐっと広がった9コンパス、ご期待あれ。
[PR]

by mooran171 | 2005-01-16 02:48 | Live Information
2005年 01月 15日

タマコウォルズ@赤坂グラフィティ−

c0022579_1404143.jpg昨日は赤坂グラフィティ−にて、タマコウォルズ初ライブ。同じステージに立ってみて鳥羽さん、ブラウンノーズ2号さん、そして西池さんのすごさを再確認。。。写真はその猛者三人衆である。みなさんそれぞれプレイがものすごいのはもちろん、演奏しながら感じていることの幅が全然違うなぁ〜と、リハーサルから凹み気味→本番はかなりのいっぱいいっぱい具合だったが、こんなすばらしい方々と一緒にやらせてもらえるのは、ほんとに幸せなことだ〜というのを終演後かみしめる。ちょっと遅かった…。しかし十二分に楽しませてもらいましたよ!音楽はほんとに奥が深いなぁ〜。とかいって浮かれていたら体調をすっかり崩してしまった。早く治してこの感動覚めやらぬうちに色々と次なる挑戦をしたいものである。
[PR]

by mooran171 | 2005-01-15 01:40 | Live Report
2005年 01月 11日

タマコリハ

今日はセロファンのギター西池崇氏率いるタマコウォルズのリハーサル。全員揃うのは今日が初めてだったのだが、みんなが強力すぎてかなり落ち込む。しかし自分のことを棚にあげればあんなに幸せな時間はない、というぐらい気持ちよかった。昨日のライブの余韻で浮かれて夜更かししたせいで今日は起きた瞬間に家を飛び出て着いた瞬間から爆音の中でドラムをたたいたために脳みそがグラグラ、体もフラフラ、だったにも関わらず驚異的にいい気分だった。ブラウンノーズ2号さん、今日初めてお手合わせさせてもらいましたが、予想通り恐ろしいプレイで私はただただ背筋を凍らせ続けておりました。そして鳥羽さんのギターはうますぎすごすぎでもう言葉もありません。コメントするのもおこがましい。西池さんの曲は全部最高だし鳥羽vs西池のギターソロバトルもほんとに盛り上がるし、絶対必見必聴。
[PR]

by mooran171 | 2005-01-11 03:47 | memorandum
2005年 01月 10日

セロファン@原宿クロコダイル

しまった!写真を撮るのを忘れた。残念。今日は西村哲也さんのバンドとジャック達さんとセロファンの3つで原宿クロコダイルで2005年初ライブ。新年早々すばらしいイベントでライブ初め、今年はいい一年になりそう。セロファンはライブのお手伝い2回目なのだが、ほんとにものすごいバンドですなぁ〜。今日いい音楽をたくさん聴いたおかげで、これからやりたいこと満載、自分のこれからの課題も明確に見えて来つつ、さらにそれに楽しく取り組めそうな気分になっております。ジャック達の一色さんがまた3つでやろう!とおっしゃっていたので、またこんな楽しいイベントがそのうちあるかもしれませんね。それまで精進精進。
[PR]

by mooran171 | 2005-01-10 05:03 | Live Report
2005年 01月 08日

ネクラポップ


c0022579_015829.jpgc0022579_022534.jpg今日はドラムテックのお仕事で、西荻タペンススタジオへ。昨年8月にもお手伝いさせてもらったネクラポップというバンドが今度はミニアルバムを出すというので、ドラムの音作りのお手伝いに行って来た。写真はドラムの順見(スンミ)ちゃん。こんなに線が細いのにドラムをたたくと力強く、京都弁をゆ〜っくりしゃべる、という無敵のキャラ。ミニアルバム→アルバムとレコーディング目白押しなのにライブも毎月結構やっている模様。いずれも楽しみですなぁ。

久々にレコーディングの現場に行って人の楽器をいじったり、スンミちゃんの話を聞いたりして初心に戻り、今年の抱負に色々と付け足した。明後日は今年初ライブ、明日は最後のリハ。がんばるぞ〜。
[PR]

by mooran171 | 2005-01-08 00:03 | Other News