<   2005年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2005年 02月 28日

風呂嫌い

c0022579_0295978.jpg 入ってしまえば天にも昇る気持ち良さだということはわかっていても、お風呂に入るのがどうしても嫌で、女子に生まれたことを悔やむ日々。お風呂嫌いな上に熱い湯も苦手なので、温泉旅行に行きたいな〜と思ったことはない。
 だが、先日水道がとまったせいで泣く泣く最寄りのお風呂、湯けむりの里に行った。心細いので近所に住む友人について来てもらった。
 しかしその友人も含め、みんな42℃もある熱い湯にバンバン入って全然出てこない。つま先を出したり入れたり出したり入れたりしながらやっと全身つかったところに、頼むからお湯を動かさないでくれ!と言う祈りも届かず、ざばーんと人が入って来る。熱すぎて全身に鳥肌。体が異常事態。最後にサウナに挑戦しようとドアを開けただけで断念し、先に水風呂が正しいのか?と膝まで入ると今度は冷たすぎて心臓発作の危険。
 這う這うの体で脱衣所に戻り、しばらく貧血に苦しむ。しかし、お風呂上がりで一気に飲み干したフルーツ牛乳はうまかった。振り返れば楽しい思い出なのでまた行こう。しかし貧血になってもそのまま部屋に帰って寝れるかと思うと、温泉旅行もいいもんかもしれないなぁ。
[PR]

by mooran171 | 2005-02-28 00:54 | memorandum
2005年 02月 25日

一難去ってまた五難

c0022579_2505772.jpg 先日水道が止まって大変な苦労をして以来、公共料金の支払いをシステマチックに行って生きていきたいと思っていた矢先に銀行のキャッシュカードを紛失、再発行しようと銀行に行ったら「それは古い通帳です」と言われ、すごすごと帰り、どうしようかなぁとうちに帰ると、今度は電気が止まっている。唯一の暖房となった「いろりストーブ」の炎に照らされつつ部屋の中で毛糸の帽子を被ってじーっとしていたら、今度は地震。怖いのでストーブを消す。もうこれまでか。八甲田山ごっこをしても起こしてくれる友も無し。
 しかし翌日は(私にしては)早朝から仕事。友人の尽力でなんとか一夜を過ごし、翌朝電気代を払い、仕事が終わって帰ろうとしたら、外は大雪。バスから降りてうちまで延々歩く。しかし帰ったら電気も水道も復活していて、トイレ行き放題、そしてこうして日記も書き込める、という幸せをかみしめる。しかしこの度はかなり上級のサバイバルだったなぁ!と楽しく振り返る元気もあまり無し。ていうかただの不注意&生活苦じゃないですか。じっと手を見る。ていうか胸に手をあてて反省。猛省。
[PR]

by mooran171 | 2005-02-25 02:59 | memorandum
2005年 02月 19日

人と言う字は…

c0022579_0392646.jpg 大学時代からの友人であり、目下ベーシストとして大活躍中の石村順氏が加入したNew Ponta Boxのライブを観に目黒Blues Alleyへ。村上“ポンタ”秀一氏のドラムを生で観るのは2度目だが、数年前に「よくわからん」と思った時とはうってかわって、この度はあの自由さが心底うらやましかった。さらに、私はヘコヘコしている割に体育会系な人間関係が激しく嫌いなので、ポンタ氏のような方にはすぐアレルギー反応を起こすのだけれども、あれだけ近くでドラムプレイを聴いていると人間性が伝わってきて、おおおこの人はすごくいい人だ、と思ってしまった。ドラムっ子だった。あんな大御所をつかまえて偉そうに。手数満載のフュージョンがすごいのはまあもちろんとして、8ビートやドラマチックな16ビートが素敵だったのに大変参った。一曲一曲が終わらないといいのになぁと思いながら聴くライブは久しぶりだった。いいもん見た。
 そして旧友の石村順氏のベースについては、ポンタさんのドラム以上にどうなってるのかももう全然わからず、コメント不能。鍵盤の方と素晴らしいトリオで実に楽しかったんですが。遠〜い人だった。むろんいい意味で。
 帰りは、うちから歩いて2分くらいの所に住んでいる、これまた素晴らしいギターを弾くセッションギタリストの菊谷さんに送っていただき、雪の中駅から徒歩40分の道のりを歩かずにすんで死ぬほど感謝。今日はライブに招待してもらったり、いい音楽を聴いてじ〜んとしたり、銀行のキャッシュカードを紛失したと発表した瞬間に職場の方々が一斉にお金を貸そうとしてくれたり、人に支えられて生きていることを実感した一日だった。
[PR]

by mooran171 | 2005-02-19 01:46 | memorandum
2005年 02月 18日

ゴリラらーめん

c0022579_44956.jpg 甲州街道を飛田給付近から西に向かって走ったことのある人なら、「ゴリラらーめん」が気になったことがあるだろう。私はもう数年越しで気になり続けていたのだが、入る勇気がなかった。この看板の適当なゴリラの絵と、駐車場の向こうに奥まった閑散とした店の様子が、ラーメンのまずさをほのめかしている。ゴリラの汗がスープに混じっているんじゃないかという気すらする。
c0022579_442572.jpg しかしあまりにお腹が減ってめまいがしていた私は、今日ついに「ゴリラらーめん」に足を踏み入れた。車を停めたものの、店の前で悩むこと数分。店内は客が二人。空腹が度を越しているだけに、失敗は痛い。
c0022579_443763.jpg が、誕生以来ゴリラ似を誇る私がここに入らずしてどうする、という内なる声に導かれ、ついにドアを開けた。店員はみんなゴリラの絵のついたエプロン、そしてカウンタ−にはゴリラの箸入れ。店員の一人はちょっとゴリラに似ていなくもない。このゴリラずくしに激しく好感を持った私は、もうラーメンの味などどうでもよかった。ところが「手打ちラーメン」を注文してみたら、うまい!とてもうまい!「ゴリラらーめん」という名前も、力強くていいじゃないか、とうなづきながら店を出た。
[PR]

by mooran171 | 2005-02-18 04:43 | memorandum
2005年 02月 16日

9コンパス@新宿Red Cloth

c0022579_21275691.jpgc0022579_21282017.jpg 昨夜は9コンパスライブ。半年ぶり&初の三人体制&新曲アリ、という緊張する要素満載のライブだったが、いろんな人たちが観に来てくれて楽しい夜だった!9コンパスはまだ結成1年強で、人の組み合わせも曲もバンドもこれからまたどんどん進化していくと思われるが、どんどん新しいことを試しつつ、イトー船長のやりたいことをどんどん試しつつ、船出しまくっていったらいいなぁと思う。
 写真はイトー船長とベースの河野氏。暗いところで撮ったのを無理矢理明るくしたら、古〜い感じになってしまったが、二人の好きな音楽の時代が画質に表れたっちゅーことで(笑)。二人にはほんとに感謝してます。いろんなことに挑戦する機会をありがとう〜。そして観に来てくれていつも温かく見守ってくれるみなさん、ほんとにどうもありがとう。しかし私はいつまでたっても緊張するなぁ〜〜。まったく。
[PR]

by mooran171 | 2005-02-16 21:48 | Live Report
2005年 02月 15日

音楽、本、写真

 今日は9コンパスライブ前最後のリハーサル。先日のバスケによる筋肉痛をだましだまし最終確認。相変わらず一曲終わるまでずっと息をとめっぱなしにしてしまいそうな曲が目白押しだが、ライブ前に全員気合い十分なのが伝わってとてもいい感じ。たくさん遊びに来てくれるといいなぁ〜。面白いですよ〜これは。
 それから今日はずっと借りっ放しだった本、中場利一著の『一生、遊んで暮らしたい』を読破。うまく説明できないので気になる方はリンクをクリックしてみてください。こんな肝の座った人とは共通点を探す方が難しいが、共感、感動ポイントは色々あった。「ええかっこしい」でありたし。
 そして今テレビをぼけーと観ていたら、知った顔が。誰だっけか〜と思っていたら、写真家のハービー山口さんだった。サイクルズ時代に一度だけ写真を撮っていただいた。大緊張でカクカクした動きをし続ける私らに、ハービーさんが「なんでもいいから自分の歌を心の中で歌っているとよい」と教えてくれたことをふと思い出した。明日の本番前はこの方法で緊張から逃れるぞ。
[PR]

by mooran171 | 2005-02-15 02:43 | memorandum
2005年 02月 12日

宙に舞う2

 今日はバスケットをしていて再び宙に舞った。…というとスーパープレイをしていて舞ったように聞こえるが、スタートダッシュ時に敵の足にひっかかって宙に舞ったまで。宙に舞いながら、一週間のうちに2度も宙に舞ってしまっているなぁと思った。ただでさえ怪我が多いのでライブが近いときは特に気をつけようと思ってはいるのだが、下手でもなんでもスポーツをしているとあまりの楽しさについマジに。マジになったところで足ひっかけて宙に舞ってる程度なんですがね。しかしバスケがうまい人がシュートを決めた瞬間、スティールに成功した瞬間などを見て胸がキュンとなる感じは、楽器の素晴らしいプレイを見てく〜っ!と思うのと似ているな。どちらもほんとにかっこよい。
[PR]

by mooran171 | 2005-02-12 21:35 | memorandum
2005年 02月 11日

修行

c0022579_242477.jpg 今日は吉祥寺にて2/15にライブを控えた9コンパスのリハーサル。9コンパスは今回ベースありなので随分と楽になったかと思いきや、シビアであることにかわりはなく、相変わらず一曲一曲通した後にはスタジオにはため息が。気を抜いて勢いで乗り切れる曲が一曲もないのだよ。あああむずかしいぃぃぃ。しかもコーラスが結構あって、だんだん何をやっているのか、今どこなのかわからなくなってくる始末。写真は「ただいま修行中」宣言をしながらベースを弾く河野氏。彼の後ろには滝が見える。「9コンパスやってたら気がついたらびっくりするくらいうまくなってるかもねぇぇ!」とみんなで夢を見つつ、そんなわけはないので個人練しなきゃなぁ…とうなだれて帰る。これ、うまくいったら相当かっこいいんだけどなぁ。リハーサルはあと一回、がんばるぞ。
[PR]

by mooran171 | 2005-02-11 02:58 | memorandum
2005年 02月 10日

宙に舞う

 先ほど、強力に恐ろしい夢を見たために特殊な方法(夢の中で「これは夢だ」と気づいた場合、静かな場所に逃げて後ろ向きにでんぐり返りすることに成功すると、ぐるんと着地した時には夢から覚めている、という文字通り夢のような話。悪夢にうなされがちな方はお試しあれ)で無理矢理起きたらごまかしきれないほどトイレに行きたかったので、強力に寝ぼけた状態でトイレに向かった。すると途中、台所から寝る部屋までひっぱってきている電話コードの上に乗ってしまい、一瞬綱渡りをやってしまったのち、宙に舞って床に落ちながらトイレのドアでおでこを強打。こんな話、Drumooran Informationではまったくないが、あまりにショックだったので共有してください。今日は昼間のこぎりで手を切るわ夜中におでこ強打するわ、なんちゅー日だ。
 しかし3月のレコーディングやライブのお誘いの連絡があったり、3月始めのでっかいライブのお仕事のメニューを聞いてわくわくしたり、といいことも色々あったのでよしとする。3月のライブその他もろもろの詳細はまたわかり次第こちらでお知らせ致しますのでみなさんよろしくね〜。夜中(というより早朝)なので変なテンション。もう一回寝る。
[PR]

by mooran171 | 2005-02-10 06:14 | memorandum
2005年 02月 04日

SPIRO@下北沢Club Que

c0022579_224519.jpg サーバーのメンテその他もろもろでちょっと遅くなりましたが、2/1は久しぶりのSPIROライブ、スリーピースバージョン。SPIROはトップバッター、久しぶりのQUE、で多少緊張気味だったが、いつもかけてある布をバックに、いつものお香の匂いがして、最近のライブでは毎回一曲目にやっている「リシケシ」のイントロが始まると、ああ〜帰ってきた〜という感じで非常に盛り上がった。こういうバンドお決まりのアイテムとか必ずやる曲とかって、お客さんもバンド側もほっとしていいもんだなぁ。
 それとは逆に今回初登場の「タンプーラマシン」(インドの弦楽器タンプーラの音が出る四角い機械)がずーっっっっと鳴っている、というのも新鮮でとてもよかった。鍵盤のビッケさんがいないのが残念だったが、その穴をうめるべく所狭しとアクション満載で熱唱するボーカル中嶋くんと、坊主頭でタブラをたたき、ベースを自在に操る黒田くんのおかげで非常に楽しいライブでした!ありがとう〜。
c0022579_1485269.jpg この日はSPIROが所属するワイキキレコード主催のイベントだったのだが、レーベルオーナーの坂本氏率いるエレキベースを始め面白いバンド目白押しだった。写真はメドレーが始まる直前のエレキベースのステージの様子。我ながらいい瞬間をとらえたなぁ〜。本番始まるときに客席の後ろから演奏しながら出て来た彼らを見たときには、大学時代に見たグラハムセントラルステーションを思い出した。面白かったなぁ。
 SPIROのメンバー集合写真はタイミング逃して撮れずじまいだったので、風邪を押して打上げでもトークを頑張る中嶋くんをパチリ。
[PR]

by mooran171 | 2005-02-04 02:32 | Live Report