<   2005年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2005年 03月 07日

青山陽一さんライブ@下北沢Club Que

c0022579_3434140.jpg 昨夜は青山陽一さんのライブ。昨年暮れに初セッションさせていただいてから長いことじわじわ緊張していたが、ついに昨夜本番を迎えた。いやあ〜本番のご報告は最後にするとして、まず、3/1〜3/3にこちらの写真の川沿いのスタジオで怒濤のリハーサル。
 青山さんにBM'sのみなさん(ベース:千ヶ崎学くん、鍵盤:伊藤隆博さん)、そして今回のゲスト真城めぐみさん(from Hicksville)と黒沢秀樹さん、という超ベテラン陣は、段取りを間違えたり演奏中に椅子ががくんと下がってかまきり拳法のような姿でドラミングをしたりする私を温かい笑みをたたえて見守ってくださる。下の写真は左から千ヶ崎氏と真城さん、伊藤さん、そして青山さん。黒沢さん登場の時間帯はあわててる間に過ぎて写真は撮れず。リハーサルは合わせた時の気持ち良さにうちひしがれつつ、本物の青山さんだ、本物の真城さんだとか思ってるうちに終了。
c0022579_3435613.jpgc0022579_3455683.jpgc0022579_346779.jpg







 そしてあっという間に3/5。なるたけ本番は譜面を見ないというのをモットーにやってるくせに、全然覚えられなかった上にコピーの拡大%を間違えて誰よりも巨大な譜面を置いて本番に突入。ま、美学を優先して大先輩に迷惑をおかけするより絶対にいいはず、と急に合理主義に。しかし緊張しました。わっはっは。手が笑って笑って大変でした最初は。でも青山さんとBM'sのみなさんの歌&演奏&表現力パワーに乗っかって、サイコーに楽しいライブに。青山さんファンのみなさんも温かかった。みなさんいい顔してましたねぇ。いい音楽を聴いているときはあんな顔になるんですねぇ。
 というわけで合奏と表現の醍醐味を体感させてもらった、素晴らしいひとときだった。青山さん&BM's、真城さん、黒沢さん、会場にいた方々、そして青山さんに引き合わせてくださった鳥羽さん、セロファン西池さん、その他音楽を続けてきた上で共にいてくれた人々、あともうスネアにもペダルにもこのぼろアパートにも感謝したい感じ。…あんまりこんなこと言ってるとなんか終わりみたいでいやなので、ほどほどにしつつこれからに向けてがんばりますのでみなさんよろしくお願いします。元気百倍。この元気で自家発電したら電気代払わなくてすむのになぁ。
[PR]

by mooran171 | 2005-03-07 04:46 | Live Report
2005年 03月 03日

2005/3 Live Information

2005年3月5日(土)
「怪しい隣人 Vol.6」

 Place:下北沢 Club Que
 Artists:青山陽一&The BM's
      ゲスト:黒沢秀樹 / 真城めぐみ(Hicksville)
 Time:開場17:30/開演18:00
 Charge:前売3300円/当日3500円(整理番号付/ドリンク代別途)
 (問)CLUB Que 03-3412-9979

◎ なんと、この私があの青山陽一さんの後ろでドラムをたたくことになりました。びっくりですねぇ。長く生きていると何が起こるかわからんもんです。私が宣伝するまでもありませんので、まあ、かっこよすぎて参るなよ、と。私がじゃないですよ。青山さんが。バンドが。ゲストの方々が。音楽が。とかいってぶち壊さないように必死にがんばります。みなさんよろしくお願いします。

------------------------------------------------------------------
2005年3月9日(水)
「NOTE(それぞれの印)」

 Place:赤坂 GRAFFITI
 Artists:キョーコembroider(13)
      ゲスト:FLEMING PIE
      オープニングアクト:きらめく☆葡萄畑
 Time:開場18:30/開演19:30
 Charge:前売2000円/当日2300円(1DRINK+1FOODS)
 (問)赤坂 GRAFFITI 03-3586-1970

◎ ものすごく久しぶりにFLEMING PIEのサポートをやらせていただきます。テレビで流れると一発でわかる希有な歌い手、中嶋さんのボーカルに、8弦ギター(1〜5弦がギターで6〜8弦がベースで、それぞれのアンプにつなぐ)の瀬川さん、そしてサックスに竹上さん、という編成でお送りします。大人だ。この日はメインアクトの山岡恭子さんも葡萄畑も久しぶりに観られるので楽しみです。いいイベントになること必至。

------------------------------------------------------------------
2005年3月24日(木)
「AKASAKA JUNCTION vol.1」

 Place:赤坂 GRAFFITI
 Artists:大森元気(残像カフェ)/タマコウォルズ/カルダモン
 Time:開場18:30/開演19:00
 Charge:前売2000円/当日2500円(1DRINK)
 (問)赤坂 GRAFFITI 03-3586-1970

◎ タマコです!やったー!セロファンの西池崇氏率いるあのタマコウォルズです。毎回メンバーが変わって、私は2度目の参戦ですが、この度は、Vo&G:西池崇、Bass:新井健太(東京ローカルホンク)、Key:タケウチカズタケ、Perc:高橋結子(Gomes the Hitman)というメンバーだそうでございます。全員長いこと一緒にやらせてもらいたいなぁ〜と思いつつなかなか実現しなかった方々で、非常に嬉しい。そして今回はどんな西池さんが見られるでしょう。楽しみですねぇ〜。
[PR]

by mooran171 | 2005-03-03 03:31 | Live Information
2005年 03月 01日

フレミングパイ リハーサル

c0022579_325817.jpg 今日は数々のCMでもおなじみのフレミングパイのリハーサル。写真の美しい人、ボーカル中嶋さんにお会いするのも1年以上ぶり(リハで写真を撮り忘れたのでCDのジャケを勝手に撮影)。ギターの瀬川さんから送られたライブ用の音源CDが、昨日帰宅すると新聞受けにささっていた。あ!やっと来た!とわくわくしながら封を開けると、ひっくり返っても絶対無理!というジャンルのアレンジが満載。万が一ライブにいらっしゃる方がこのページを見てるといけないので、何の曲かは書きません。のでこの衝撃がいまいち伝えられないのが非常に残念だが、いやいや無理ですって!という曲ばかり。唯一9曲目にJB'sの「Pass the Peas」が入っていて色めきたつが、同封の手紙には「9曲目はやりません」と書いてある。なに〜〜!!精進料理を一週間食べ続けたあげく、最後に豚生姜焼き丼を出されて、「これだけは食べちゃだめ」と言われたような。ひどい。だったらせめて出さないでくれぇぇ。
 で、今日。瀬川さんに、なんで9曲目焼いてくれたのにやらないんですか、と尋ねると、「間違って入っちゃっただけ」だそうな。そんなあ。今日はなんとかジャジーな方向に行かないように必死になっているうちにリハ終了。私だけ汗だく。明日からは青山陽一さんのリハーサルが始まる。楽しく幸せだけれども恐怖の一週間の始まりなのだった。
[PR]

by mooran171 | 2005-03-01 03:24 | memorandum