Drumooran Information

mooran.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2005年 04月 19日

ライブ、レコーディングご報告

 多忙につきなんのお知らせもしなかった3月中〜4月頭のご報告をまとめて。

■ 3/9 フレミングパイ ライブ@赤坂グラフィティ
 ギター&ベースが合体した楽器を一人で忙しく弾きまくる瀬川さんとボーカル中嶋さんというフレパイチームにサックス竹上さんと私がドラムで参戦。ジャズっぽいアレンジに頑に一人16ビートで大発汗してる間に終了。ニューヨークな感じ!とかいう声を聞いたような聞かないような。山岡恭子さん、きらめく☆葡萄畑の青木和義さん、ヨシンバ吉井さんなどなど久しぶりにお目にかかる方々のすばらしい音楽も聴けて楽しい一日に。久しぶりと言えば、サイクルズ時代に大変お世話になったスーパードラムテックの村上敦宏氏(from NASH)が客席にいらっしゃって懐かしさのあまり涙が。相変わらず三国志の武将のようなお姿でウロウロしてらっしゃいました。

■ 3/14 野口氏デモレコーディング@西荻窪c0022579_2322290.jpg
 ex. サイクルズ野口氏のデモ用にドラムを3曲レコーディング。サイクルズ時代からデモのドラム録音はUENの個人練習用ブースに野口くんのハードディスクレコーダーを持ち込んでドラムだけ録音し、あとは野口くんが家で延々作業する、というやり方だったのだが、今回はほかの楽器が仮で録音されたものに合わせてクリックを聴きつつ録る、という空気公団のレコーディングの時と同じ方式で、アレンジの全体像がわかるのでやりやすかった。さくさくといいのが録れて無事終了。相変わらずスタジオ内では喧嘩が絶えないが、彼はほんとにいい曲書きますな。できあがりが楽しみです。早く娑婆に出て来て欲しいもんです。

■ 3/19-20 セロファン、秋山羊子さんレコーディング@渋谷
c0022579_2331471.jpg まずは19日にセロファンのレコーディングで1曲ドラムを叩かせていただく。この日は一日で一曲を仕上げよう、という試みで、これまたさくさくと進み、あっと言う間に終了しそうな勢いだったのだが、夕飯時にテレビでやっていた藤岡弘、探検隊の「伝説の野人、ナトゥーを追え!!」にエンジニアの高原さん含め全員で見入ってしまい、2時間を棒に振る。それでも日付が変わる頃には無事終了。私はドラムセットを置きっぱなしで帰る。
 翌20日は、秋山羊子さんのレコーディングを、セロファンの西池さん&河野さんと三人でお手伝い。前日のいい感じの勢いのまま、これまたあっと言う間に終了。しかしこの二日間で、セロファンはバンドで長いことアレンジしてやってきた人たちなんだなぁということをしみじみと感じた。次から次へとアイディアが飛び交い、それを試す演奏力と決定したりすっぱりやめて戻したりする判断力はものすごかった。脱帽。

■ 3/24 タマコウォルズ ライブ@赤坂グラフィティ
 レコーディングの興奮覚めやらぬ中、怒濤のリハーサルの後にタマコウォルズ初顔合わせチームでライブ。憧れのミーターズのカバー「LOOK-KA PY PY」あり、西池さん書き下ろしの新曲あり、の爆音に包まれた楽しいひととき。昨年のフジロックにも出演したSUIKAのカズタケくんのうなる鍵盤、そしてお馴染み東京ローカルホンクのアラケンさんのこれまたうなるベースと共演させてもらって盛り上がらない訳がない。さらに、ド派手なパーカッションをたたきまくるゴメス けっちゃんのお陰でずいぶんと楽に楽しんで演奏することができました!ありがとう〜。

■ 4/1 9コンパス ライブ@新宿Red Cloth
 勢いと爆音で攻めるタマコとはこれまたうって変わって、全身の毛穴から緊張感がにじみ出る9コンパス、3ピースでの2度目のライブ。2度目にしてベースの河野さん(from セロファン)とのアンサンブルはバッチリ。相変わらず素晴らしいアプローチでベースアレンジをしてくれつつ、ロック魂充分な希有なベーシストですなぁ。イトー船長の歌もニュアンスが増し、いいライブでしたねぇぇ。私の花粉症による激烈な鼻声を除けば。

■ 4/8 タマコウォルズ ライブ@Zher the Zoo 代々木
 下北沢Club Queの姉妹店、Zher the Zooでまたまたタマコウォルズライブ。またまた、と言っても今回は前回とガラッと面子が変わってベースはセロファン河野氏、そしてオリジナルメンバーの鳥羽さんが帰ってきた!この日は何を隠そう、決めていたエンディングをすっかり忘れて全然違うことをやった私にみんながバッチリとついてきてくれる、という感動的な場面もあり、ついにバンドっぽくなってきたタマコ。間違えといて感動的も何も無いのだが。しかもステージ終わって鳥羽さんに指摘されるまでまったく気づかなかったくせに何を言う、という感じですが。とにかく一丸となってうねってる感じで気持ちよかった。対バンの松崎ナオさん、ワッフルズも面白かったし、いい一日だった。けっちゃんと私は花粉に苦しみつつ、本番中は症状が一切出ない不思議について打上げで語り合う。

------------------------------------------------------------------
 …というわけで一気にまくしたてましたが、ここまで読んでくれた方、おつかれさまでした。もっともっとたくさんの現場を抱えつつひょうひょうと過ごしてちっとも忙しそうにしてないミュージシャンの方々もいらっしゃいますが、私はこのくらいでもうかなりいっぱいいっぱい。でも全部すばらしいミュージシャンの方々ばかりとご一緒させてもらって、感動的に楽しい一か月。みなさん今後もよろしくお願いしますね。
[PR]

by mooran171 | 2005-04-19 01:46 | Live Report
2005年 04月 17日

最多記録更新

 都内某所で朝からレコーディング。一日で4曲リズムを録音、という我が人生で一日リズム録音最多記録を更新。誰と何を録音したかは追々お知らせしたいと思いますが、今日はまったく違うタイプの曲を4曲、いやはや勉強になった〜。今日は一緒にレコーディングしたミュージシャンの方々とエンジニアの方の柔らかい頭と広い心により、4曲ともそれぞれ違う音でいい感じにとれましたが、もっとドラムの音作りを勉強しなきゃいかんな〜としみじみ思った一日でございました。チューニングからドラムの皮の種類からもっと研究して自由度があがったらさらにレコーディングが楽しくなるだろうなぁと。しかし今日は楽しかった。素晴らしいミュージシャンの方々と一緒に演奏するのは何にもかえがたい喜びですな。
[PR]

by mooran171 | 2005-04-17 01:53 | Other News
2005年 04月 05日

アナログ

c0022579_3575649.jpg 数日前にアナログの腕時計をもらった。
 ここ10年ほどず〜っとデジタルの時計をしていて、アナログの時計をするのは相当久しぶり。だいたい寝坊して移動中は常に精神的に追いつめられているので、デジタルの時計の刻々とかわる数字を見ていると、「いま何時何分何秒です。ああもう何秒になりました。そして何秒になりました。」と言われ続けているようで、「ぎゃああああたすけて〜〜!!!」といってそのまますべてを捨てて逃げ出したくなることが多かった。その点、アナログの文字盤は優しい。「だいたい昼過ぎです。」とか「一日の3分の2くらい過ぎましたかね。」という感じ。「時間なんてそんな細かく追い続けるもんじゃないですよ。俯瞰で見てください。俯瞰で。」という声すら聞こえる。あああそうですね、そうですよね、と涙が出る。
 というわけで3月はあまりに忙しい上に花粉症爆発でまったく更新できなかったので、取り急ぎ近況報告。3月のライブやらレコーディングについてはおいおいアップしていこうかと。とりあえず生きていることだけお知らせしておこうかと。花粉症で苦しんでいる方々、あとちょっとだと信じて生きていきましょう。
[PR]

by mooran171 | 2005-04-05 03:21 | memorandum