Drumooran Information

mooran.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2005年 10月 31日

オフ……のようなもの

c0022579_295479.jpg

オフなんて偉そうなもんじゃないが、今日だけ予定なし。魚を死ぬほど食べる。夜は父親のDVDレコーダーに入っていた「イーグルスライブ」と「ラストワルツ」を観る。巨大な画面に巨大スピーカーでうらやましい限り。
[PR]

by mooran171 | 2005-10-31 02:09
2005年 10月 30日

そして博多の夜はふけて

c0022579_3155388.jpg

昨夜セッションリハーサルをちょこっとやって、今日は本番。さらに終演後、別の店で偶然セッションに参加させてもらう。出会いと再会とコーラとコーラとジンジャーエールとコーラと音楽と音楽と…。博多はすげぇ街だなぁ。
[PR]

by mooran171 | 2005-10-30 03:15
2005年 10月 29日

朝御飯は毛ガニ

c0022579_18252927.jpg

一人一匹。
[PR]

by mooran171 | 2005-10-29 18:25
2005年 10月 28日

空港にて

c0022579_1731699.jpg

ただいま羽田空港。福岡は博多まで謎のセッションに向かう。何をやるかもよく知らんのでスティックとチューニングキーのみ持参。空港は電話で取引してると思われるやり手風サラリーマンと修学旅行生でいっぱい。
[PR]

by mooran171 | 2005-10-28 17:03
2005年 10月 26日

青山陽一さんライブ@吉祥寺Star Pine's Cafe

c0022579_2411628.jpg■ 10月某日,多摩川沿いにあるスタジオにて,10/23の青山陽一さんのライブ用リハーサル。今回はベースのチガちゃんはお休みで,青山さんのギター&ボーカルと伊藤隆博さんのオルガンとドラムのスリーピースっちゅーかトリオっちゅーか,三人編成なので,最初はどーしたもんかと微妙にとまどう。自分はベースとのコンビネーションでドラムをたたいているんだなぁと痛感。それはさておき,2段の鍵盤+足踏み鍵盤を使いこなす伊藤さんがすごくてつい見とれてしまう。写真は,寝転んでHammondの音質を調整する伊藤さんと,試し弾きを手伝う青山さん。パッと見,間違い探し状態。

■ 翌日もまた3人で最終リハーサル。少しこういうつもりでやればいいのかなぁというのが見えたような気もしつつ,最後のおさらい。もう最後(涙)。今日は8時間リハーサルなので,いつもお腹を空かしている私に気を遣ってくれてお二人が晩ご飯タイムを設けてくれる。喜びいさんで青山さんと二人で駅方面に向かうが,その先にはここにはとても書ききれないほどの大冒険が待ち受けていた。とにかく晩ご飯を入手してスタジオに戻るまでに要した時間約1時間。ふらふらで帰ってロビーでむさぼり食っているところに,セッションリハーサルのため,泣く子も黙る,食べる子は食欲がなくなるカルメン・マキさんとギターの鬼怒無月さん登場。突然ご飯が喉を通らなくなる。セッションのリハーサルは1時間強ほどで終了。カルメン・マキさんの生歌&鬼怒さんのギター初体験により,緊張と恐怖で両手がぬるぬるに。ガー。

■ セッションリハ終了後,車をぶっ飛ばして吉祥寺へ。21時から24時までブルース研究会。てゆーかいつまで経ってもブルースを研究しないブルース研究会,この日はスペシャルゲストの鳥羽さんも入って,西池さん,河野さんと4人でソウルな曲をきゃーきゃー言いながらスタジオでセッション。個人的にはただただ楽しんでいただけで特に何も研究できずじまいだったが,いい気分で帰宅。みんながかっこよかったから良し。私はもうちょっと準備して臨まないと駄目だなぁ。しかしこの日の鳥羽さんの一言で,ベースレスでやるライブでのドラムアレンジに関する迷いが一気に吹き飛ぶ。

■ 翌日は風邪で激烈に体調を崩し,起き上がれずに薬を飲んで一日中寝る。寝まくる。仕事お休みさせていただきました。ごめんなさい。お陰で少し体調は良くなる。

c0022579_2415831.jpg■ 10/23,ライブ本番。自分のドラムセット持参してお昼過ぎに吉祥寺 Star Pine's Cafeへ。うちが近いと忘れ物をしてもすぐ取りに帰れるさ!という気持ちの余裕が持ててすばらしい。しかし残念ながらこの日は忘れ物は無し。セッティング中にマキさんと鬼怒さんが登場してまた無意味に大緊張。しかし開場後,本番前にコンビニに行こうとした青山さんが,間違えてステージに出てしまい,お客さんの前に全身を見せてしまった…と言っておられたのを聞いて大爆笑。一気に緊張がほぐれる。
  そして本番。風邪を押して鬼神のように手足を駆使してHammondを自由自在に操る伊藤さん,歌とギターというたった二つの要素だけで完璧な世界を作るマキさんと鬼怒さん,そしてマキさんや鬼怒さんに多大なる敬意を表しつつ,青山さんは歌もギターも青山節炸裂で色濃い青山ワールドでお客さん方に音楽を手渡していた。私はその中にいてただひたすら感動しながら,この感動がそのままお客さんたちにも伝わるように…と感無量でドラムをたたいていたが,途中突然「トムヤムクンが食べたい」と強烈に思ってしまう。なんたることか。まだまだ修行が足りん。
  とにもかくにも,ものすごい体験でした。珍しい友人たちが観に来てくれていたこともあり,思い出に残る一日に。青山さんにも伊藤さんにもマキさんにも鬼怒さんにも,観に来てくれた方々にも感謝の気持ちでいっぱい。
[PR]

by mooran171 | 2005-10-26 02:50 | Live Report
2005年 10月 18日

気分は張飛

c0022579_0243783.jpg■ そういえば,先日,長年の夢を果たした。横浜中華街におられる関羽兄貴にお目通りが叶ったのである。感無量。壁には毒矢がささった後に腕の骨を削って治療されながら反対の腕で囲碁だか将棋だかをやっている「名医と名患者」の絵が。涙をこらえつつ,私の生き様を見守っててくれよ,兄貴,とお願いして帰る。

■ 昨日,松尾清憲&Velvet Tea Setsのライブを渋谷Egg Manに観に行った。ゲストの杉真理さん,小泉さんが華を添えていて,エンターテインメント性豊かな楽しいライブだった。人のワンマンライブを最初から最後まで全部ばっちり観たのは久しぶりだったが,その方が演る側の作った流れを堪能できてよいなぁと思いつつ,けっちゃんの新車で送ってもらって帰る。それにしてもけっちゃんの新車があまりに部屋の中のように静かで乗ってて全然疲れないし,私も早くPresidentかCenturyに乗る日が来ないかなぁと思ったりもしたが,けっちゃんから苦楽を共にした車を手放す時のツラいストーリーを聞いてるだけで涙。絶対無理。だってねぇ。人生初レコーディング初日の帰りにBMWにぶつかってからというもの,私の音楽人生で最も長くそばにいてくれたこの愛車,手放せるはずがあろうか,いやない。

■ といいながら帰らず,ライブ前に時間をつぶそうとタワーレコードに入ってしまって安売りだったのをいいことに買ってしまったDVDがどうしても観たくなり,けっちゃんに吉祥寺で下ろしてもらって漫画喫茶で2本全部観る。Princeの2002年のライブとJames Brownの友だちたくさん呼んで来てやってる1987年のライブ。先にプリンス観てからJBを観たんだけれども,なんかこの二人が見据えた先は同じであるような気がした。あまりにかっこよく,満喫の個室でリズムとりまくり嗚咽もらしまくりで十二分に堪能して帰る。
[PR]

by mooran171 | 2005-10-18 00:34 | Other News
2005年 10月 13日

バンドは進化する

 やっぱり降りましたねぇ。雨。久々の休みでぼけっとしてるうちにどんどん時間が経ってしまいましたが,一昨日は雨の中,タマコウォルズライブ@赤坂グラフィティでございました。微妙に「やったった」感有り。なんつって。しかし珍しくこんな自信過剰な発言をしたくなるくらい楽しいライブでござった。タマコウォルズでライブをやるのはもうこれで4〜5回目?5〜6回目?くらいになると思うんだけれども,タマコウォルズという一個の生き物としてちょっとずつ進化していっている感じがして,中にいさせてもらう身としては非常に楽しい。やる度に増えて行く課題が目の前にどばーっと積み上げられつつも,それすら楽しい。サイクルズの時もそうでしたが,バンドってこうメンバーの性格とか特徴とかが絡み合って,勝手に一個の生命体みたいになって動き出すところがいいですな。そういうのが好きですな。

 しかしけっちゃんはスゴイヤツです。前日の最終リハ欠席&当日昼間にすでに一本別の現場でライブを終えた後に参戦したにも関わらず,あの対応力&集中力。すげぇなぁ〜。

 タマコウォルズ,12月に多分今年最後かと思われるライブがあるので,今回来てくれた人も来れなかった人も是非来て欲しいな〜と思います。まいどまいど,本番始まるまでどうなるかわからない緊張感を楽しもうじゃないかという方は是非。やってる側も本番始まるまでわからない。この曲はハネるのか?ハネないのか?も始まってみないとわからない。ていうか私が勝手にハネたりハネなかったり無茶苦茶やってんのに,鳥羽 さんも西池さんも河野さんもけっちゃんも「おうよしよし」って顔で上にどんどん積み上げて行ってくれる。面白くてたまりません。

 で,今日は大変久しぶりにほぼ何もない一日で,音楽聴いたりテレビ観たり昼寝したり,死ぬほどダラダラして超充電。ちょっと前に忙しい中無理矢理始めた大々的な模様替えが途中で止まってるのも見ないふりをして今日はめちゃくちゃ休んだ。あ〜明日からまたがんばるぞ〜。
[PR]

by mooran171 | 2005-10-13 01:29 | Live Report
2005年 10月 10日

タマコ最終リハーサル

 今日仕事先でギターだけの静かなインストの曲がずっとかかってて,作業をしながらぼーっと聴くにはいいなぁと思ったのだが,うちにはそういう音楽が無いなぁ。うちでいつも作業しながら音楽かけてると,気がつくと手が止まっててじっと聴いてしまってることが多いので,同時に二つ以上のことがほんとにできないなぁと思っていたのだが,音楽の種類のせいだったのかもしれん。友人の中には,大興奮しそうな音楽をかけながら論文書いたりするような猛者もいますが。みんな何をやりながらどんな音楽聴いてるんでしょうねぇ。
 夜は吉祥寺のスタジオにて,明日のタマコウォルズのライブの最終リハーサル。ここしばらくライブとかレコーディングとかリハーサルとかの合間が全部仕事でうまっててまっっっったく休みが無く,さすがに今日は仕事後猛ダッシュでリハーサルスタジオに向かう車中で,もう死ぬ,もうすぐ絶対死ぬ,と思いながら運転していたが,演奏してたらめちゃめちゃ元気になった。わっはっは〜。明日が楽しみ。雨降らないといいですなぁ。
[PR]

by mooran171 | 2005-10-10 02:19 | Other News
2005年 10月 09日

再会を祝して

■ 10/3(月)青山陽一さん Live @下北沢Club Que
 結局こちらのページではお知らせ間に合わずじまいでしたが,10/3は青山陽一さんとこの「怪しい隣人 Vol.8」でございました。これでもう3回目の隣人体験。だんだん緊張より興奮が勝ってきて,楽しむ余裕が出てきたり。といいつつ,この度もまた目も当てられない間違いを色々とやってしまいましたが,本編最後のQuick Talk〜Tragic Magic Homeの辺りなんかは,青山さん&BM'sの方々の音の温泉の中で踊っているような感じ,とでも言いますか。伝わらないか。とにかく気持ちよかった。そんで,この日のゲスト,ママレイドラグ,すごかったです。前に一度クアトロで観たことがあってその時も若いのに老練な方達だ…と思ったんですけども,今回は本編もかっこよかったし,一緒にやらせてもらったりもして,すごさが音でずおぉぉぉと伝わってきた。ボーカルの田中氏はすごい歌ですねぇ。セッションのギターバトル部分とかも後ろで見てて盛り上がりました。いい一日だった。

■ 10/8(土)青山陽一さん Recording @StStudio
 念願の鳥羽さんのスタジオでリズム録り。初めてお邪魔してきました,噂のStStudio。もうやばかった。あ,この「やばい」は若者言葉の「やばい」ですよ。あんな素晴らしい環境と音,他には無い。ダミーくんとも数年ぶりに再会。ダミーくんの写真撮ってくればよかったなぁ…と言いつつ,そんな余裕はまったく無し。てゆーかドラムを部屋のはじっこにセッティングしすぎて,終わるまでドラムから出られず。そんなことは良いとして,青山さんの曲を初めてレコーディング+エンジニアは鳥羽さん+リズムの相方はもはや私の中ではゴールデンタッグと噂の高いベーシスト河野薫氏(from セロファン)。興奮する要素がすべて揃ったこの状態で,到着直後,ドラム椅子の座る部分をうちの前の道に置いて来たことに気づく。ああ。
 しかしレコーディングは数回でどれだけ一緒に演奏する人と融合して,自分の最大限の演奏をたたき出せるかが勝負ですな。って当たり前か。初めてやる曲だったのでその辺りがなかなか難しくはあったけれども,とにかく最高の状態でドラムたたかせてもらいました。自分が叩いているリズムが気持ちよくてたまらんときと,気持ち悪くてたまらんがどうにもならんときがあって,やりながらこうも違うもんか…としみじみ思いましたな。しかしやばかった。嬉しかった〜。楽しかった〜。
 ドラム椅子は,うちの前の道で私の帰りを待っててくれた。ごめんよ。
[PR]

by mooran171 | 2005-10-09 00:12 | Live Report
2005年 10月 08日

2005/10 Live Information

2005年10月3日(月) ← 終了
「怪しい隣人 Vol.8」

Place:下北沢 Club Que
Artist:青山陽一&The BM's
Guest:MAMALAID RAG
Time:開場19:00/開演19:30
Charge:前売3300円/当日3500円(ドリンク代別途・整理番号付)
(問) Club Que 03-3412-9979

◎ ぼけぼけ,いやバタバタしているうちに更新できずじまいで,ライブが終わってしまいました…。いろいろ反省しきりではありつつも,めっちゃくちゃ楽しかったです。BM'sはBlue Mountainsの略ですよ,とMCで青山さんが言ってらっしゃいましたねぇ。そんでBlue Mountainって青山さんの「青」と「山」なんですねぇ。恥ずかしながら最近気づきました。今回のBM's は鍵盤:伊藤隆博さん,ベース:千ヶ崎学さん,そんで私ですよ。私もBM'sなのかぁ…と思って後ろでMCを聞きながらじ〜んときました。

---------------------------------------------------------------------------------------------

2005年10月10日(水)
「BOON BOON BUNKA JAMBOREE #1」

Place:赤坂グラフィティ
Artists:タマコウォルズ/ジャック達/若林マリ子 /MOVIN' JELLY
Time:開場18:30/開演19:00
Charge:前売3000円/当日3500円(ドリンク代別途)
(問) Star Pine's Cafe 03-3412-9979

◎ 明後日です!ダブルドラム,ツインギター,河野さん,という編成でお送りします。タマコウォルズ,一度は観た方がいいですよ。んで一度観たらまた観ようと思うこと請け合い。
タマコウォルズ are:
Vo&G 西池崇/B 河野薫 from セロファン,G 鳥羽修 ex. カーネーション,Dr 高橋結子 from Gomes the HitmanSUIKA

---------------------------------------------------------------------------------------------

2005年10月23日(土)
「Carmen Maki presents"Musician meets Musician Vol.1" カルメン・マキ vs 青山陽一」

Place:吉祥寺 Star Pine's Cafe
Artists:カルメン・マキ青山陽一&BM's
Time:開場18:30/開演19:30
Charge:前売3000円/当日3500円(ドリンク代別途)
(問) Star Pine's Cafe 0422-23-2251

◎ そして今月2度目の青山さんです。カルメン・マキさんと同じステージに上ることになりました。そしてこの日は青山さんと鍵盤の伊藤さんと三人編成で,ベースレスでお届けされる模様です。Star Pine's Cafeも久しぶりだし,前回にも増して楽しめるといいですなぁ〜。精進精進。
[PR]

by mooran171 | 2005-10-08 23:38 | Live Information