Drumooran Information

mooran.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2006年 01月 26日

インストアライブ@新宿タワーレコード

c0022579_495925.jpg 1/22(日)は青山陽一さんのインストアライブでした。またしてもライブレポートが遅くなりましたが。一言で感想を言うと、非常に楽しかった!!青山さんのなんとも言えない包容力オーラに助けられ、お客さんの近さにビビりつつも(笑)、楽しくやらせてもらいました。会場に足を運んでくださった方々もとても楽しそうでしたねぇ。しかし青山さんは、間近で見ているとだんだん体から手が生えてるんだかギターが生えてるんだかわからなくなってくるというか、そんぐらいギター弾いてる姿が自然で、かつしゃべると異常にフランクで、なにをしていてもとにかく気負いの無い方で、すごい人ですなぁ。爪の垢煎じてもらいたい。

 実はわたくし、パーカッションを演奏するのは数年ぶり。かつて何度か必要に迫られてやったことはあったが、全く楽しくなく(理由は9割方下手なせいだと思うが)、完全に封印してパーカッションでのお誘いをいただいても、ことごとく断り続けること数年。しかし今回はやってみてよかった〜。楽しかった〜。まぁ青山さんがいますからね。私のパーカッションはまぁにぎやかしということで、と珍しく気楽に臨めたお陰で、ただただ合奏が楽しい、というひとときでした。お店に7〜8回通って悩んだ末に購入したジャンベも、うちで叩けてとても良い。

 そして、青山さんのサイン&握手会で、私のサインまで所望してくださった希有で殊勝な方が数名おられたのだが、無論サインなどない。結局青山さんのかっちょいいサインの脇に活字で書かれたドラム中原の文字。あれは嬉しくないだろう…。すいませんでした。そしてお見舞いに京都清水寺のお守りをわざわざ送ってもらって持って来てくださった方、ありがとうございました。清水の舞台から飛び降りるつもりで治します!うおぉぉぉぉ。
[PR]

by mooran171 | 2006-01-26 04:33 | Live Report
2006年 01月 21日

訂正!!!!!!!

 さきほど更新した下記の日記で、青山陽一さんのインストアライブの日程が間違えてました!!!!青山さんのマネージャーの海原さんが速攻気づいてわざわざお電話してくださいました…。下の日記も直したんですが、もしここ数分の間にこのブログを読んでくださった方で、明日だと思ってしまってる方、いらっしゃいましたら、どうかこの書き込みで異変に気づいてえぇぇええ!!!
 インストアライブは、明後日の、2006年戌年1月22日の日曜日の14:00から、新宿タワーレコードにて執り行われます!!!ていうかもう日付的にはもう明日か!!あああややこしいい!おおお〜!!!すいません!!!!!!よろしくお願いします!!!!!!
[PR]

by mooran171 | 2006-01-21 01:17 | Live Information
2006年 01月 21日

もしもドラムが弾けたなら

c0022579_23532758.jpg■ まずはお知らせから。明後日、2006/1/22(日)、新宿タワーレコードにて、青山陽一さんのインストアライブがあります。驚くべきことに、青山さんとわたくし、二人っきりでございます。えええ??いや、がんばりますよ。がんばります。ものすごく久しぶりにパーカッションで参戦いたします。

■ で、今日はそのインストアライブのリハーサル@吉祥寺。足の手術とかなんとかで、なんと本日が今年初リハーサルなのだった。いやしかし、なんでも幸せとゆーものはなくしてみて初めてそのありがたみがわかるもんで、もうスタジオに入るというだけで感無量の喜び。ドラムじゃないのが寂しいところだが、青山さんと二人で合わせてるのがもう楽しいってもうこれが。青山さんのギタープレイも間近で見るとさらにえらいことになっている。間近で見たい方は是非、明後日新宿タワーレコードへ。14:00〜です。

■ 昨夜、今回泣く泣く不参加となったタマコウォルズのライブを観に、赤坂グラフィティへ。この足で赤坂まで車をぶっとばすのはなかなか恐ろしいものがあったが、それでも行って本当によかった…。中でやってるのと、外から見るのとではこうも印象が違うものか、、、と愕然とするほどだったが、なんとかっこいい、わけのわからんバンドなんだ、タマコウォルズ。ツインドラムの片割れのていたらくのため、独りでリズムをしょって立っていたけっちゃんの勇姿にも感涙。対バンの森川アキコ嬢もとてもいいライブで、かつメンバーがほぼ同じなのに、みんなそれぞれのバンドにバッチリ合わせて演奏し分けていて、すごかったですよ。いろいろと考えるところも感じることも多かった、有意義な夜でした。
 そんでさらに、出演してもいないのに、数名のお客さんの方々からお見舞いの食べ物を色々いただいて、こんなわたしでもこんな知らん人まで復帰を待っていてくれる(…とは別に言われてない。食べ物くれただけ)のか、と思うと、なんかこう音楽が人を伝って遠くまで伝わっていくのを感じたような、とてもありがたい、あたたかい気持ちになりました。食べ物くれた方、ほんとにありがとう(涙)。

■ そして写真は、本日、リハーサル後に、のっぴきならない用事で高速に乗ることになり、さらに帰りにのっぴきならない用事でサービスエリアに入った時のもの。サービスエリア、楽しいですよねぇ。高速に乗ったらもう全部のサービスエリアに入りたい。空港のあの浮き足立ってる感というかワクワク感に近いような、独特の空気がありますよねぇ。そんでもって、気軽に買える食べ物があちこちでちまちまと沢山売っているのがこれまた良い。

 というわけで、時系列がぐちゃぐちゃのお知らせとなってしまいましたが、ひとまず明後日、本年初ライブでございます。CD買いがてら、是非足をお運びいただけると嬉しいな、と。そんで来月のタマコウォルズに間に合うように、絶対足を治すぞ、と意気込んでいる冬の夜、でした。
[PR]

by mooran171 | 2006-01-21 00:00 | Live Information
2006年 01月 18日

驚愕の新事実

c0022579_2114783.jpg

意を決して傷を石鹸で洗うべく、ものすごく久しぶりに夜シャワーをあびてみた。寝る前のお風呂、こんなに素晴らしいものだったとは!お風呂万歳!
しかしガーゼと包帯とテープの消費量が尋常じゃない。
[PR]

by mooran171 | 2006-01-18 02:11
2006年 01月 15日

パッシブからアクティブへ

c0022579_19473482.jpg しばらくのご無沙汰でございます。もうご存知の方々も多いかと思いますが、数日前に足を緊急手術いたしましたのでございます。しかも右足首。つまりドラムがたたけないということであり、これが何ともツライ。体が資本、とはよく言ったもんで、仕事にも行けないし、もちろんスタジオにも行けないし、それどころかうちの中でヨロヨロしている具合なので、もう腹括って養生するしかないと。

 手術……なんとも恐ろしい響き。今回は手術っつーもの事体が久しぶりだった上に、手術前から化膿して死ぬほど痛かったので、こりゃあ手術は相当痛いだろう、ということで、手術前夜に映画『Morocco 横浜愚連隊物語』『Morocco 横浜愚連隊物語2』『ゼブラーマン』を観たり、待合室で司馬遼太郎著の『竜馬がゆく』(まだ5巻)を読んだりして、自らを奮い立たせたもんです。仕上げに三国志の名エピソード、関羽が肩の手術をする際に反対の手で馬良と将棋をやっていた、というのを思い出して、逃げも隠れもせんぞ、という心持ちで鎧甲冑に身を包んだような気分で手術室へ。結果、途中までは腕組みして静かにザクザク斬られてたんですが、結局最後はどうにもこうにも我慢できず、「ぎゃああああいてぇぇぇ〜!!!」と大暴れしてしまいました。いやぁ〜まだまだですな。こんなことじゃ。

 というわけで、1/19に赤坂グラフィティで行われるタマコウォルズのライブは、泣く泣く不参加となってしまい、1/30に吉祥寺MANDALA-2で行われる9コンパスライブも、具合がよければパーカッションとコーラスで出演、ということになってしまいました…(涙)。しかしタマコは4人+αの豪華ステージが観られる模様、そして9コンパスは東京ローカルホンクのドラマー、田中邦雄氏が参加する上にゲストも続々参加の予定だそうなので、どちらも是非みなさん足を運んでみてくださいよ!私も丹下段平ばりの杖姿で観戦する予定です。

 写真は、本編とはまったく関係ありませんが、まあ気合いを表してみました。私が小学校か中学校の時に自分の手を見て作った作品でございます。背景と相まって気合いが入ることこの上無し。あ、そんでタイトルはですね、手術後の患部が、ちょうど9Vの電池がすっぽり入るくらいの穴が空いているので、これからはここに電池を入れてアクティブになれということか、と。
[PR]

by mooran171 | 2006-01-15 19:54 | memorandum
2006年 01月 03日

憧れ

c0022579_20265462.jpg 新年明けて、もう三日も経ってしまいました。早いなぁ。今年は心していく所存なのに。
 年末はゆっくりテレビを観る時間のありがたさに興奮してチャンネルの回し過ぎと、唯一飲める甘酒の飲み過ぎによるほろ酔いのせいで、紅白は鳥羽一郎、前川清、和田アキ子(m-flo loves 和田)以外は全部見逃し、ミルコ vs ハント戦、ボビー vs 曙戦、共に結構盛り上がって観てたのにいずれも最後の最後で我慢できずにチャンネル回しちゃってどっちが勝ったかわからずじまい、シウバは見ようによってはちょっとタイプだ、と思ってるうちに試合が終わってもういなくなってるし、毎年しみじみ観るのを楽しみにしている「ゆく年くる年」の「ゴ〜ン…」っていう除夜の鐘の音も気がついたら終わってて、なんともしまりの悪い年越しでありました。
 そして先ほど本屋で今年の大河ドラマをチェックしていたら、原作は司馬遼太郎、さらに西田敏行、武田鉄矢などが出演。う〜む三谷幸喜も出演!するし、これは観なければ…と思いながらページをめくると、なんと織田信長役が館ひろし……(感涙)。これは一話も見逃さずに全部観ねばならん、まずは第一話を見逃さないようにしなければ。

 そしてときに、憧れ、というのはなかなか難しいもので大河ドラマのことを考えながら歩いて帰っていたら、西田敏行、武田鉄矢、三国志の張飛翼徳、バーナード・パーディなどは、見たり考えたりするだけでもうワクワクドキドキするのだけれども、別におつきあいしたい、という訳ではない、ということに気づく。どちらかというと、自分がもう西田敏行になってしまいたい。なりたくてたまらない。館ひろしとミルコ・クロコップはできればおつきあいしたい。前田利家も好きだが、別に「まつ」のことは全然うらやましくないので、たぶん前田利家になりたいに違いない。この辺の線引きが難しく、ぼーっとしているとどっちだかわからなくなってきて、間違えて館ひろしのダンディズムを学ぼうとしてしまったりするので、要注意である。
 しかし、もし努力が実って西田敏行のような人になれたとしても、館ひろしみたいな人と西田敏行みたいな人がおつき合いしているのはちょっと想像しにくいので、これがまた難しい。

 お正月ということでここ数日のブログの内容がずるずるになって来てますが、明日からはビシッと!行きますので、みなさんどうか本年もよろしくお願いいたします。本日の日記に登場されました有名人、歴史上の人物の方々につきましては、敬称を略してお届けいたしました。どうか平にご容赦いただけると幸いです。
[PR]

by mooran171 | 2006-01-03 20:29 | memorandum
2006年 01月 01日

新年明けまして

c0022579_0244616.gif おめでとうございます。
 新年早々、小話を一つ。
 古い友人のお母さんに、もう何年もの間何かにつけてお世話になっているというのに、なんのお礼もできないまま時間は過ぎ、心を痛めていた。が、先日、下北沢である小物入れが目に止まり、これは旅行をよくされるという友人のお母さんにピッタリだ!!と、鼻息荒く即購入。濃い緑に巨大なもみじが一枚大きく描かれている、和風な小物入れ。てゆーか巾着袋。
 先日その友人に会い、わくわくしながらそのお母さんへのプレゼントを託ける。しかしその時、その巾着袋の素敵さ具合を説明してるうちにもどかしくなり、包みを開けて友人に見せびらかしてしまう。ね、このもみじの柄がなんともお母さん好きそうだよねぇ、いやぁこんなに一目ぼれして買い物したのは久しぶりだよ、わっはっは、と語る私に、友人は大変言いにくそうに言った。

「これ、もみじじゃなくて、大麻じゃないかな。」

 ・・・・・・・・。そんなはずはない。いやどう見ても大麻だ、としばしディベートが続いた結果、買った店が下北沢のレゲエショップだったこともあり、俄然大麻説が有力に。しばし呆然。そんなものは絶対的にあげるわけにはいかんじゃないか。結局、友人に付き合ってもらってお母さん用に新しいプレゼントを購入、大麻柄の巾着袋は気を遣って友人が持ち帰った。

 というわけで、これが2005年の失敗納めでございました。昨年に限らず、これまでこのような失敗に巻き込んで苦労をかけてしまった私の友人、知人のみなさまに深くお詫びすると同時に、よかったらこれからもよろしくお願いしたい気持ちでいっぱいです。今年のキーワードは「迫力」です。
[PR]

by mooran171 | 2006-01-01 00:26 | memorandum