<   2006年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2006年 06月 28日

我が家にチョーさんがやってきた

c0022579_152211.jpg● 相変わらず箇条書き方式を採用中。
● 先日、吉祥寺でアップした日記、写真がでかすぎてびっくり。白くとんでてきれいに写っていないスターバックスのマーク入り電燈が、巨大な月に見えなくもない。吉祥寺なのになかなか風流ですなぁ〜。
● 昨日は、青山陽一さんのアルバムレコーディングの続き@StStudio。パーカッションダビング。ドラムの人に合わせるのに結構苦しむ…(涙)普段みなさんはこうやって私のドラムに合わせてくれているのねぇ、としみじみする。なんたる信頼関係よ。
● 晩ご飯前に自分のダビングは終了、その後青山さんのギターダビングに立ち会わせていただく。後ろから見ていると、運指がまったく見えず、静止しているよ―に見えるのにものすごいプレイが間近で聴こえる。なんとも貴重な体験よ…と思っているうちに寝てしまう。とんでもないことよ。しかし、大きい音で気持ちよい音楽を聞いていると、人間は寝てしまうのだ。たぶん。
● ブログ文化が発達しておりますな。そのせいもあるのか、みんな文章がうまい。特に私の某友人のブログは、読むたびにため息。どんなに長かろうとも読める。あと、感情を文章にするのに長けている。まだ若いのに。いや、若いからか。私なんぞはもうあれこれ考え過ぎてこんなんですわ。まぁ人それぞれスタイルも生き方も生き様も十人十色ですからね。うらやんでもしょうがないので、ただただ憧れることにしましょうぞ。
● そして先日、このお宝写真を購入。泣ける。そしてこのお宝写真を購入した日に、日本一うまいトンカツを食す。泣ける。とにかく泣ける。
[PR]

by mooran171 | 2006-06-28 02:00 | Other News
2006年 06月 20日

夏ですな~

c0022579_21115215.jpg

今日は久々の休みでコンタクトを買いにいそいそと吉祥寺へ。いそいそと出かけたわりに激しく寝坊したのでタッチの差で間に合わず。いや~疲れがたまってたんだよ、きっと!と自分で自分をフォローしつつ、タワレコやら本屋さんやらを回る。そして東急裏のスタバでお茶。おしゃれライフですな~。
しかしTシャツ一枚で外の席に長居しても全然寒くない。すっかり夏ですな。チャリに乗るのが気持ちいい季節になりました。
吉祥寺というのは大学入学時に上京して以来、ずいぶん長いことウロウロさせてもらってるがゆえに、たまにこうして独りで闊歩してたりすると色んなことを思い出して、さっきからじ~んとしっぱなし。いろんな顔が浮かぶ。みんな元気でやってるかなぁ。
[PR]

by mooran171 | 2006-06-20 21:11
2006年 06月 12日

怪しい隣人Vol.10@下北沢Club Que

c0022579_2503942.jpgあまりに色々と思うところあったのでまとまらず。
今日は箇条書きで。

● リハーサルと本番のわずかな合間にふらっと入ったスパゲティやの麺がまれに見る太さで驚愕。値段も高く驚愕。しかしうまかったのでたぶんまた行く。
● BM's鍵盤の伊藤氏から、うちの近所にもあるコープのロースカツが安くて旨い、という貴重な情報を入手。時間が時間なら帰りにでも即買って帰りたい気分。
● 入り時間からライブ終了まで、わりとずーーーっとつながっていた昨日のライブ。個人的には音のこととかいろいろ毎度毎度の反省点はあるけれども、ステージ上のすべての人の演奏にじ〜んとc0022579_374024.jpg来っぱなしで疲れを忘れる。終わった途端に疲れを思い出してわりとぐったり。
● ぐったりしてるってことは余計な力と気負いが満載だったってことでしょうな。精進精進。
● いや、終わってぐったりする前に、本編最後で足がつる。
● でも、アンコールの曲中でつったはずの足が元に戻る。これも精進のたまもの。
● いつの間にか、全然箇条書きが箇条書きたる役割を果たしていない今日の日記。
● 写真は上からリハーサル中。弦張り替え中の青山さんのギター。ここからすげぇソロがたっくさん生まれるんですなぁ。今日はどんなのが出てくるんだろうわくわく、と思いながらパチリ。
c0022579_2574596.jpg● 次の写真は伊藤さんのトロンボーンのケース。これは最終リハの時に撮ったもの。ケースもケースの中身も鍵盤のプレイもトークもすべてセンスのかたまり、伊藤隆博という人。素敵な人です。
● 3番目の写真はチガちゃん@レコーディング。写真を撮った時系列がぐちゃぐちゃで申し訳ない。レコーディング中なのに余裕の笑顔。チガちゃんと伊藤さんは、レコーディング中に二人でプレステ2で鉄拳バトルを繰り広げる、という余裕を見せつつ、ものすごいプレイを叩き出しておられた。鉄拳バトル。二人とも選ぶキャラはギャルばかり。
● 昨日のライブ本番中に、チガちゃんのプレイ&アクションを横目に盛り上がりつつも、ふと先日チガちゃんが「あのプレイ中にc0022579_2523494.jpgぐっとしゃがむ時は、お腹が痛い時」と言っていたのを思い出して、絶対嘘なのにお腹を痛がってしゃがむチガちゃんを想像して笑いをこらえるのに苦労する。
● 次の写真は、The Suzukiより、鈴木博文氏。ライブ終了後の一枚。一言もしゃべったことないのにずうずうしく写真は撮らせてもらう。慶一氏の写真は撮れずじまい。
● しかし昨日のアンコールのソロ対決、みなさんすごかったですねぇ。三人とも音もプレイもほんとに三者三様で、演奏してるのも忘れて聴き入りました。
● そうそう、ハミングキッチンのお二方もじ〜んと来るいいステージで、このままずっと座ってゆっくり聴いていたいなぁ、と思いました。しかし二人ともうますぎる。
c0022579_2524931.jpg● いつも文章が長くて自分で読み返してもう〜んと思うので、読みやすくしようと箇条書きにしてみたが、これではかえって読みヅライ。
● 困ったもんだ。
● てゆーかだんだん箇条書きの書き方がわからなくなってきた。
● 昨夜の打ち上げではとある人物の心遣いがあまりに行き届いていて涙。見習いたい。
● 最後の写真はその打ち上げの1コマ。シャッターを押すタイミング悪すぎ。おかげでふいに覗き込んだ鳥羽さんの顔が、恐怖新聞のポルターガイストのよーに。ごめんなさいぃぃぃ。
● 鳥羽さんが最近髪を伸ばし気味なのはとても素敵だと思う。
● まったくもって読みヅライ今日の日記。ここまで読破された方、おめでとうございます。ゴールです。
[PR]

by mooran171 | 2006-06-12 03:27 | Live Report
2006年 06月 04日

Coooooooooooooooool!!!

c0022579_3433778.jpg 生まれて初めてAmazonを利用した。2000年のプリンスのライブDVDにラリー・グラハムが参加しているとの情報を今更ながら入手、Amazonで探したら即発見→激安価格で購入。一昨日届いて即観ようとうちにある唯一のDVD再生機、Playstation2にわくわくしながら挿入したところ、「地域制限により再生できません」とかいう生まれて初めてみるメッセージが出て観られない。しばし呆然。

 しかしパソコンで地域コードとやらを変更することに成功、晴れて鑑賞。値段も安かったし、まぁ楽しめたらいいなぁ、ぐらいの気分で再生。すると!!まぁ楽しめたらいいなぁ…とか、そんな代物ではなかったぁ!!!ラリー・グラハムがアンコールにちょこっと出て来てセッションするのかと思いきや、ライブ全編に渡ってバンドのベーシストとして演奏しているだけでなく、本編にもラリーコーナーがあって、It's Alrightをプリンスと一緒に演奏、そこでスペシャルゲストとか言ってグラハムが盛り上げてるので誰が出てくるのかと思いきや、Sly & the Family Stoneのホーン隊登場…Everyday People→Higher。涙で画面がかすむ。Higherなんてドラムはほぼ全編タツタツタツタツしかやってないんだが、こんなライブができたら、もう一生タツタツしか叩けなくともよい。嘘。やっぱりPurple Rainみたいのも叩きたい。そして最後にRelease Yourself。あああありがとう。これをまたライブで観られる日が来るとは。しかも一緒にやってるプリンスの嬉しそうな姿に、関係ないのになんか涙が出る。

 他にもジョージ・クリントンやらレニー・クラヴィッツやらもちろんメシオ・パーカーやら豪華ゲスト満載、プリンスのヒット曲も満載、全編に渡って楽しくない訳がないお祭りなのだが、しかし何と言っても、プリンスとラリー・グラハムという世界屈指の盛り上げ屋、盛り上げさせたらこの俺様の右に出る者はおらん、というこの二人がフルスイングのステージング、これに人は涙するのでしょう。いや、知りませんが。
 ていうか私がここでこのDVDについてこんなに熱く語るのはおかしい。私だって恥ずかしい。しかしこのままだまってパソコンの電源切って寝るわけにはいかんのだ。しかし、かっこつけるのって大事ですねぇ。最後にこんな感想もナニですが。ステージに立つ者の端くれとして、こんな気分を自分にもステージ上の仲間にもお客さんにも与えたり共有したりできたらもう一生豚肉食べられなくてもよかろう。
[PR]

by mooran171 | 2006-06-04 04:10 | memorandum
2006年 06月 02日

2006/6 Live information

2006年6月10日(土)
「怪しい隣人Vol.10」

Place:下北沢Club Que
Artist:青山陽一&The BM's
Guest:The SUZUKIハミングキッチン
Time:開場18:00/開演18:30
Charge:前売3500円/当日3800円(整理番号順・ドリンク代別途)
(問) 下北沢Club Que 03-3412-9979

BM's are:
Keyboards: 伊藤隆博
Bass: 千ヶ崎学
Drums: 中原由貴

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
…というわけで、久々のライブ情報アップ。この日はレコーディング後初ライブということもあり、
ゲスト陣もまたもうすごいことになってて、楽しみですな〜。このThe BM'sのメンバーは、私が一
昨年暮れに初セッションに参加させてもらった時のメンバーであり、且つこの4人でライブという
のは実は少し久しぶりでもあり、ちょっと初心に戻ってがんばらせていただきます。みなさん是非
是非是非遊びに来てください。あああ〜楽しみ!!!

 ちょっと前の日記にも書いたりした秘蔵写真も早くアップしないともうネタが古くなる…という
か自分がどんどん何の時の写真か忘れていってしまう日も間近なんですけども、なかなかねぇ。
忙しい忙しいと言いつつ、最近借りた漫画「犬夜叉」をすごい勢いで読み進めてたり、DSのゲー
ム「どうぶつの森」を始めてみたり、なんだ、遊んでんじゃないか。しかし漫画とかゲームとかの
吸引力ってものすごいですよねぇ。もう一旦始めたら、全然寝ないでいられるとゆーか、この途中
でやめられなさ具合はなんだ。寝不足すぎて死んでしまう。

 で、この漫画を私に貸してくれたのが、鈴木晶久氏、なんですが、先月は彼のレコーディングも
やったりなんかしていたんですが、それもまた詳しくアップしようしようと思いつつ、レコーディ
ングが終了してしまいました。私がドラムやらパーカッションやらで参加させてもらったのはアル
バムのうち半分強ぐらいですけども、これは名盤ですよ。いつ発売かまだわかりませんけども、決
まり次第こちらでもお知らせしたいと思いますので、チェックしてください。ベースは盟友、旧
SPIROの黒田くんが弾いてます。残念ながらリズムを同時録音ではなかったので一緒にはできな
かったんですが、久しぶりに黒田くんのベースを聴いて彼のアクの強い独特な音符使いを思い出し
てじ〜んとしました。最近はタブラプレーヤーとしても幅広く活動している黒田くんですが、やっ
ぱりベースも弾いて欲しいなぁ。

 というわけで、お腹が空いてきたのでこの辺で。6/10遊びに来てくださいね〜〜。
[PR]

by mooran171 | 2006-06-02 04:27 | Live Information