<   2007年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2007年 09月 29日

自虐の詩

映画化!!!
これは渋谷と言えども観に行かなければなりません。
ああ熊本さん。

業田良家さんの原作漫画『自虐の詩』、サイクルズ時代に野口くんに借りて初めて読んだんですけども、以来業田作品見つけたら買っている。面白いのに気づけば涙で紙面が見えない。

しかし主人公イサオ役の阿部寛が異常にハマっている。そっくり。パンチパーマ似合う。
しかも熊本さん役がアジャ・コング。その他西田敏行がユキエのお父さん役でイサオんとこの組長が竜雷太!!!!!!好きな人ばっかし!!!涙。早く観たい。

普段ニュース&芸能に関することは一切触れないこの日記、特に意識してるわけでもないんですけども、今日は興奮のあまり勢いで。
[PR]

by mooran171 | 2007-09-29 00:45 | memorandum
2007年 09月 24日

一言言わせてもらう

c0022579_316166.jpg

歌うギタリスト達の宴ツアー、最終公演終了。打ち上げ終わって帰り道、打ち上げ会場のメニューにあったパイを注文するかどうか迷った揚句、まぁいいかとやめたツケ(?)が回って来てどうしてもパイが食べたい。しかし所持金2百円。パイを食べたらコーヒーだって飲みたい。う~む。なんとか秘策はないものかと思い悩みつつ車を走らせていると写真の彼の姿が目に入る。そうだマクドナルドのパイは100円、しかもコーヒーただ券を持っている。万歳。という訳でマクドナルドで一人打ち上げ二次会。

またしても前置きが長くなりましたが、何を一言言いたいかと言うと、今日のライブ、鈴木茂さんの物凄いギターソロ、堂島孝平さんの流石のエンターテイナーっぷり、それらを支えつつ盛り上げる伊藤さんとチガちゃんの盤石な演奏、スタッフの方々の細やかな心遣いと、私が参加したのはたった三公演とは言えツアーファイナルであることもあいまって、みなさんの素晴らしさが殊更に身に染みたわけなんですけども、何が凄かったって、途中で声が出なくなった青山さんの生き様ですよ。一文が長くて申し訳ない。自分が例えば本番中に片うでがもげたとしてあんな風に余裕の対応ができるのかと。いや例えがちょっとズレてますが。しかも「くっそ~っ!」って声が聞こえてきそうなギターソロ。あんな青山さん見れただけでも今日のお客さんはめっけもんですなぁ。
そんな中必要以上に感無量になったワタクシはと言えば、音が聞こえてくるほどぐるんぐるん空回った揚句ポカを連発しとりましたが、ある種燃え尽きはしました。こっからまた山のような課題を抱えて来月のタマコと三匹に向けて再スタートですよ。
というわけで、ご来場くださったみなさんも本当にありがとうございました。いろんな人の生き様を垣間見て胸がいっぱい。参りました。ごっつぁんです。
[PR]

by mooran171 | 2007-09-24 03:16
2007年 09月 22日

人間としての重さ

 最近、自動ドアが開かない。手で押さなきゃいけないやつを押してない、というわけでもなく、前に立ったら開くはずの自動ドアの前に立っていくら踏ん張ってもじだんだ踏んでも開かず、そのうちドアの向こうで珍妙な動きをしている私に気づいた中の人が走って開けに来る、というのが立て続けに3回(コンビニ→コージーコーナー→コンビニ)。もしや何かが無くなって来てるのか!!?とビビる今日この頃。

 そんなことはさておき、9/15のタマコウォルズ主催『第三次マダラ紛争』にお越しくださったみなさん、ありがとうございました!!!楽しんでいただけましたでしょーか。ゲストの西村哲也バンドのみなさんのステージを観てぐおーっ!!とテンション上がって臨んだ本番、個人的にはあんなこともこんなことも布団かぶってわーっ!と言いたい点満載でしたけども(そんなことばかり言ってる人生ですが)、そんなこと関係なくみなさんのお陰でいいイベントになったなぁ〜と思っております。いやはや。最後のセッション、飛び入り参加してくれた青山さんも突然出て来てさすがのギターソロを披露してくれたし、楽しい夜でした。来月は10/19にThe Ma'amのイベントに出演致します。渋谷Chelsea Hotelにて。詳細はまた後日。

 c0022579_3183840.jpg写真は17日の塩谷達也 presents 『Gospel Experience!』の本番前にmotion blue yokohamaのテラスから撮った景色。夕暮れ時でむちゃくちゃ空が綺麗だった。ご飯もうまかった。出演者のみなさんのもの凄いパワーが本番ステージ上で爆裂してました。ゴスペルを演奏する機会なんてそうそうないんですけども、だいたい本番でメインで歌っている人やバンマスが曲の構成をその場で指示してどんどん進んでいくものらしく、スリリングで感情のこもったワクワクするステージでした。またあるといいですねぇ。





c0022579_342483.jpg 19日は三匹の写真撮影。この写真は先日の初ライブの時のものですけども。同じカメラマンの新井卓氏が撮ってくれました。撮影は早々に終了しつつ、その後流れで池田氏に連れてってもらった店が凄かった。魚がうまくてテレビは相撲でオヤジさんはオットコ前、という極上体験目白押し。

 そしてついに「歌うギタリスト達の宴」ツアーファイナルですよ。明後日ですよ。23日。西池さんはこの夏の想いを込めて恵比寿に向かう、と言っていたので、ワタシも真似してこの2007年夏の締めくくりっちゅーことで渋谷に向かいたいと思います。
[PR]

by mooran171 | 2007-09-22 03:52 | Other News
2007年 09月 14日

時は風のように

過ぎて行きますなぁ。
 特に先月今月はいろんなジャンルのことが立て続けに起こって、気づけば今年も残すところあと三カ月とちょっと。人生はあっと言う間だなぁなんてことを考えるような歳になって来ました。心残りのないようになんてこたぁ絶対に無理なんですが、悪あがきして一個でも多く「ありがとう」とか「こんにちは」とか「にくいねぇ」とか言えるように時間を過ごしたいものです。
 なんつって詩的なような意味不明なようなひとことで幕を開けたロマンチックな今日の日記ですが、お知らせと備忘録もろもろ。順不同。思い出した順。

● 9/13(木)
 タマコウォルズ主催イベント「第三次マダラ紛争」@赤坂グラフィティが、明後日に迫り来る。本日リハーサル3日目。リハ終盤は体力の限界を超えたまま時間が過ぎてゆく。久々のタマコはやっぱり怒濤のラインナップで攻めてくる。いや私も攻めてる側。攻めますよ明後日は。しかし今日のトバさんは凄かった。いやいっつも凄いけど、さらに。

● 9/12(水)
 タマコ紛争の翌々日、motion blue YOKOHAMAで行われる塩谷達也プレゼンツ「Gospel Experience」の最終リハーサル。塩谷さんは大学の先輩なのでかれこれもう15年以上(微妙にぼやかす)の付き合いになるけれども、とはいえこの度数年ぶりに再会、そしてゴスペルを演奏するのも数年前に塩谷さんのツアーでやって以来。凄腕のシンガーズが一斉に天に向かってぐわあ〜〜〜っと歌いまくるので、それはそれはすごい音圧と気圧。そして楽しそう。本番は彼らと一緒に何も考えずに楽しくやれたらいいなぁ。

● 9/8(土)
 「歌うギタリスト達の宴」ツアー2日目。事前に騒ぎまくった福岡凱旋。特に地元の知り合いに温かく向かえられた訳でもなく、家族が駅のホームで旗をふって待っててくれた訳でも全くないにも関わらず、福岡にいるのに隣に青山さんがいるという不思議、幼少時に利用し倒した西鉄(バス)の方が「どうもどうも」とか私に言っているという不思議、ライブ会場のあるビルの前で見上げると信号には「中洲」とか書いてあるという不思議、とかもういろんな不思議がいっぱい攻めて来て、訳のわからん精神状態に陥ってましたが、ライブはこれまた大阪とは違った感じで、楽しかった。個人的には父が友人と見に来てくれてましてそれが異常な発汗を誘い、エラい緊張しましたけども、フロント御三方+バンドのみなさんは素晴らしくかっこよかったですな。最終公演が楽しみです。もう最後かと思うとちょっと寂しいですが、せっかくツアーファイナルだし、東京ならではな感じのライブになるといいですねぇ。がんばります。
 あ、福岡だ中洲だと大騒ぎしてる割に私は小倉出身なんですが、博多はちょくちょく遊びに来てたり中洲に父親の店があったりとまぁなじみ深い土地であるので…っていったい誰に言い訳してんだろうか。うーむ。

● 8/26(日)
 西荻ロックフェス「YANASONI」に『三匹』として出演。三匹のうちの最後の一匹はメスでした、とかどっかで書かれてたりもしましたけども。最後の一匹とか言われるとなんかちょっと嬉しいじゃないスか。この日もこれまたいろいろと個人的に感慨深過ぎて全部書いたら絶対誰も読む気がしないくらい長くなるので書きませんけども、いろんな古くからの友人やら歳の離れた友人やらが見に来てくれて、知らない人ともいっぱいしゃべって、すんごいかっこいい人ともいろいろ出会ったりして、西荻はなんとも不思議な街だなぁと思いつつ、非常にいい気分で帰りました。打ち上げにもの凄い人がいたな。誰だったんだあれは。

● 8/8(水)
 「サンシャイン・デイズ」のサントラレコーディング。プロデューサーの黒沢秀樹氏からお話をもらって、何のレコーディングなんだか詳細を理解しないまま曲だけ取って現場に向かうと、この日のバンドはギターがママレイドラグの田中氏、ベースがCouchの中條さん、鍵盤がYANCYさん、と顔見知りだったり一緒に演ったことあったり、ニアミスだったり、という方々ばかりで、さらにエンジニアは以前セロファンやタマコを録ってもらったりしたことのある方だったりしてびっくりしつつ、スタッフの方や黒沢さんに今日は何のレコーディングなのかを何回説明してもらってもわからず。未だわからずじまい。難しい。そんなことはさておき、内容は豪華なボーカル陣も含め、みなさん流石。

● 7/29(日)、8/16(木)
 政風会レコーディング。まさかそんなことになるとは10年前の自分は思っていなかったよなぁ。というより7/20まで思ってなかった。びっくりした。
 びっくりしたままスタジオへ行き、直枝さんと鈴木博文さんがいて、ほんとだったんだなぁ、と思う。ベースの小里さんを見て、コレクターズの人がこんなところに。とか思ってるうちにあれよあれよとレコーディングは進み、一期一会な演奏を大事にしたディレクションのお陰で、私は緊張と興奮で頭が真っ白なまま、いい気分で帰宅。みなさんさすがですなぁ。私が言うのも非常にナニですが、お二方それぞれの持ち味炸裂の曲を持ち寄っておられレコーディングされておられました。私が参加させてもらったのは全体の2/3くらいで、全体像は全然まだ知りませんが、降り幅の大きい、長く聴き続けられる素晴らしいアルバムになると思いますよ。って私が言うのもナニですが。早く聴きたいなー。

…なんとかスルーしてきた出来事を書き残しておこうと書き始めたらこれまたえらい長くなりましたなぁ。そしてあっと言う間にこんな時間(涙)。寝よう。ひとまず明後日のマダラ紛争、来てください。是非是非是非。
[PR]

by mooran171 | 2007-09-14 04:55 | Other News
2007年 09月 08日

ついに完成!!!

c0022579_4453993.jpg タマコウォルズの音源第2段、「DOGEAR ERA」がついに完成いたしました!!!
 本当は9/15のタマコウォルズ主催イベント「第三次マダラ紛争」@赤坂グラフィティにて販売開始なんでございますが、この度、タマコメンである西池崇氏とワタクシがそれぞれ直前に遠征するということもありまして、各会場にて先行販売致します!!
 といいつつ、このブログを見てくださっている方で福岡在住の方がいったいどのくらい(さらにそして明日のライブに来る予定の方がどのくらい)いるのかは皆目検討もつきませんが、明日、ていうかもう今日、「歌うギタリスト達の宴」ツアー福岡公演@福岡Gate's7にて、ワタクシ自ら公演修了後に売る所存です。詳細は以下の通り:

1.灰になるまで
2.シナンノワザ(Dogear MIX)
3.EDEN
4.LOVETTA(Dogear MIX)
5.CIRCLE
全5曲 1,000円です。
シナンノワザとLOVETTAは前回のシングルに入っていましたが、少し変わってますよ〜
何が変わったかは聞いてのお楽しみに!!(commented by トバさん)

 てなわけで、公演修了後なるたけウロついている私をとっつかまえてお買い求めください。
 というわけでですね、昨夜遅くにタマコリハからCD持って帰って来て、遠征の準備が終わったのが今。もう空が白々と…(涙)
 ではみなさん、福岡でお会い致しましょう〜。
[PR]

by mooran171 | 2007-09-08 04:55 | Other News
2007年 09月 06日

怪談

すみません(涙)
下記のツアー情報「歌うギタリストの宴」の東京編が「棟強編」になってました。
まさに驚きの毎日ですな。

 驚きの毎日と言えば、昨夜うちの駐車場から玄関先まで歩きながら鳥羽さんと電話でもろもろ打ち合わせつつ、階段昇ってまさにうちの玄関のドアの真ん前で、立ち話を続けておりました。
 この辺りは野良猫が異常に多いので、猫の鳴き声が聞こえるなんてことは日常茶飯事なのです。その時も猫の声がしているのは気づいていましたが、また近所の荒くれ猫軍団が表の道でケンカでもしてるんだろう、と無意識にそう思いながら電話を続けていました。その時、鳥羽さんがふいにこう言ったのです。

「猫がムーさんに何か言ってるよ」

え。何を言ってるんですかトバさん。と言いながらふと目を落とすと、足下のすぐ近く、階段を昇り切ったところで、こっちに向かって一匹の猫がものすごい声で何やら叫んでいるではありませんか。

ひいいいいいいいいい。

近所に猫はたくさんいますが、この猫は階段を昇ってうちの玄関の前までわざわざやって来て、私の目を見て何かギャーギャーと、まさに訴えているのです。その様子を見てひたすら固まる私にヤツはにじり寄って来て、足の周りをグルグルと回る。

ぎゃああああああああ。

 恐怖のあまり階段を駆け下りると、その猫ももちろん下までついて来ました。そしてまた足の周りをぐるぐると回る。ちなみに左足。ホラーでした。
 普段私は動物好きな方です。カエルを見つけると頭をなでます。動物じゃないけど。しかも向こうは見てとれるくらい嫌がっているけど。猫だって、犬には勝てませんがまぁかわいいヤツ、と道で遊ぶこともしばしば。しかしこの日は何やら異常な感じがしたのです。
 どうすれば見逃してくれるのか皆目わからんので、ひとまずカバンに入ってたメンチカツをちぎってあげてみました。ちぎり方がでかかったらしく、食べづらそうで、

「チッ」

って顔をされました。しかし頑張ってその一切れを食べ切ると、颯爽と夜の闇に消えていったのです。

 思いつく限りの物語調でお知らせしてみました。まぁ、結局激しく腹が減っていた猫に、カモにされたという話です。しかし何が恐いって、突然「猫がムーさんに何か言ってるよ」と言った鳥羽さんがいちばん恐い。ああ恐い。鳥羽さん、動物とか植物とか歴史上の人とかとも話せそうだもんな。ああ恐かった。夏の終わりに、極上の怪談体験でございました。
 しかし本当は、いつまで経っても誤植無しにライブ情報がアップできず、東京が棟強になってるほうがよっぽど怪談だ。ああ恐い。
[PR]

by mooran171 | 2007-09-06 04:19 | memorandum
2007年 09月 05日

祝ライブ情報更新

 ついにライブ情報を更新いたしました。これまで詳細をちゃんと更新されないまま、当日に適当な写真とともにここに掲載されたライブたちに申し訳ない…涙。
 しかしやはり何時間もかかるんだなぁこれが。要領悪し。うーむ。
 とにかく9月は毎週末ライブです。歌うギタリストの宴ツアー、タマコの第三次マダラ紛争、そしてゴスペルライブと、これまたそれぞれ全然違う趣向の音楽ですねぇ。タマコは或る種試練の場なのでまっっっっったく気が抜けないんですが、また別の意味でそれ以外の二つのセッションではこれまた結構自分の限界に挑戦したりしてなかったりで、体作りもちゃんとしないといかんなぁと思っております。やはりビリーの助けを借りるか。関係ないか。

 先月から今月にかけてちょこちょこレコーディングにも参加したりタマコのレコーディングもあったりで、もろもろ書きたいことは山のようにあるのだが、ライブ更新しただけでやっぱり力尽きて今日は寝る。次こそは。
[PR]

by mooran171 | 2007-09-05 03:45 | Other News
2007年 09月 05日

9月 Live Information

9月September-------------------------------------------------------------------------

「Root is One〜歌うギタリスト達の宴」

Artist:青山陽一鈴木茂堂島孝平
Musicians(The BM's):Key 伊藤隆博, Ba 千ヶ崎学, Dr 中原由貴

〜大阪公演〜
Date:2007年9月1日(土)
Place:大阪Shangri-La
Time:開場18:00/開演18:30
Charge:前売4200円/当日4500円(整理番号順、スタンディング、ドリンク代別)
(問) 大阪Shangri-La 06-6343-8601

〜福岡公演〜
Date:2007年9月8日(土)
Place:福岡Gate's7
Time:開場18:30/開演19:30
Charge:6500円(全席自由、スペシャルプレゼント付)
(問) 福岡Gate's7 092-283-0577

〜東京公演〜
Date:2007年9月23日(日)
Place:Shibuya DUO music exchange
Time:開場17:30/開演18:30
Charge:前売4200円/当日4500円(整理番号順、全自由、ドリンク代別)
(問) Shibuya DUO 03-5459-8716

■ すでに大阪公演は無事終了いたしましたが、今週末に福岡、そして一週末空いて次の週末にはツアーファイナル、東京公演が控えております。しかしやる場所とライブハウスとその場にいるお客さんと、ステージ上のみんなの体調と精神状態と…で3日ともまたそれぞれなライブになるんでしょうなぁ〜。遠回しに全公演いらっしゃったらいかがかな、と言っているのでした。はっはっは。いや、一公演無事終了したからと言って余裕ぶっこいてる場合じゃありませんな。次は福岡だー!!てなわけで頑張ります。

------------------------------------------------------------------------------------

2007年9月15日(土)タマコウォルズ ライブ
「第3次マダラ紛争」

Place:赤坂グラフィティ
Artist:タマコウォルズ
Guest:西村哲也バンド(Bass 大田譲(From CARNATION)、Keyboards 伊藤隆博、Drums 夏秋文尚
Time:開場18:30/開演19:00
Charge:前売2000円/当日2500円(1ドリンク別)
(問) 赤坂グラフィティ 03-3586-1970

■ 歌うギタリストの宴ツアーがポコッと抜けている週末、9/15にタマコウォルズイベント「第3次マダラ紛争」があります!!ちょっと久々のタマコですよ。タマコ音源の新作「DOGEAR ERA」も会場で販売いたします。この日のゲストは西村哲也バンド!!ってことで盛り上がりますなぁ〜。西池さんはその前後の週で一緒にステージに立っているカーネーション大田譲氏と、ワタクシは同じく今月ほぼ毎週末一緒にステージに立っている鍵盤伊藤隆博氏と、この日は別バンドで相見える、ということもあったり、久々の我が家でどう戦うか!?(我が家で戦う?)なんて個人的にはいろいろ楽しみです。楽しみだったり襟を正したり大忙しです。みなさん是非是非観に来てくださいねーーー!!!すごい夜になると思いますよ。

------------------------------------------------------------------------------------

2007年9月17日(月・祝)塩谷達也 ライブ
塩谷達也 presents 「Gospel Experience!」

Place:motion blue yokohama
Musicians↓↓
 Vocal:塩谷達也Olivia Burrell山根圭織、高森美和、スペシャルクワイア
 Bass:堀木健太
 Keyboards:佐藤五魚
 Guitar:佐藤主一
 Drums:中原由貴
Time:開場18:00/開演19:30
Charge:3675円(税込)
(問) motion blue yokohama 045-226-1919

■ 同じく歌うギタリストの宴ツアーの合間に、コチラのライブも。ワタクシの大学時代の先輩であり、もの凄く魂のこもった歌と人柄でゴスペル界を自由自在にかけめぐる塩谷達也氏率いるゴスペルバンドが、motion blue yokohamaでライブを行います。しかしこれ、motion blue yokohamaって、行ったことあります?エラい事になってますなココ。豪華客船でクルージングした後にライブを観る、なんてコースもあるらしい。チケットSold Out間近な模様ですので、興味のある方は是非お早めに。先日第一回目のリハーサルが終了しましたが、バンドもさることながら、やはりあれだけの歌声が束になってかかってくるともの凄いです。
 で、この日は実は下北沢leteで三匹(二匹)のライブもやっとりますんで、コチラも是非。ってどっちもは無理かぁ〜〜。
[PR]

by mooran171 | 2007-09-05 03:17 | Live Information
2007年 09月 01日

やばいまずいおそい

ども。涼しいですな。先日汗が汗がと散々騒ぎ立てたら急に涼しくなりました。
よかったよかった。
しかし暑い暑いと文句言っておきながらナニですが、暑いのも夏も結構好きなので、夏の終わりを感じさせるこの涼しさがこれまた寂しさを誘いますなぁ〜。
もうあっと言う間に9月です。そして、スケジュールをアップしないままダラダラと過ごしているうちにあと数時間で大阪に旅立ち、「Root is One〜歌うギタリスト達の宴」ツアー初日でございます。いやはや、またしてもギリギリになりましたが、とりあえずツアーのスケジュールです。

■2007.9.1(sat) Flowers Land presents
「Root is One〜歌うギタリスト達の宴」〜大阪公演〜
Place:Shangri-La(大阪)
出演:青山陽一, 鈴木茂, 堂島孝平
Musicians(The BM's):Key伊藤隆博, Ba千ヶ崎学, Dr中原由貴
Open:18:00 / Start: 18:30
前売り:¥4,200 / 当日: ¥4,500-
*整理番号順・スタンディング・ドリンク代別途

■2007.9.8(sat) にしてつバス「ひるパス」presents
「Root is One〜歌うギタリスト達の宴〜」〜福岡公演〜
Place:Gate's7(福岡市博多区中洲3-7-24 Gate'sビル7F)
出演:青山陽一, 鈴木茂, 堂島孝平
Musicians(The BM's):Key伊藤隆博, Ba千ヶ崎学, Dr中原由貴
Open: 18:30 / Start:19:30
Ticket Charge: ¥6,500-

■2007.9.23(sun) Flowers Land presents
「Root is One〜歌うギタリスト達の宴」〜東京公演〜
Place: Shibuya DUO music exchange
出演: 青山陽一, 鈴木茂, 堂島孝平
Musicians(The BM's): Key伊藤隆博, Ba千ヶ崎学, Dr中原由貴
Open: 17:30 / Start: 18:30
前売り: ¥4,200 / 当日: ¥4,500-
*整理番号順・全自由・ドリンク代別途

そしてさらにこのツアーの合間にタマコウォルズのイベント「第三次マダラ紛争」やら何やらかにやらいろいろもろもろあったり、ついにタマコウォルズの音源第2弾が各ライブ会場にて販売されたり、三匹の次のライブもバタバタ決まってたり、久しぶりに塩谷達也氏のゴスペルライブ@Motion Blue横浜に参加決定などお知らせすることは山のようにあって、山のようにあるんですが、気がつくとこんな日のこんな時間。もう大阪行きの準備しなきゃぁ〜っっっってなわけで、また向こうからお知らせ致しますので、チラチラこちらを覗いてもらえるとありがたいです。

というわけで明日から始まる「歌うギタリスト」ツアーですが、9/8は福岡公演でして、ワタクシ音楽活動を始めて以来、初めて故郷に凱旋するわけなんですけども、いやはや感慨深し。青山さんありがとう。故郷のあんな人にもこんな人にも会いたかったり見に来てもらいたかったりするのですが、元来の筆無精&ずぼらな性格により、ほぼ誰の連絡先もわからず。涙。万が一このブログを見てくれてたりする人はいないと思いますが、もしたまたま見つけた方などいらっしゃいましたら、このコメント欄にでも書き込んでいただけたらなぁと思います次第でございます。

では、ひとまず大阪へ行って参ります。アディオス。
[PR]

by mooran171 | 2007-09-01 02:33 | Live Information