Drumooran Information

mooran.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2008年 05月 27日

プレゼント

 ブログで自分の誕生日が大好きだ!などと書いてしまったためにそれを読んでくださったと思われる方々からたくさんお祝いの言葉やらプレゼントやらいただいてしまってなんともはや…と思いつつ、大変嬉しく思いつつ、なんでこんなに自分の誕生日好きなんだろうかと考えてみましたところ、昔熱が出たら好きな漫画買ってもらえた、みたいなのとちょっと近いのかなと思ったり。別にもうこの歳になると誕生日だからと言って何の免罪符にもなりゃあしないんですが、なんかどうも誕生日というだけで全世界が自分にオールOKを出してくれているような(笑)そんな気分になるんですよねぇ。なははは。てなわけで、誕生日に飯田橋で歩きながら食べた中華料理屋の肉まん。
c0022579_3494223.jpg

c0022579_3505364.jpg そしてリクエストがあったので、先日のムーナカハラ&ポン引きプッシャーマンズの時のレニクラ河野氏とセットリストでございます。
1. Knock on Wood(Eddie Floyd)
2. Tuesday Heartbreak(Stevie Wonder)
3. Ain't No Mountain High Enough(Marvin Gaye & Tammi Terrell)
4. Let's Stay Together(Al Green)
5. Superfly(Curtis Mayfield)
6. If You Want Me to Stay〜Stand〜Thank You(Sly and The Family Stone)
 せっかく念願のあんな曲もこんな曲もカバーしたので、この体験を今後に生かそうと、ソウルナイト終了後も改めていろんなものを聴いてみたりとかしてるんですけども、やはりただぼけーっとかっこいい〜とか言って聴いてるのと、リハーサルに向けてやらなきゃいかん!と思って真剣にからくりを研究しつつ聴くのとは大違いで(てゆーか普段からやれ、という話なんですけども)、そういう意味でもこの度のポン引きはとても有意義な場でありましたなぁ。タマコライブで必ずやるカバーとかもそうなんですが。せっかくだからこういうときに研究していこうじゃないか、と今日もリハ帰りに河野さんと話しつつ襟を正しつつ、そういえば20歳の誕生日には、自分にプレゼントということで、今日中に2つ打ち(ダブルストローク)ができるようになろう!と大学のサークルの部室で丸一日1人死ぬほど練習したなぁ…というのをさっき思い出しまして、昔の自分に恥ずかしくないよーにがんばらにゃあいかんのぅ、と初心に返る。

 そしてプレゼントと言えば、ライブで見に来てくれた方々にたまに差し入れ的なものをいただくのだが、なんでみんなこんなに上手なんだ差し入れが!!と毎度舌を巻くことこの上なし。以前サイクルズ時代にボーカル森川嬢(彼女は差し入れの天才であった)がお菓子作って来てくれたり、ベースまっくがこれまた渋い和菓子などを買って持って来てくれたりする中、さすがにいつも手ぶらじゃいかんだろ、と思ってレコーディング期間中に数日悩んだ挙げ句、考えすぎて精神的に追い詰められ、なぜか卵タルトを10個買って行ったんですけども、その日に限って多くの人々が豪勢な差し入れを大量に持って来ていて、とてもじゃないがこんな中にコンビニの卵タルトなんか出せるか!という空気。時間差で出そうと一度引っ込めるとその後もタイミングを逃がし続け、そのうちお腹が減って来て卵タルトをカバンから出して一個食べ、二個食べ…もう結果はおわかりでしょうが、帰るまでに全部1人で食ってしまったのであった。
 という恐怖の差し入れ経験により、もともとあった苦手意識がさらに倍、上手な差し入れをする方を見るとうーむ素晴らしいセンスの方だ、とチャールズ・ブロンソンのような表情で見つめてしまう。

 とか書くと誕生日おめでとう催促の次は差し入れ催促か!?てな風にも解釈できますが、その辺はご想像におまかせします。嘘です。催促ではありませんもちろん。ちなみに甘いものも辛いものも好きです。
[PR]

by mooran171 | 2008-05-27 04:19 | memorandum
2008年 05月 24日

漁師じゃなくて売人たちの夕べ

c0022579_955349.jpg

 ぽん引きプッシャーマンズ公演終了。お誘いくださったモナレコーズ田丸さんとつき合ってくれたプッシャーマンズたちに心から感謝しつつ、階段でスライ風に写真撮影。プッシャーマンズですよ。フィッシャーマンズじゃありません。

 夜中で帰れないの決定だとゆーのに足を運んでくださった方、本ッッ当にありがとうございました。しかしあんな開衿な青山さんもあんなレニークラヴィッツな河野さんもあんな男前シャツな鈴木くんも、たぶん他では見れないでしょうヌハハハハ!

 こんな阿呆日記ですいませんが、今日はここまで。大編成のモナバンド始め対バンのみなさんのこととか超久々のオールナイト体験についての一考察とかもろもろあるんですが、今日はここまで。取り急ぎお礼まで。
[PR]

by mooran171 | 2008-05-24 09:42 | Live Report
2008年 05月 23日

ぽん引きフィッシャーマンズ

2008/5/23(金)
mona records soul night
 ticket 1500yen
 open&start 0:00
 place 下北沢モナレコーズ(03-5787-3326)

「ムーナカハラ&ぽん引きフィッシャーマンズ」(深夜1:00〜出演予定)
 青山陽一(Vo.&G)
 鈴木晶久(Vo.&G)
 河野薫(B)
 中原由貴(Dr)

 本日深夜、一夜限りのぽん引きフィッシャーマンズが下北沢モナレコーズに見参いたします。わたくし、人生初バンマスでありまして、とはいえ「どうします?どうします?」とかいってヘラヘラしながらみんなに連絡取ってるだけで、結局は青山兄貴がすべてをまとめてくれているんですけども、この度、モナレコーズから『ソウルナイト』のお誘いをたまたまいただいて、ソウルファンクと言えば…という面々に声をおかけいたしましたところ、みなさん快諾してくれた上に極上の協力体制で、感動に打ちひしがれる私をよそにサクサク事は運び、曲も決まって先日無事リハーサルも終え、ついに今日は本番。あっという間に散ってしまう夜桜銀次のようなカッコイイパフォーマンスを目指してるんですけどもどうでしょう。たぶんこの世の誰よりも明日を楽しみにしているのは私でしょう。15〜6年越しくらいで、何かカバーをする機会がある度にやろうやろうと持ちかけてはみたものの、一度も実現しなかったある曲がありまして、それを明日はついにやるのである。おいおいおい(涙)リハーサルも時間がないのでわーわー言いながらあっという間に終わってしまいましたけども、ソウルキングの青山さんはもちろん、若き若年寄(趣味が)鈴木晶久くんも非常にすばらしい。私はこの2人がステージで並ぶ日が来るのを実はだいぶ前から楽しみにしてたんですよ。そんな2人のバックをタマコ河野氏と共に務めさせていただきます。
 いやしかし青山さんをよく知っている方にも鈴木くんをよく知っている方にも、大変レアな一夜になると思いますよ〜。私にとったってあんな2人を見れるのはめっちゃレアです。しかしなんてったって深夜1:00スタートなもんで、是非遊びに来てください!と無責任なことは言いづらいですけども、夜更かし平気な方、翌日特に大丈夫なんで始発で帰れるぜ、という気合い入ってる方、もしくは電車のがして帰れなくなった方などは是非ともおいでください。
 ちなみに、バンド名を2秒で考案してくれたのは青山さんです。一瞬モナのページに「青山陽一バンド」となってましたが、本番前日にしてぽん引きのほうも日の目を見ることができましたな〜。
 そんなこんなで長くなりましたが、事前に騒ぐと本番とんでもないポカをやらかす癖があるのであまりでかいことは言わず、謙虚な心でメンバーの胸をお借りしつつ、楽しんで来たいと思います。いや〜楽しみで眠れん。
[PR]

by mooran171 | 2008-05-23 05:15 | Live Information
2008年 05月 22日

ライブライブライブ!

 …というタイトルでエディ・マーフィが1人でひたすらステージ上でしゃべりまくる、というビデオを昔飽きるほど観た。何回観たことか。観たことない方は是非。しゃべるだけであれだけ人を惹きつけるってのは凄いですなあ。というわけで、今月はタマコのマダラ紛争終結から三匹祭りからタマコ初遠征からいろいろありましたが、この後もまだまだ続く。詳細をアップする元気は今のところないので、ざっと書くと以下のとおり。

5/22(木) 三匹@渋谷O-nest
5/23(金) 青山陽一バンド@下北沢モナレコーズ
5/25(日) ソフテロ@赤坂グラフィティ
5/28(水) ナンバキイチロウバンド@横浜7th Avenue

 しかし遅くなりましたが、第2回三匹祭りに足をお運びくださったみなさん、ありがとうございました。個人的にも非常に楽しみにしてたイベントでして、和鷲のソーラン節に鳥肌を立て、ハリフさんの馬頭琴で開いた口が塞がらず、トミーのピアノ弾き語りに涙し、三匹(たまに四匹)コーナーでは前の三組にもらったパワーをどかーんと爆発…させるつもりが若干個人的には気合いがカラ回ったりもしましたが、大変楽しい夜になりました。ゲストのみなさん、駆けつけてくれたみなさん、マン2の方々にも大感謝。ああいうライブハウスでやるにはある種キテレツなイベントを興味深く観てくれたお客さんたちも非常に懐が深いなあと感心&感謝しつつ、終演後は祭りの時は恒例となりつつある沖縄居酒屋で打ち上がる。機材の積み降ろしを終えて遅れて到着したワタクシめのために二匹が注文しといてくれたソーキ蕎麦が沁みた。うまかった。

 そして自分の誕生日で激しく舞い上がったわりに肉まん食べた以外はなんのこたぁない一日を過ごしたり、タマコウォルズ初京都遠征があったり、今日は青山陽一バンド、又の名を「ムーナカハラ&ぽん引きプッシャーマンズ」のリハーサルだったりといろいろあって書きたいこともたくさんあるんですけども、眠いので取り急ぎ明日に迫った三匹ライブの詳細はコチラ。

<三匹ライブ>
2008.5.22(木)@ 渋谷 O-nest
開場 18:30 / 開演19:00
前売 2000円 / 当日 2500円(+1Drink)
O-nest http://shibuya-o.com/
TEL 03-3462-4420

 そして23日夜のソウルナイトのぽん引きの出演は深夜1:00〜の模様。ちなみにメンバーはVo&G.青山陽一、Vo&G.鈴木晶久、B.河野薫、Dr.わたくし、で、ソウルカバーずくしです。一夜限りのこのぽん引きへの私の熱い思いは語りつくせないほどなんですけども、それはまた後日、せめて本番前には…と思っておりますが今日はこれまで。
[PR]

by mooran171 | 2008-05-22 03:56 | Live Information
2008年 05月 18日

京都到着

c0022579_15342350.jpg

二台に分乗して京都到着。ちょっと早めに着いてけっちゃんがビビっと来た定食やさんに飛び込む。巨大だし巻き卵付きブタ汁定食超うまい。
これから拾得入りです。


西村哲也/タマコウォルズライブ@京都拾得
2008年5月18日(日)
18:00オープン19:00スタート
2000円
[PR]

by mooran171 | 2008-05-18 15:34
2008年 05月 06日

マダラ終了→第2回三匹祭り

 昨日、赤坂最後の戦いにお越しくださったみなみなさま、どうもありがとうございました。実はやってる方より見てる方が長丁場は大変なんじゃないかと思ったりもしつつ、楽しんでいただけたらよかったんですが。私は史上最強に楽しいライブでありました。本当に最初っからアンコールの最後の曲の最後の音が消える瞬間までずっと楽しかった。無論、途中あせったりビビったり自分にくっそぉ!と思ったりいつも通りの大わらわな感じはありつつも、とにかくみんなの音がよく聴こえて、お客さんたちの顔もめちゃくちゃよく見えて、自分が音楽をやっている瞬間を非常に実感しつつ演奏していたとでも申しますか。なんだったんだアレは。いやたぶん良いことなんでしょうけども、いろいろ新しい経験で自分でビビっとります。
 実はタマコの最終リハーサル終了翌日、本番前日、起きたら激しく風邪ひいてまして、ああ、終わった…と遠い目をしつつなんとかせねばと、ご存知普段「対策」とか「準備」とかいう言葉とはほど遠い生活を送っているわたくしが、前日にはちゃんと薬を飲み(三匹池田宅の置き薬を拝借)、当日はステージドリンクをポカリにし(前日にトバさんに言われたのでやってみた)、本番直前にうどんを食べ(前々回のワンマンで河野さんと共に本番中のライフゲージゼロ体験の恐怖を味わったので、以来2人で食べ忘れないように助け合っている)そしてドラムセットの横に扇風機を設置(西池さんちのやつをお借りした)、という頭使った鉄壁の布陣で臨んでみたところ、体力の消耗具合が段違い!!!驚愕。感謝。まあそんな超原始レベルの話はさておき、とにかく楽しい本気の3時間、終わってしまうのが悲しかったほどでした。紛争相手の青山陽一さんにも大感謝。歌もギターもMCも青山節炸裂でしたな〜。いつかまたやらせてもらいたいです。

 そしてタマコの興奮覚めやらぬ明日の夜は、第2回三匹祭り。詳細はコチラ:

008.5.6(火・祝)@ 吉祥寺 MANDA-LA2
三匹主催『第二回 三匹祭り〜2008年春の陣〜』

開場 18:30 | 開演19:30
前売 2300円 | 当日 2600円(+1Drink)
出演 三匹 | sugarbeans | 哈日夫<ハリフ>(馬頭琴)
   和鷲<わしゅう>(ソ−ラン節)
MANDA-LA2
http://www.mandala.gr.jp/man2.html
TEL 0422-42-1579

 てなわけでもう明日。実はタマコの前日は、先日取りこぼした歌のレコーディングだったりもしたんですが、わたくし風邪で死亡しとりまして、二匹にまかせてうちで養生させてもらったり迷惑かけまくりでして、その仮りは明日の本番で返させてもらうぞと。でかいことを言ってみる。
 明日のイベントは、のっけからものすごいことになってまして、まずオープニングでソーラン節が出て来ます。これは見たことない人の方が多いと思いますけども、とにかく一度見たら忘れられない格好良さなので、是非観に来ていただきたい。と言ってるわりにお知らせが遅過ぎですけども(涙)格好良過ぎて一度わたくし、入団させてもらったことがありまして、一緒に踊ったんですが、筋肉痛どころの騒ぎじゃないというか全身バラバラになるとこでした。あああぶない。とにかく見てください。
 それから次はモンゴル人のハリフさんという方の馬頭琴です。私も見たことありませんが、馬のいななきとかを演奏で表現したりとか、とにかく驚愕のステージになるんじゃないかと思います。乞うご期待。
 そして我らがタマコのスーパースター、トミーこと佐藤友亮のソロ、sugarbeansの登場です。以前ワンマン見に行ったときにここでちょこっと書きましたけども、ヤツの凄さはみなさん十二分に知っているかと思いますが、ソロはほんとに素晴らしいですよ。実年齢にそぐわぬ老成した見た目と趣味と性格を誇るトミーですが、ソロを見ると、なんとロマンチックな男なんだ、とちょっと見てるこっちが恥ずかしくなるくらい素敵なヤツです。見た事ない方は是非。私も楽しみですわ〜。
 三匹は、結成以来立て続けにやってきたライブの集大成をここでいったん見せられればなと。この半年でやってきた曲とここ最近の新曲と、ライブをやるバンドの体力と集中力と。一打入魂。がんばります。四匹コーナーもちらりとあったり。お楽しみに。

 てなわけで長くなり&遅くなりましたが、お時間ある方は是非とも明日は吉祥寺MANDA-LA2へお越しください。待ってます!!!
[PR]

by mooran171 | 2008-05-06 03:46 | Live Information
2008年 05月 02日

タマコウォルズ、最後の紛争

 四月はいろんなことがありました。いろんなライブがあって、いろんな人のライブを観て、泣いたり笑ったり騒いだりもうそれはそれは大騒ぎのひと月でした。それについては後日アップするとして、取り急ぎ、明後日に迫ったタマコウォルズのライブについて大急ぎでお知らせ。

■2008年5月4日(日)MUSIC DAY 2008@赤坂グラフィティ
『マダラ紛争・終結の日/赤坂、最後の戦い』
タマコウォルズ VS 青山陽一
open 18:00/start 18:30
前売 2500円/当日 2800円(1DRINK 別)
チケット予約は: tamacowolds@yahoo.co.jp まで!!

 で、ござる。2007年3月から1年以上に渡って続いてきたこの「マダラ紛争」シリーズ、終結でござる。最後の闘いのお相手は、このシリーズに何度となく飛び入り参加してくださった青山陽一氏。もういろんな意味で個人的にもバンド的にも超思い入れの深い大事な日になること必至、であるにも関わらず、お知らせが遅れたことに非常に凹む。うおお。涙
 というわけで昨夜は青山さんをお迎えしてのリハーサル。家を出た瞬間に、前夜に準備してファイルまでして玄関にまで置いた譜面を一式家に忘れて来たことに気づき、お腹は空いてるわ、譜面は忘れるわ、でもう精神的にボロボロになってリハスタに到着。みんなに口々に「ボロボロだ」「ズタズタだ」と言われる。思いや気持ちが見た目に出やすいタイプ。いつもお腹が空いていると瞬時にトバさんに言い当てられる。
 しかしやってみると意外といろいろ覚えててひと安心。さらにお陰でこれで本番は譜面無しでいけるぜ!とひょうたんから駒的な展開になり、あとは空腹を満たすのみ、ってことで帰りに生姜焼き定食食べて大満足。超元気。
 青山さんとガッツリバンドでやるのもちょっと久しぶりで、しかもBM'sの時とはこれまた全然違って面白い。タマコ部分と青山さん部分、それぞれ本気で紛争だなぁこれは、なんて考えてると、目の前でギター弾いてる青山さんとか西池さんとかトバさんとかが馬上で戦ってるように見えて来て、なんとも盛り上がる。この楽しみさ具合と血がたぎる感じを、みなさんに十分お伝えできる文才がないのが非常にもどかしい。個人的には『マダラ紛争・終結の日/赤坂、最後の戦い』という言い回し(西池さん作)がもうドストライクで、メンバーでありつつかなりグッと来てまして私はすでに泣きそうです。この字面の持つ大仰さにふさわしい夜にしたいと思います。いやはや本当に観に来ていただきたい。

 てなわけで今夜の最終リハ―サル、がっつり汗かいてやって参ります。当日は討ち死にする覚悟です。いや、その二日後に三匹祭り(詳細は必ずや近々にアップしますんでどうぞよろしく)なんていうコチラもでかいイベントが迫り来るので、討ち死にする訳にはいかん。いやそれでなくても簡単に討ち死になんて言葉は使ってはいかん。しかしとにかく5/4は持てる力を総動員して青山さんとタマコの一騎打ちに臨みたいと思いますので、ぜひとも遊びに来てください。紛争に遊びに来い、というのも変な話ですなあ。
[PR]

by mooran171 | 2008-05-02 07:07 | Live Information