Drumooran Information

mooran.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2009年 03月 09日

3つの顔を持つ男

 バタバタするうちに年度末…とか書いて下書きを保存したままボヤボヤしてるうちに年度も明けてしまいました。あけましておめでとうございます。大変ご無沙汰しとりますけども、みなさんお元気でしょうか。いろいろと物思いにふける年度末でございましたが、先日もバイトへ向かう電車の中、読んでいた山本一力『あかね空』に泣かされ、泣かされたのを機におさまっていた花粉症が車中で大爆発、恐ろしい勢いでクシャミを繰り返すワタクシから周囲の人々が少しずつ離れる。離れたってもう鼻水やらよだれやらが周囲の人にずいぶんと飛んでしまっており、大変申し訳ない思いで引き続きクシャミ。そんな日々でございますけども、ここしばらくのうちに起こったことをドバーッとお知らせしてみます。近い順。

c0022579_137892.jpg■ Smalltown Studioにて、トバさんとドラム試し録り。今後に控えていたりいなかったりするもろもろに向けてドラムだけちょびっと録ってもらう。超久々にダミーヘッド殿と再会を果たす。ダミーヘッドとはトバさんのドラム録音時に必ず登場する顔の形をしたマイク(写真参照)なんですけども、毎度のことながらドラムを叩いてるうちにだんだんこのダミーヘッドがあの泣く子もだまる男前天才ドラマー矢部浩志氏に見えてきて、どうにもこうにも緊張するやら背筋が伸びるやらかっこいいやらで毎度大汗をかく。トバさんの録ってくれるドラムの音は本当に唯一無二の音である、ということを死ぬ程再確認してじーんとしつつ、二人で帰りにリンガーハットでそれぞれ二人分ずつくらい食べて帰路につく。

■ カーネーションの今年初のワンマンライブ@代々木ザーザズーに参加。直枝さんと大田さんの沸き上がる、いや燃えさかる、いやいや猛り狂う闘志の滝に弄ばれそうになるのを必死に渾身の力で鍔迫り合いをしているようなつもりで結局ドォーッと音を立てて流されてしまいましたけれども、怒涛の2時間半でした。自分の青二才っぷりに気を失いそうになりつつ、壮絶な体験をさせていただきました。今月はツアーでございますな。手練のお二方に一太刀でも浴びせ返すことを目標にしつつ、持てる力を総動員して行って参ります。

■ カーネーションライブの前日は、吉祥寺MANDA-LA2にてタマコウォルズとジャック達の2マン。ジャック達にお呼ばれいたしまして、たっぷりやらせていただきました。ありがとうございました。しかしもうあれからずいぶんと日が経ってしまいまして、大田さんを従えたジャック達がこれまた以前とは違った別の魅力をまとった骨太ロックバンドと化しておられてうおーっ!と盛り上がったことと、一色さんのお話が凄すぎて隣りで見ていたタマコベース河野薫氏が腹を抱えながらちっちゃい声で「もう無理や。もう無理や」とくり返していたこと以外はだいぶ記憶の彼方へ行ってしまいました。しかし大反省して凹んだことは覚えておる。ので、5/2(土)の次のタマコライブに向けてちょっと頑張りますよ私は。目にもの見せてやりますよ。目には目を。って誰に向けてるのかというと自分です。自分との戦いです。自分の問題です。その前4/24(金)にタマコ2のleteライブもありますな。みんなで遊びに行きましょう。

■ さらにその前の土曜日にはモナレコードでライブ。カオルちゃんこと河野薫氏とワタクシでもうかれこれずいぶんと長いことサポートさせてもらっている、アッキーこと鈴木晶久氏のトリオバンド。彼はメガネにおかっぱ頭で色白で、今流行りの草食系男子ってわけでもなく、先日もSPIROの中嶋くんとsugarbeansと共に「さえない男たち」と題したイベントに呼ばれたりしているわけだが、この彼がなかなかどうして中身は三国志の張飛に憧れ、新撰組の斉藤一の曲を書いたりする武骨な男であり、そしてメガネをとると漫画みたいに男前なのである。この見た目と中身と曲と歌詞の絶妙なバランスの妙味が伝わらんもんかと我々歴代サポート陣は日々考えたりしてるわけですが、結局この日はメガネをとって、天使の輪が乗っかっているサラサラヘアにカオルちゃんと私でワックスを塗りたくり、いやあ男前じゃないか!と始まったライブだったんですけども、そんなことよりなにより、この日のアッキーのプレイと歌はほんとに男前でしたなあ。いい経験させてもらいました。そしてこの三人に青山陽一さんをプラスすると、昨年一回だけやったポン引きプッシャーマンズとなるわけですけども、今年はもう一回くらいどっかでやるか、なんて話も出たり出なかったりしとりますので、乞うご期待。決まりましたら直ちにこちらでお知らせいたします。

 いやはや長くなるだろうとは思ってましたが、長くなりました。記憶があいまい且つダラダラと長い今日の日記、ここまで読んでくれた方、ありがとうございました。タイトルはですね、先日sugarbeansのライブを見に行って感無量になり、うおーっといろいろ書くつもりでタイトルだけ書いて寝てしまったんですが、なんで3つの顔を持つと思ったのかを忘れた。このライブ、サポート陣のみなさんも含めてほんとに素晴らしかったんですけどねぇ。ものすごく久しぶりに見たけっちゃんのドラムが素晴らしかった。いやあ良かった。しかしタイトルの意味は思い出せず。なんだったかなあ。また思い出したら書きます。では、みなさん素敵な2009年度をお過ごしください。
[PR]

by mooran171 | 2009-03-09 00:26 | Live Report
2009年 03月 07日

雨男、晴れ男

c0022579_74252.jpg 晴れましたな〜。今日の天気はずっと雨の予報だったんですが数日前に急遽晴れに変更されてまして、しかし昨日も何やら暴風雨気味だったし、やはり雨男の呼び声高いタマコウォルズ西池崇氏のパワー強し…!と思っとりましたけども、西池さんは雨男で俺は晴れ男やでと言ってはばからない同じくタマコウォルズ河野薫氏のパワーが勝ちましたかな。

というわけで、本日タマコウォルズのワンマンライブです。

■2009年3月7日(土)@赤坂グラフィティ
タマコウォルズの『六角マルマル綺譚』第四話
出演:タマコウォルズ(ワンマン)
ゲスト:福島幹夫(KILLING FLOOR)
open 18:30 / start 19:00
前売り¥2500 / 当日¥3000(+drink order)
*チケット予約:お名前と枚数、件名に「3/7チケット予約」と
明記の上 tamacowolds@yahoo.co.jp までお送りください。
7日午後12時まで受け付けております。


 写真は怒濤の最終リハーサル後、深夜都内某所にて執り行われ中のタマコウォルズ首脳会談の模様。何やら深刻に話してる様子。しかしこの間ワタクシは、タマコのリハの後はコーヒーカップすら重いというのは歳のせいか、いやピートさんのサックスがカッコ良くて盛り上がり過ぎたせいか、てことはこの腕のだるさはピートさんのせいか…という問題について思案中だったため、トップ会談の内容はまったく覚えておらず。「BBキング」と「ライディーン」というキーワードがチラッと聞こえたのは覚えている。
 という訳で、本日はKILLING FLOORのピートさんこと福島幹夫さんをお迎えするのですよ。ピートさん、めっちゃカッコイイです。あの曲があんなことに的な展開も見られて盛りだくさんでございますので、是非とも遊びに来てください。ではみなさん、今夜赤坂でお会いしましょう〜。いいおもてなしができるように頑張ります。
 ちなみに、西池さんは自分雨男説を全面的に否定しております。
[PR]

by mooran171 | 2009-03-07 08:19 | Live Information
2009年 03月 04日

雪もやんだことですし

c0022579_16455562.jpg

雪、やみましたな~。よかったよかった。本日のライブ会場に徒歩でいかねばならんのか…!と昨夜は雪の降る中、腕組みして思索しておったのですが、無事会場にたどり着けました。

という訳で本日のライブ。

2009/3/4(水)
会場:吉祥寺 rock joint GB
出演:三匹/タケル
open 19:00/start 19:30
advance 2,300/at door 2,600

三匹は先にやらせていただきます。少し長めにやりますので、雪もやんだことですし、お時間の許す方は是非フラッと吉祥寺へ~。

写真は本編とは関係なく、なぜかご満悦のコリキ。
[PR]

by mooran171 | 2009-03-04 16:45