Drumooran Information

mooran.exblog.jp
ブログトップ
2005年 06月 04日

一日36時間

c0022579_23132380.jpg …くらいあったらなぁ。5〜6月はもろもろあって時間が足りない。といいつつ、この時間の足りなさは今に始まったことでもなく、振り返れば小学校のころから一日が30時間あったら…50時間だったら…と定期的に思っていたので、単純に計画の立て方がおかしいんだろうなぁ。というわけで、一日の時間が増えたところで、結局同じことなのか。
 5月後半から、近所の施設に一か月ほど祖母が入所していて、ちょくちょく顔を出している。昨年も別の近所の施設に来ていたのだが、施設によって細かいルールが違って面白い。前の施設はお菓子禁止だった。しかし禁止されているお菓子は麻薬のように出回り、こそこそと老人たちの間でお菓子の交換が行われていたりして、ほおぉぉぉぉと興味深く見守ったもんだった。
 しかしこの忙しい中、人の洗濯や差し入れを気遣うのは大変……かと思いきや、これが意外とものすごく楽しい。普段そんなとこに行く用事もないので、施設の仕組みやら老人たちの会話やら力関係やらを見ているだけでものすごく楽しい。さらに自分の洗濯物が富士山級にたまっているくせに、人の洗濯をしたりするのは、これがまた大人な気分で楽しい。要はまぁままごと気分なのだろうな。
 というわけで、歳を取った人たちがフラフラしつつもわらわらと力強く暮らしているのを見るとまぁわくわくするわけでして。ほんの一面を見て勝手にわくわくしているのだろうが、自分も人をわくわくさせたりする一面を持ちつつ、互いにわくわくさせたおしていられるといいですね。写真は春に母と祖母と行った公園で取ったさくら。いまさら。
[PR]

# by mooran171 | 2005-06-04 23:12 | memorandum
2005年 06月 02日

音楽が染みとおる

 …といつか鍵盤弾きの友人が言っていて,そんな体験したことないなぁ〜とうらやましく思ったものだが,最近はそれはもしかしてこういうことか…?という気がしないでもない。

● 5/28 セロファン@下北沢Club Que
 下の日記で大々的に大いばりで宣伝した"Three Size Men" in TOKYOが終了。セロファンはトップバッターでしたが,どーでしたか。みなさん。いいバンドでしょ〜。セロファンでドラムをたたかせてもらう上で,登竜門その1である(と私が勝手に決めている)「ルキアーノ!」あり,登竜門その2「(How to be a )Songwrighter」あり,そしてもう何百回聴いたかな,というほどの大名曲「アナナス」あり,もう大変ですよ。さらにヨシンバから鍵盤西村氏とパーカッション朝倉氏をゲストに迎えて,ヒジョーに楽しいひととき。セロファンは,私にとって「バンド」に必要なものがすべてある。
 そして数年ぶりに観たヨシンバはさらに進化していてすばらしかった。松尾清憲さん&VTS(こんな略しかたするのかどうかは不明)は王者の風格,ぶ厚いコーラスに盤石な演奏でドラマチックだった。
 色々盛りだくさんな一日だったが,個人的には十数年来のつき合いの朝倉真司氏のドラムが本当に素晴らしかった,というのと,パーカッション&ドラムという形で同じステージに立つ,というのがなんとも感無量だった。ふと隣を見るとジョージ・クリントンのような色彩の頭をした朝倉氏(十年前はサイババのような頭だった)が当時とまったく変わらぬ様子と表情で当時と同じようにコンガをたたきまくっている。これはちょっと感動しましたな。
 2本とはいえ,ツアーは終わってまだ次があるので楽しい。大阪もがんばるぞ。

● 6/1 青山陽一&BM's@下北沢Club Que
 そして今日は青山陽一さんのライブ。まずはゲストの朝日美穂さんのステージ。これが鍵盤を弾き語る朝日さんとドラムの二人,というシンプルな編成に数曲青山さんがギター&コーラスでゲスト参加する,というものだったのだが,すばらしすぎてリハーサル観るんじゃなかった,と大後悔。ドラムが楠均さんなのですよ。筆舌に尽くしがたいプレイで,朝日さんの音楽を彩っておられた。いやーほんとにいい音楽でした。
 そして青山さん。今回のゲストはもう一人,キリンジからお兄さんである堀込高樹氏が青山さんのステージにギター&ボーカルで参加。間近で見る高樹さんはムキムキだった。ていうか青山さんワールドにキリンジワールドが相まって,今回のライブはもうえらいことになってましたな。今回は特に高樹さん参加コーナーの曲が,落とし穴に次ぐ落とし穴,という曲だらけで,一曲終わるごとにふ〜っミッション終了,という気分でなんとも余裕のない精神状態,よく言えば緊張感あふれる演奏に。お客さんは大変盛り上がってくださっていたのでよかったよかった。1回目はあれほど大変だった青山さんの曲が,今回は安心してできるというほど堀込コーナーは大変だったが,とても貴重な体験でした。楽しかった。個人的には最後にスライ&ザ・ファミリーストーンのカバー「You Can Make It If You Try」をやった!というのが,これまで音楽人生を続けてきた自分へのご褒美のようなところもあり,とにかくいろいろと余裕がなく申し訳なかったことはひとまず棚に上げて,楽しい夜をありがとうございました。みなさん。

 今日一つ発見しましたが,私の周囲で私ほどいつもいつもあたふたあたふたしている人をあまり見ないのはなんでなんだろうか。ま,単純に私が不用意というか不注意というか,能力が欠如してるんでしょうけれども。今日も本番の一時間半も前にコンビニへ行き,前回と同じ轍を踏まないように今度はちゃんとA4に譜面をコピーして,クリアファイルに入れようと思ったら,ベースの千ヶ崎氏に教えてもらった100均ではA4のクリアファイルは入荷待ち。ここで大きく計画が狂い,全部B5にコピーし直すか?それで本当にあの暗いステージで見えるのか?という疑念と戦った結果,結局超直前まで譜面をセロテープで貼付けまくる作業に追われ,全く落ち着く間もないまま本番に突入,という憂き目を見た。憂き目?というかあれもこれも事前準備の足りなさが原因なんですけれどもね。

 次は大阪です。大阪ではあわてないように,落ち着きはらって臨みたいと。それで随分本番のテンションが変わるのだ。とはいえ,どんなに準備しても確実に落とし穴が待っているのでフツーにいきます。がんばってきます。
[PR]

# by mooran171 | 2005-06-02 05:09 | Live Report
2005年 05月 27日

明日

 THREE SIZE MEN in 東京のライブ(下の5-6 Live Info参照),明日に迫る。2公演とはいえ,ツアー初日,と思うと気分はさらに盛り上がる。各バンドのファンのみなさんはもちろん,音楽が好きな方々には是非是非是非観に来ていただきたし。チケット代ちょっと高めですが,全員にお宝音源プレゼントもあるし。これぞバンドサウンド,これぞ音楽,ですよ。すごいですよ。
 バイトリハーサルリハーサルバイト在宅バイトリハーサル……でここ一週間がず〜っとつながっている合間を縫って床で仮眠,という状態により,後半すべての現場でガタが来て私に関わっている方々には本当に申し訳なかった……が,しかし。明日観に来たら私を許す気になることうけあい。そんぐらい必見。
[PR]

# by mooran171 | 2005-05-27 23:49 | Live Information
2005年 05月 15日

誕生日ってやつは

 いいもんだな~。「5.14」という文字をそこここに見かけるだけで顔がにやつく。しかしその分、12:00を回って日付が「5.15」になった途端、ふーっと浮かれ気分も終了。つまらん。次の誕生日はあと一年後か。
[PR]

# by mooran171 | 2005-05-15 00:16 | memorandum
2005年 05月 13日

さらに追加〜

 6/18のブルースセッションに、さらに豪華メンバーが加わりました!
 中島正雄氏、Hicksvilleから中森さんと真城さん、マイク・ダンさんの4名の方々です。下のライブ情報に追加しております。どんどん観るのが楽しみになってきますねぇぇ〜!!はっはっは!!(涙)

 本日バイト中、夕方激烈にお腹が減って、キャッチボールしたりしりとりしたり思いつく限りの方法で気を紛らわせようとしていたら、給湯室から何やら煮込み料理のいい匂いが。うお〜拷問だ〜いやがらせだ〜と思いつつ、匂い直撃の自分の席に帰れずウロウロしていたら、なんと明日誕生日を迎える私へのプレゼントが鍋に入っている、というではありませんか。バイト後、どきどきしながら鍋のふたを開けると、なんと鍋一杯の豚の角煮が!!!感動のあまり気を失う。
 「明日の方が味がしみこんでてうまい」という人の意見を泣く泣く取り入れて、明日のお昼に角煮丼を食べることを約束し(豚肉と)、今日は味見にとどめて私を呼び止める声(豚肉の)をふりきって帰る。今どんなにお腹が減っても、明日私を待っている豚肉のことを想像すると幸せがとまらない。
[PR]

# by mooran171 | 2005-05-13 22:35 | Other News
2005年 05月 12日

人の音楽と架空請求と自分のこと

 …なんかヨーロッパの映画のタイトルの邦題みたいでかっこいいな。今日のタイトルは。しかし内容はただの近況報告です。

● 昨日(5/10)東京ローカルホンクのレコ発ワンマンライブ@下北沢Club Queを観に行く。曲はほとんど知っているのにアレンジが変わっていたりレコ発だったりするせいか、これまで観たことない感じでドキドキした。同じ曲でも演奏する側のテンションとかモードとかで随分変わって面白いなぁと。そしてステージギリギリのとこにセットを組んでたたくドラムの邦雄さんのプレイをまじまじと見て、なんてフォームが美しく、タイトで無駄がないんだろう、としみじみ感動。昔教習所で練習させられた、アクセルを思いっきり踏んで、直後に思いっきりブレーキをかけるような盛り上げ方にうならせられる。

● そして今日(5/11)は森川アキコライブを観に赤坂グラフィティへ。今日は彼女のソロライブ史上最多の5人編成だったが、前回観たときの4人編成(ギター&ギター&ドラム&本人)とはかなり変わっていて、もはやバンドだった。いい曲もたくさん増えていた。歌もさらにパワーアップしていた。一つ一つ着実に進んで行っている様子が伝わって来て、サイクルズ解散からのことをいろいろ勝手に振り返りつつちょっとしみじみしました。がんばってますねぇ。一人でやるってのはすごいことですよ。編成としては前回観たベースレスの感じも捨てがたく、今回のフルバンドバージョンで、立ってガツーンとやってるところも観てみたいなぁ。でも今日のバンドはいいバンドだった…セロファンの西池&河野両氏と鳥羽さんを端から見て、ほんとに素晴らしいプレイをする方々だ…とじ〜んとしつつ、最年少のドラムの佐藤くんのそつがないのにちゃんとロックなプレイと、曲のリズムを大幅に間違えても三白眼のまま普通に仕切り直す勇姿に乾杯。

● そしてうちに帰って新聞受けを観たら、なんと未納料金請求&連絡しないと裁判沙汰にするぞハガキが。文面がむちゃくちゃだったのでネットで調べたら有名な架空請求だったのだが、常に未納料金に追われている&「裁判」とか「差し押さえ」とかいう文言が書かれた本物の請求書がよく届く私にこんなもん送るなよっ!まぎらわしいじゃないか!ていうかちょうどいいカモだったのかな。あやうく無駄に申し訳ない気分になるとこだった。でも払うお金はないから払わないどね。おとといきやがれ。と言っておく。

● 6月のブルースセッションに震え上がってる今日この頃。しかしその前にある青山陽一さんのライブでやる曲が続々と送られて来て、しまったブルースセッションの前にこんな恐ろしいライブもあるんだったということを今更ながら再確認。一度やったからって、調子に乗ってちゃいけません。乗ってませんけどね。いや〜楽しみな曲ばかりなんですが、自分がたたくと思うと顔面蒼白です。ははは。がんばろ〜。練習しよ〜。
[PR]

# by mooran171 | 2005-05-12 02:42 | memorandum
2005年 05月 10日

Live Info 修正

 5-6月のLive Informationで、6/1の青山陽一さんのライブ情報が抜けてましたので、追加しました。「THREE SIZE MEN」の東京・大阪ツアーの情報を先にまとめてコピーペーストして…とかやってるうちにそのまま間に挟まっている青山さんのライブ情報を載せないままアップしてしまいました…あーびっくりした。
 というわけで、これから東京ローカルホンクのレコ発ライブに行ってきます。ホンクのライブ観るのは久しぶりなので楽しみ〜。
[PR]

# by mooran171 | 2005-05-10 19:31 | Live Information
2005年 05月 10日

2005/5-6 Live Information

2005年5月5日(木)←終了!
「BASEMENT BAR 10TH ANNIVERSARY+SPECIAL THANKS+」

 Place:下北沢 Basement Bar
 Artists:セロファンKAOiyiyimリリックス、49(from PLECTRUM
 Time:開場18:30/開演19:00
 Charge:前売2000円/当日2300円(ドリンク別)
 (問) Basement Bar 03-5481-6366

◎ セロファンのライブでドラムをたたかせてもらうのは3回目。ライブ情報をアップするのを先延ばしにしてるうちに本番が終わってしまいましたが、いろいろと思うところのあった貴重なライブでした。セロファンに参加させてもらってるのは本当にありがたいです。ライブレポートは一個下の日記を参照。

---------------------------------------------------------------------------------------------

2005年5月28日(土)
「THREE SIZE MEN」

 Place:下北沢 Club Que
 Artists:セロファンヨシンバ松尾清憲
 Time:開場18:00/開演19:00
 Charge:前売3500円/当日4000円(税込・ドリンク別)
 (問) Club Que 03-3412-9979

◎ 松尾清憲&Velvet Tea Setsとヨシンバとセロファンが同時に見られる、という濃〜いありがた〜いイベント。ヨシンバの鍵盤西村氏とドラム朝倉氏、セロファン西池氏がVelvet Tea Setsのメンバーなのでもともとバンドメンバーが入り交じったイベントになるのですが、さらに西池氏がヨシンバに、そして西村氏と朝倉氏がセロファンにそれぞれゲスト参加する、という、もう誰がどのバンドだか全然わからない楽しげなイベントです。私はセロファンでたたかせてもらうのはもうなんでもかんでも楽しみなのに加え、ヨシンバと松尾さんバンドを見られるのも激烈に楽しみだし、個人的には朝倉氏と一緒に客演で演奏するというのが大学時代以来でものすごく楽しみです。これは楽しいイベントになりますよ〜。ご来場の方々にもれなく3バンドが入り交じって録音した音源のプレゼントもある模様。

---------------------------------------------------------------------------------------------

2005年6月1日(水)
「怪しい隣人 Vol.7」

 Place:下北沢 Club Que
 Artists:青山陽一&BM's
     Guest →堀込高樹(from キリンジ)、朝日美穂
 Time:開場19:00/開演19:30
 Charge:前売3300円/当日3500円(整理番号付・ドリンク別)
 (問) Club Que 03-3412-9979

◎ 青山さんのライブ参戦2回目です!!前回のライブで感動しすぎて、ライブ終了後辞世の句を詠んでしまいそうでしたが、また呼んでもらえるとは、詠まなくてよかったです。…といいつつ、前回はとにかく巨大な譜面を見ながらいっぱいいっぱいの演奏になってしまってましたので、今回はもっと青山ワールドにどっぷりつかって楽しませてもらえるようにがんばりたいと。ゲストもこれまた豪華です。がんばるぞ〜。

---------------------------------------------------------------------------------------------

2005年6月11日(土)
「THREE SIZE MEN」

 Place:大阪 南堀江 Knave
 Artists:セロファンヨシンバ松尾清憲
 Time:開場18:00/開演19:00
 Charge:前売3500円/当日4000円(税込・ドリンク別)
 (問) Knave 06-6535-0691

◎ 「THREE SIZE MEN」東京・大阪ツアーの2日目。大阪に行くのはサイクルズのラストライブ以来(涙)でまぁいろんなことが胸に去来しますが、久しぶりなので楽しみです。セロファンが大阪でライブやるのも相当久しぶりなんじゃないかと思いつつ、私は大阪はあまりゆかりの無い土地ではありますが、関西出身のセロファンのふるさとなので、勝手に襟を正してがんばりたいと思います。そして終わったら食いだおれて来たいと思います。地方に行くのは盛り上がります。

---------------------------------------------------------------------------------------------

2005年6月18日(土)
「Flowers Land Presents "Root is One" 〜なんちゃってブルースセッション Vol.1」
 ↑↑Sold Out!↑↑

 Place:渋谷 クロコダイル
 発起人:青山陽一、林敏明
 Artists: 上原ユカリ裕
      大田譲(from CARNATION
      鹿島達也
      神森徹也
      佐藤博
      Satsuki
      サントリィ坂本
      鳥羽修
      長見順(from パンチの効いたブルース)
      中島正雄
      中森泰弘(from Hicksville)
      直枝政広(from CARNATION
      チッチ&クック(加藤千晶久住昌之
      林立夫
      堀込高樹(from キリンジ
      マイク・ダン
      真城めぐみ(from Hicksville)
      湯川トーベン
      中原由貴 etc...
 Time:開場18:00/開演20:00
 Charge:前売3800円/当日4000円(Food&Drink別)
 Ticket: 4/18〜予定枚数終了までの期間、クロコダイル電話予約のみで受付
     予約電話番号→クロコダイル03-3499-5205
     予約受付時間→毎日17:00〜閉店まで(定休日除く)
 (問) クロコダイル 03-3499-5205

◎ すごいイベントですねぇ。こんなイベントがあると普通に知ったらお客として絶対行きます。しかしこんなおおごととは全く知らずに、打ち上げの席で「ミュージシャンとスタッフ入り交じって楽しくセッションをするからどうですか」と誘われてやりますやりますとか言ってしまい、後に詳細を知って意識が遠のく。いやもちろんこんな日本の音楽界をしょって立ってきた方々と一緒に演奏できるなんて一生に一度あるかないかなわけで、だいたいこんな企画事体そうそうないので楽しみだったり嬉しかったりするのはもう筆舌に尽くしがたくはあるんですが、それを上回る恐ろしさが私を襲うんです。自分で結構空手強いぜ!とか思ってたって、来週大山倍達と試合です、とか言われたら怖いでしょ。いやぁ光栄ですとか言ってられないでしょ。今から本番前の自分を想像すると胃が痛いです。きっと下痢もしています。でも楽しみです。そうそう、最後になりましたが、このイベントは青山陽一さんと青山さん所属の事務所社長であり、ドラマーでもある林敏明さんの強い思いがあって実現に至った模様なので、みなさん感謝しましょう。イベントの詳細はコチラです。青山さんと林さんの声明文も読めます。

---------------------------------------------------------------------------------------------

2005年6月29日(水)

 Place:新宿 Red Cloth
 Artists:9コンパスモノノフルーツ/ハイジ/TOY
 Time:開場18:00/開演19:00
 Charge:前売1500円/当日1800円(ドリンク別)
 (問) Red Cloth 03-3202-5320

◎ ちょっとしばらくぶりの9コンパスライブ!この9コンパスのライブまでにはセロファンの東京→大阪ツアーを終え、恐怖のブルースセッションを終えているわけで、ひとまわり大きくなっているに違いない。9コンパスはほかのどのセッションとも違っていつも新しい扉を一つ一つ丁寧に開けるような、私にとっては実験的な場なので、この日までのいろいろな体験をここで昇華させられたらいいなと。しかしいろいろほかの現場をやった後に3ピースで9コンパス、ってこれがまた怖いんだよなぁ〜!しかしがんばりますよ。イトー船長は今回どんな航海図を持ってくるのか楽しみです。河野さんと一緒にがんばって船を漕ぎたいと思います。
[PR]

# by mooran171 | 2005-05-10 05:48 | Live Information
2005年 05月 07日

セロファン@下北沢Basement Bar

 聴きに来てくれたお客さんのため、一緒に演奏しているメンバーのため、ライブハウスをブッキングしてくれたスタッフの方々のため、自分の楽しみのため、とかそういうことが全部どうでもよくなって、ただ音のやりとりをしている時間が終わらずに続いてほしい、と願うような、そんなライブでした。昨夜のセロファンのライブは。いやいや、人のバンドをサポートしてるくせにそんなこと言っちゃいけませんが、何が言いたいかというと、セロファンが希有なバンドだということです。個人的には反省しきり、改善点満載、ではありますが、ステージ上で演奏している者を上記のような気持ちにさせるセロファン、得体がしれん。自分の音楽的な素養の浅さに凹む日々ですが、それでも最近は音楽を聴くのもやるのもとても楽しい。
 昨夜はタイスケくんとアッキー(from PLECTRUM)のユニット「47」の弾き語りもあり、野口くん(ex. CYCLES)のデモ完成版ももらって、いい音楽をたくさん聴いた濃い一日でありました。
 そして、今はWEEZERの新譜を試聴中。
[PR]

# by mooran171 | 2005-05-07 04:45 | Live Report
2005年 05月 05日

近況

● ex. サイクルズのベーシスト、まっくにもらったi-bookをかれこれ数年間愛用していたのだが、ハードディスクの容量が残り200mbを切ってから異常事態がたて続けに勃発するようになり、在宅の仕事もままならなくなってきたので、身銭を切って新しいmacを購入。今更ながらG4&OS Xに盛り上がる。しかし大事な書類はすべてi-bookの中にあり、データを移行するすべがフロッピーしかない。というわけでやらなければならないことをすべてそのままにして新しいmacに入っているゲームで遊ぶ。

● 5/1、5/4と久しぶりにセロファンのリハーサル。サウナに入ったかと思うほどの発汗。演奏中に自分の汗臭さに気が遠くなる。セロファンのみなさんと一緒に音を出したばかりの頃は、せーので音をだした瞬間、うぉぉぉのまれるのまれる、と思ったものだが、最近だいぶ慣れてきたなぁと思って調子に乗っていたら、今日は完全にのまれてしまった。最初はまだがんばって必死に泳ごうとしていたが、後半は枯れ木のように波に遊ばれていた。いやぁ恐ろしいバンドですな〜。そして明日は本番。岩にぶちあたり、流血しながらも泳ぎきるぞ。

● そしてまたしてもバッテリーがあがる。一年に何度あがってるんだ。バッテリー。リハーサル後の疲れきった体にムチ打って、セロファン西池氏が押しがけを手伝ってくれたというのに、無情にもエンジンはかからない。ついにJAFの会員に。ていうかもっと早くなっとけばよかった。しかしJAFの人も驚愕のうちの駐車場の暗黒具合、なんとかしてほしい。

● 5〜6月の音楽活動予定をすべて書き込んで、アーティストのみなさんやライブハウスにリンクをはり、いざアップしようとしたときにパソコンがフリーズし、全部消えてふて寝してから早いもんでもう10 日ほど経つ。パソコンも新しくなったことだし、数日中に必ずアップします。たぶん。とりあえず明日はセロファンのライブです。下北沢Basement Barです。かっちょいいですよ〜。みんな来てね〜。
[PR]

# by mooran171 | 2005-05-05 03:47 | memorandum