Drumooran Information

mooran.exblog.jp
ブログトップ
2005年 04月 19日

ライブ、レコーディングご報告

 多忙につきなんのお知らせもしなかった3月中〜4月頭のご報告をまとめて。

■ 3/9 フレミングパイ ライブ@赤坂グラフィティ
 ギター&ベースが合体した楽器を一人で忙しく弾きまくる瀬川さんとボーカル中嶋さんというフレパイチームにサックス竹上さんと私がドラムで参戦。ジャズっぽいアレンジに頑に一人16ビートで大発汗してる間に終了。ニューヨークな感じ!とかいう声を聞いたような聞かないような。山岡恭子さん、きらめく☆葡萄畑の青木和義さん、ヨシンバ吉井さんなどなど久しぶりにお目にかかる方々のすばらしい音楽も聴けて楽しい一日に。久しぶりと言えば、サイクルズ時代に大変お世話になったスーパードラムテックの村上敦宏氏(from NASH)が客席にいらっしゃって懐かしさのあまり涙が。相変わらず三国志の武将のようなお姿でウロウロしてらっしゃいました。

■ 3/14 野口氏デモレコーディング@西荻窪c0022579_2322290.jpg
 ex. サイクルズ野口氏のデモ用にドラムを3曲レコーディング。サイクルズ時代からデモのドラム録音はUENの個人練習用ブースに野口くんのハードディスクレコーダーを持ち込んでドラムだけ録音し、あとは野口くんが家で延々作業する、というやり方だったのだが、今回はほかの楽器が仮で録音されたものに合わせてクリックを聴きつつ録る、という空気公団のレコーディングの時と同じ方式で、アレンジの全体像がわかるのでやりやすかった。さくさくといいのが録れて無事終了。相変わらずスタジオ内では喧嘩が絶えないが、彼はほんとにいい曲書きますな。できあがりが楽しみです。早く娑婆に出て来て欲しいもんです。

■ 3/19-20 セロファン、秋山羊子さんレコーディング@渋谷
c0022579_2331471.jpg まずは19日にセロファンのレコーディングで1曲ドラムを叩かせていただく。この日は一日で一曲を仕上げよう、という試みで、これまたさくさくと進み、あっと言う間に終了しそうな勢いだったのだが、夕飯時にテレビでやっていた藤岡弘、探検隊の「伝説の野人、ナトゥーを追え!!」にエンジニアの高原さん含め全員で見入ってしまい、2時間を棒に振る。それでも日付が変わる頃には無事終了。私はドラムセットを置きっぱなしで帰る。
 翌20日は、秋山羊子さんのレコーディングを、セロファンの西池さん&河野さんと三人でお手伝い。前日のいい感じの勢いのまま、これまたあっと言う間に終了。しかしこの二日間で、セロファンはバンドで長いことアレンジしてやってきた人たちなんだなぁということをしみじみと感じた。次から次へとアイディアが飛び交い、それを試す演奏力と決定したりすっぱりやめて戻したりする判断力はものすごかった。脱帽。

■ 3/24 タマコウォルズ ライブ@赤坂グラフィティ
 レコーディングの興奮覚めやらぬ中、怒濤のリハーサルの後にタマコウォルズ初顔合わせチームでライブ。憧れのミーターズのカバー「LOOK-KA PY PY」あり、西池さん書き下ろしの新曲あり、の爆音に包まれた楽しいひととき。昨年のフジロックにも出演したSUIKAのカズタケくんのうなる鍵盤、そしてお馴染み東京ローカルホンクのアラケンさんのこれまたうなるベースと共演させてもらって盛り上がらない訳がない。さらに、ド派手なパーカッションをたたきまくるゴメス けっちゃんのお陰でずいぶんと楽に楽しんで演奏することができました!ありがとう〜。

■ 4/1 9コンパス ライブ@新宿Red Cloth
 勢いと爆音で攻めるタマコとはこれまたうって変わって、全身の毛穴から緊張感がにじみ出る9コンパス、3ピースでの2度目のライブ。2度目にしてベースの河野さん(from セロファン)とのアンサンブルはバッチリ。相変わらず素晴らしいアプローチでベースアレンジをしてくれつつ、ロック魂充分な希有なベーシストですなぁ。イトー船長の歌もニュアンスが増し、いいライブでしたねぇぇ。私の花粉症による激烈な鼻声を除けば。

■ 4/8 タマコウォルズ ライブ@Zher the Zoo 代々木
 下北沢Club Queの姉妹店、Zher the Zooでまたまたタマコウォルズライブ。またまた、と言っても今回は前回とガラッと面子が変わってベースはセロファン河野氏、そしてオリジナルメンバーの鳥羽さんが帰ってきた!この日は何を隠そう、決めていたエンディングをすっかり忘れて全然違うことをやった私にみんながバッチリとついてきてくれる、という感動的な場面もあり、ついにバンドっぽくなってきたタマコ。間違えといて感動的も何も無いのだが。しかもステージ終わって鳥羽さんに指摘されるまでまったく気づかなかったくせに何を言う、という感じですが。とにかく一丸となってうねってる感じで気持ちよかった。対バンの松崎ナオさん、ワッフルズも面白かったし、いい一日だった。けっちゃんと私は花粉に苦しみつつ、本番中は症状が一切出ない不思議について打上げで語り合う。

------------------------------------------------------------------
 …というわけで一気にまくしたてましたが、ここまで読んでくれた方、おつかれさまでした。もっともっとたくさんの現場を抱えつつひょうひょうと過ごしてちっとも忙しそうにしてないミュージシャンの方々もいらっしゃいますが、私はこのくらいでもうかなりいっぱいいっぱい。でも全部すばらしいミュージシャンの方々ばかりとご一緒させてもらって、感動的に楽しい一か月。みなさん今後もよろしくお願いしますね。
[PR]

# by mooran171 | 2005-04-19 01:46 | Live Report
2005年 04月 17日

最多記録更新

 都内某所で朝からレコーディング。一日で4曲リズムを録音、という我が人生で一日リズム録音最多記録を更新。誰と何を録音したかは追々お知らせしたいと思いますが、今日はまったく違うタイプの曲を4曲、いやはや勉強になった〜。今日は一緒にレコーディングしたミュージシャンの方々とエンジニアの方の柔らかい頭と広い心により、4曲ともそれぞれ違う音でいい感じにとれましたが、もっとドラムの音作りを勉強しなきゃいかんな〜としみじみ思った一日でございました。チューニングからドラムの皮の種類からもっと研究して自由度があがったらさらにレコーディングが楽しくなるだろうなぁと。しかし今日は楽しかった。素晴らしいミュージシャンの方々と一緒に演奏するのは何にもかえがたい喜びですな。
[PR]

# by mooran171 | 2005-04-17 01:53 | Other News
2005年 04月 05日

アナログ

c0022579_3575649.jpg 数日前にアナログの腕時計をもらった。
 ここ10年ほどず〜っとデジタルの時計をしていて、アナログの時計をするのは相当久しぶり。だいたい寝坊して移動中は常に精神的に追いつめられているので、デジタルの時計の刻々とかわる数字を見ていると、「いま何時何分何秒です。ああもう何秒になりました。そして何秒になりました。」と言われ続けているようで、「ぎゃああああたすけて〜〜!!!」といってそのまますべてを捨てて逃げ出したくなることが多かった。その点、アナログの文字盤は優しい。「だいたい昼過ぎです。」とか「一日の3分の2くらい過ぎましたかね。」という感じ。「時間なんてそんな細かく追い続けるもんじゃないですよ。俯瞰で見てください。俯瞰で。」という声すら聞こえる。あああそうですね、そうですよね、と涙が出る。
 というわけで3月はあまりに忙しい上に花粉症爆発でまったく更新できなかったので、取り急ぎ近況報告。3月のライブやらレコーディングについてはおいおいアップしていこうかと。とりあえず生きていることだけお知らせしておこうかと。花粉症で苦しんでいる方々、あとちょっとだと信じて生きていきましょう。
[PR]

# by mooran171 | 2005-04-05 03:21 | memorandum
2005年 03月 07日

青山陽一さんライブ@下北沢Club Que

c0022579_3434140.jpg 昨夜は青山陽一さんのライブ。昨年暮れに初セッションさせていただいてから長いことじわじわ緊張していたが、ついに昨夜本番を迎えた。いやあ〜本番のご報告は最後にするとして、まず、3/1〜3/3にこちらの写真の川沿いのスタジオで怒濤のリハーサル。
 青山さんにBM'sのみなさん(ベース:千ヶ崎学くん、鍵盤:伊藤隆博さん)、そして今回のゲスト真城めぐみさん(from Hicksville)と黒沢秀樹さん、という超ベテラン陣は、段取りを間違えたり演奏中に椅子ががくんと下がってかまきり拳法のような姿でドラミングをしたりする私を温かい笑みをたたえて見守ってくださる。下の写真は左から千ヶ崎氏と真城さん、伊藤さん、そして青山さん。黒沢さん登場の時間帯はあわててる間に過ぎて写真は撮れず。リハーサルは合わせた時の気持ち良さにうちひしがれつつ、本物の青山さんだ、本物の真城さんだとか思ってるうちに終了。
c0022579_3435613.jpgc0022579_3455683.jpgc0022579_346779.jpg







 そしてあっという間に3/5。なるたけ本番は譜面を見ないというのをモットーにやってるくせに、全然覚えられなかった上にコピーの拡大%を間違えて誰よりも巨大な譜面を置いて本番に突入。ま、美学を優先して大先輩に迷惑をおかけするより絶対にいいはず、と急に合理主義に。しかし緊張しました。わっはっは。手が笑って笑って大変でした最初は。でも青山さんとBM'sのみなさんの歌&演奏&表現力パワーに乗っかって、サイコーに楽しいライブに。青山さんファンのみなさんも温かかった。みなさんいい顔してましたねぇ。いい音楽を聴いているときはあんな顔になるんですねぇ。
 というわけで合奏と表現の醍醐味を体感させてもらった、素晴らしいひとときだった。青山さん&BM's、真城さん、黒沢さん、会場にいた方々、そして青山さんに引き合わせてくださった鳥羽さん、セロファン西池さん、その他音楽を続けてきた上で共にいてくれた人々、あともうスネアにもペダルにもこのぼろアパートにも感謝したい感じ。…あんまりこんなこと言ってるとなんか終わりみたいでいやなので、ほどほどにしつつこれからに向けてがんばりますのでみなさんよろしくお願いします。元気百倍。この元気で自家発電したら電気代払わなくてすむのになぁ。
[PR]

# by mooran171 | 2005-03-07 04:46 | Live Report
2005年 03月 03日

2005/3 Live Information

2005年3月5日(土)
「怪しい隣人 Vol.6」

 Place:下北沢 Club Que
 Artists:青山陽一&The BM's
      ゲスト:黒沢秀樹 / 真城めぐみ(Hicksville)
 Time:開場17:30/開演18:00
 Charge:前売3300円/当日3500円(整理番号付/ドリンク代別途)
 (問)CLUB Que 03-3412-9979

◎ なんと、この私があの青山陽一さんの後ろでドラムをたたくことになりました。びっくりですねぇ。長く生きていると何が起こるかわからんもんです。私が宣伝するまでもありませんので、まあ、かっこよすぎて参るなよ、と。私がじゃないですよ。青山さんが。バンドが。ゲストの方々が。音楽が。とかいってぶち壊さないように必死にがんばります。みなさんよろしくお願いします。

------------------------------------------------------------------
2005年3月9日(水)
「NOTE(それぞれの印)」

 Place:赤坂 GRAFFITI
 Artists:キョーコembroider(13)
      ゲスト:FLEMING PIE
      オープニングアクト:きらめく☆葡萄畑
 Time:開場18:30/開演19:30
 Charge:前売2000円/当日2300円(1DRINK+1FOODS)
 (問)赤坂 GRAFFITI 03-3586-1970

◎ ものすごく久しぶりにFLEMING PIEのサポートをやらせていただきます。テレビで流れると一発でわかる希有な歌い手、中嶋さんのボーカルに、8弦ギター(1〜5弦がギターで6〜8弦がベースで、それぞれのアンプにつなぐ)の瀬川さん、そしてサックスに竹上さん、という編成でお送りします。大人だ。この日はメインアクトの山岡恭子さんも葡萄畑も久しぶりに観られるので楽しみです。いいイベントになること必至。

------------------------------------------------------------------
2005年3月24日(木)
「AKASAKA JUNCTION vol.1」

 Place:赤坂 GRAFFITI
 Artists:大森元気(残像カフェ)/タマコウォルズ/カルダモン
 Time:開場18:30/開演19:00
 Charge:前売2000円/当日2500円(1DRINK)
 (問)赤坂 GRAFFITI 03-3586-1970

◎ タマコです!やったー!セロファンの西池崇氏率いるあのタマコウォルズです。毎回メンバーが変わって、私は2度目の参戦ですが、この度は、Vo&G:西池崇、Bass:新井健太(東京ローカルホンク)、Key:タケウチカズタケ、Perc:高橋結子(Gomes the Hitman)というメンバーだそうでございます。全員長いこと一緒にやらせてもらいたいなぁ〜と思いつつなかなか実現しなかった方々で、非常に嬉しい。そして今回はどんな西池さんが見られるでしょう。楽しみですねぇ〜。
[PR]

# by mooran171 | 2005-03-03 03:31 | Live Information
2005年 03月 01日

フレミングパイ リハーサル

c0022579_325817.jpg 今日は数々のCMでもおなじみのフレミングパイのリハーサル。写真の美しい人、ボーカル中嶋さんにお会いするのも1年以上ぶり(リハで写真を撮り忘れたのでCDのジャケを勝手に撮影)。ギターの瀬川さんから送られたライブ用の音源CDが、昨日帰宅すると新聞受けにささっていた。あ!やっと来た!とわくわくしながら封を開けると、ひっくり返っても絶対無理!というジャンルのアレンジが満載。万が一ライブにいらっしゃる方がこのページを見てるといけないので、何の曲かは書きません。のでこの衝撃がいまいち伝えられないのが非常に残念だが、いやいや無理ですって!という曲ばかり。唯一9曲目にJB'sの「Pass the Peas」が入っていて色めきたつが、同封の手紙には「9曲目はやりません」と書いてある。なに〜〜!!精進料理を一週間食べ続けたあげく、最後に豚生姜焼き丼を出されて、「これだけは食べちゃだめ」と言われたような。ひどい。だったらせめて出さないでくれぇぇ。
 で、今日。瀬川さんに、なんで9曲目焼いてくれたのにやらないんですか、と尋ねると、「間違って入っちゃっただけ」だそうな。そんなあ。今日はなんとかジャジーな方向に行かないように必死になっているうちにリハ終了。私だけ汗だく。明日からは青山陽一さんのリハーサルが始まる。楽しく幸せだけれども恐怖の一週間の始まりなのだった。
[PR]

# by mooran171 | 2005-03-01 03:24 | memorandum
2005年 02月 28日

風呂嫌い

c0022579_0295978.jpg 入ってしまえば天にも昇る気持ち良さだということはわかっていても、お風呂に入るのがどうしても嫌で、女子に生まれたことを悔やむ日々。お風呂嫌いな上に熱い湯も苦手なので、温泉旅行に行きたいな〜と思ったことはない。
 だが、先日水道がとまったせいで泣く泣く最寄りのお風呂、湯けむりの里に行った。心細いので近所に住む友人について来てもらった。
 しかしその友人も含め、みんな42℃もある熱い湯にバンバン入って全然出てこない。つま先を出したり入れたり出したり入れたりしながらやっと全身つかったところに、頼むからお湯を動かさないでくれ!と言う祈りも届かず、ざばーんと人が入って来る。熱すぎて全身に鳥肌。体が異常事態。最後にサウナに挑戦しようとドアを開けただけで断念し、先に水風呂が正しいのか?と膝まで入ると今度は冷たすぎて心臓発作の危険。
 這う這うの体で脱衣所に戻り、しばらく貧血に苦しむ。しかし、お風呂上がりで一気に飲み干したフルーツ牛乳はうまかった。振り返れば楽しい思い出なのでまた行こう。しかし貧血になってもそのまま部屋に帰って寝れるかと思うと、温泉旅行もいいもんかもしれないなぁ。
[PR]

# by mooran171 | 2005-02-28 00:54 | memorandum
2005年 02月 25日

一難去ってまた五難

c0022579_2505772.jpg 先日水道が止まって大変な苦労をして以来、公共料金の支払いをシステマチックに行って生きていきたいと思っていた矢先に銀行のキャッシュカードを紛失、再発行しようと銀行に行ったら「それは古い通帳です」と言われ、すごすごと帰り、どうしようかなぁとうちに帰ると、今度は電気が止まっている。唯一の暖房となった「いろりストーブ」の炎に照らされつつ部屋の中で毛糸の帽子を被ってじーっとしていたら、今度は地震。怖いのでストーブを消す。もうこれまでか。八甲田山ごっこをしても起こしてくれる友も無し。
 しかし翌日は(私にしては)早朝から仕事。友人の尽力でなんとか一夜を過ごし、翌朝電気代を払い、仕事が終わって帰ろうとしたら、外は大雪。バスから降りてうちまで延々歩く。しかし帰ったら電気も水道も復活していて、トイレ行き放題、そしてこうして日記も書き込める、という幸せをかみしめる。しかしこの度はかなり上級のサバイバルだったなぁ!と楽しく振り返る元気もあまり無し。ていうかただの不注意&生活苦じゃないですか。じっと手を見る。ていうか胸に手をあてて反省。猛省。
[PR]

# by mooran171 | 2005-02-25 02:59 | memorandum
2005年 02月 19日

人と言う字は…

c0022579_0392646.jpg 大学時代からの友人であり、目下ベーシストとして大活躍中の石村順氏が加入したNew Ponta Boxのライブを観に目黒Blues Alleyへ。村上“ポンタ”秀一氏のドラムを生で観るのは2度目だが、数年前に「よくわからん」と思った時とはうってかわって、この度はあの自由さが心底うらやましかった。さらに、私はヘコヘコしている割に体育会系な人間関係が激しく嫌いなので、ポンタ氏のような方にはすぐアレルギー反応を起こすのだけれども、あれだけ近くでドラムプレイを聴いていると人間性が伝わってきて、おおおこの人はすごくいい人だ、と思ってしまった。ドラムっ子だった。あんな大御所をつかまえて偉そうに。手数満載のフュージョンがすごいのはまあもちろんとして、8ビートやドラマチックな16ビートが素敵だったのに大変参った。一曲一曲が終わらないといいのになぁと思いながら聴くライブは久しぶりだった。いいもん見た。
 そして旧友の石村順氏のベースについては、ポンタさんのドラム以上にどうなってるのかももう全然わからず、コメント不能。鍵盤の方と素晴らしいトリオで実に楽しかったんですが。遠〜い人だった。むろんいい意味で。
 帰りは、うちから歩いて2分くらいの所に住んでいる、これまた素晴らしいギターを弾くセッションギタリストの菊谷さんに送っていただき、雪の中駅から徒歩40分の道のりを歩かずにすんで死ぬほど感謝。今日はライブに招待してもらったり、いい音楽を聴いてじ〜んとしたり、銀行のキャッシュカードを紛失したと発表した瞬間に職場の方々が一斉にお金を貸そうとしてくれたり、人に支えられて生きていることを実感した一日だった。
[PR]

# by mooran171 | 2005-02-19 01:46 | memorandum
2005年 02月 18日

ゴリラらーめん

c0022579_44956.jpg 甲州街道を飛田給付近から西に向かって走ったことのある人なら、「ゴリラらーめん」が気になったことがあるだろう。私はもう数年越しで気になり続けていたのだが、入る勇気がなかった。この看板の適当なゴリラの絵と、駐車場の向こうに奥まった閑散とした店の様子が、ラーメンのまずさをほのめかしている。ゴリラの汗がスープに混じっているんじゃないかという気すらする。
c0022579_442572.jpg しかしあまりにお腹が減ってめまいがしていた私は、今日ついに「ゴリラらーめん」に足を踏み入れた。車を停めたものの、店の前で悩むこと数分。店内は客が二人。空腹が度を越しているだけに、失敗は痛い。
c0022579_443763.jpg が、誕生以来ゴリラ似を誇る私がここに入らずしてどうする、という内なる声に導かれ、ついにドアを開けた。店員はみんなゴリラの絵のついたエプロン、そしてカウンタ−にはゴリラの箸入れ。店員の一人はちょっとゴリラに似ていなくもない。このゴリラずくしに激しく好感を持った私は、もうラーメンの味などどうでもよかった。ところが「手打ちラーメン」を注文してみたら、うまい!とてもうまい!「ゴリラらーめん」という名前も、力強くていいじゃないか、とうなづきながら店を出た。
[PR]

# by mooran171 | 2005-02-18 04:43 | memorandum