Drumooran Information

mooran.exblog.jp
ブログトップ
2008年 08月 05日

Deluxe Reverb vol.2

 こないだ暑い暑いと書いた日から急に涼しくなったなぁと思っていたら今日もこれまた暑かったですな〜。寒い時には身体を硬直させて毛穴を閉じるのではなく、逆に力を抜いて毛穴を開いて寒さと同化すれば寒いと感じないのだ、と昔誰かに言われて冬にはたまに試してますが(全然寒いけど)、じゃあ暑い時は毛穴を閉じて汗を閉じこめれば…って絶対違うな。病気になりますな。

 先日の三匹ライブにお越しくださった皆々様、どうもありがとうございました!この日は念願のPAの方にやっていただいて、大変気持ち良くやらせてもらいましたけども、何がどうなったのか、ちょっと興奮しすぎていやはや個人的にはお恥ずかしい姿を見せてしまいましたけども、対バンの方々やお客さんが盛り上がってくれてて嬉しかったですなぁ。次の三匹は8/10です。この日はなんと旧友森川アキコ嬢と対バン、しかもそこにはトバさんとトミーもいたりして、なんとも不思議な感じ…っていうか恥ずかしいっていうか、変な汗かくっていうか…ですけども、お時間ある方は是非とも遊びに来てください〜。ステンレスもいるし。楽しみです。

 そしてついに世間は八月の夏真っ盛りですけども、トバさんと言えば、明日(もう今日)はあのトバ&ニシイケ両氏が繰り広げるDeluxe Reverbな世界の日ですよ。vol.1も私は見に行きましたけども、タマコのあの曲がこんなことになるんだねぇ、というのが非常に興味深かったりして、何度も言いますがタマコを知ってる人も知らない人も楽しいひとときになることうけあい。明日も行きます。みなさんも是非。詳細はコチラ。

■2008年8月5日(火)@下北沢lete
『タマコ2のDeluxe Reverb vol.2』
出演:ニシイケタカシ&鳥羽修
open 19:30 / start 20:30
予約 2,000 + drink / 当日 2,300 + drink
※限定20名のライヴです。
ご予約はleteへお電話またはメールにてお願い致します。
lete.1999@r8.dion.ne.jp
(件名は「8/5ニシイケタカシ&鳥羽修」としてください。)

 てなわけで、明日下北沢でお会いしましょう。なっはっは。
[PR]

# by mooran171 | 2008-08-05 02:32 | Live Information
2008年 07月 30日

本日。三匹@下北沢Basement Bar

 暑いですなあ。うちの中で灼熱地獄とたたかっております。外よりうちの中の方が暑い。あまりのうちの中の暑さに辟易して、タンクトップ一枚とかでフラ〜ッとでかけると、お店の中や電車の中が凍え死にそうでまったく難しい。何か一枚羽織るモノを持って出ればいいんですが。うちを出るときはもう暑さで頭がいっぱいで、何かを羽織るなんて11月くらいまでは絶対にないような気がしてしかたがない。おかげで夏バテ気味で食欲が減退。38度の高熱が出ても食欲がまったく減退しないこのワタクシの食欲を奪うとは、あなどれませんな〜。どうもそうめんしか食べる気がしない。

 しかし夏は冬の一億倍好きなので精神的には元気に暮らしております。キティーちゃんで引っ張って更新をさぼってるうちにライブもいろいろありました(汗)あの一色さんトリビュートライブに、横浜でもう3〜4回目になるナンバキイチロウバンドのライブ、そして鈴木晶久くんのライブなど、お知らせしたいこともいろんな感慨もあったんですけども、うちに帰るとチューチューアイス片手に死体のようになってるうちにあっという間に時間が経ってしまい今日に至る。

 そして本日、ちょっと久々の三匹ライブです。詳細はコチラ↓↓

2008.7.30(水)@ 下北沢 Basement Bar
出演:三匹/夕暮レトロニカ/ウタゲユメノゴトシ/ダンカンズ/browny
開場:18:30/開演 19:00
チケット:前売 ¥2,000/当日 ¥2,500(+1Drink)
※三匹は4番目、21時〜の予定
Basement Bar 03-5481-6366

 てなわけで、これから行って参ります。暑さに負けずどかーんと頑張ってきます。もう今日ですが、お時間ある方は遅めの時間ですので是非とも遊びに来てください〜。よろしくお願いします。
[PR]

# by mooran171 | 2008-07-30 14:38 | Live Information
2008年 07月 11日

キティーちゃん

 ども。雪山の写真、ちっちゃくして載せたつもりなのにでかいなあ。正解は立山でした。半袖でウロウロできるくらいの気候なのにあの雪。ホテルの人にいろいろ尋ねたところ、冬場は恐ろしい積雪だそうで、6カ月ほど閉館するとのこと。しかし6カ月もホテルをほったらかしにすると建物が駄目になってしまうので、従業員の方が2人ずつ数週間交代で暖房を入れたりしつつ、メンテ用にホテルにこもるそうな。まさにシャイニングチャンスですね!と言いそうになってなんとか堪える。大変な仕事ですなしかし。でもやってみたい。
 書くものを何も持って行かなかったので、メモ帳とペンを入手しようとホテルの売店に行くと、キティーちゃんメモとキティーちゃんペンしか見当たらない。どうしてもキティーちゃんは欲しくない。というわけでレジの人に他のモノはないのか、と聞こうとしたのだけども、なんで「ちゃん」付けせねばならんのだ、という気分になって「キティーちゃん」ともあまり言いたくない。というわけで
「あれ以外の文具は…」
「あれ…とおっしゃいますと?」
「いや、あの、あそこに売ってるあの…」
「はい?」
「あの猫の…」
「は?」
「キティーですキティー!!」
「ああ、あれしかないですね」
「猫の」とまで言ったのに伝わらず結局呼び捨てにしてしまったが、「キティー」と言うとそれはそれで「キティーちゃん」と呼ぶ人たちよりも自分がキティーちゃんに近い存在のような、気心が知れた仲のような感じになってしまって本意ではないことに気づく。しかし「キティーさん」もなんか敬意を表してるようだし、困ったもんだ…といつもキティーちゃん、ミッフィーちゃんに関しては同じ問題にぶつかるのです。しかも結局買って使っている。

 さて、雪山から無事帰還致しまして、今月後半はライブ目白押しなんですけども、とりあえず一番近いタマコウォルズのワンマンライブシリーズ、第一弾のお知らせ。

2008年7月17日(木)@赤坂グラフィティ
タマコウォルズの『六角マルマル綺譚』第一話
出演:タマコウォルズ
open 19:00 / start 20:00
前売り¥2500 / 当日¥2800(+drink order)
*チケット予約:お名前と枚数、件名に「7/17チケット予約」と
明記の上 tamacowolds@yahoo.co.jp までお送りください。

なんと前売り予約いただいた方に、ある曲の未発表ライヴ音源とホームデモが入った2曲入りCDRを当日会場にてプレゼント、という特典付きです。是非ともお誘い合わせの上、ご来場ください。お待ちしております。
[PR]

# by mooran171 | 2008-07-11 04:22 | Live Information
2008年 07月 01日

c0022579_17274655.jpg

訳あって今こんなとこにいます。雪山のある地方で育った方なんかはさほど驚かないんでしょうけども、九州出身の私なんぞは驚愕の色を隠せません。7月なのに。

先日の青山陽一さんの怪しい隣人vol.13とフラバルスツアーファイナル、それぞれで考えさせられましたいろんなことをこの雪を見ながら思い出してみたりしとるんですが、景色が違うとまた違った気持ちになるもんですなあ。
[PR]

# by mooran171 | 2008-07-01 17:27
2008年 06月 23日

そして福岡の夜はふける

 やはり巨大画像になってました。名古屋から大阪、そして福岡へとフラバルスのツアーは続き、さきほど福岡公演終了、打ち上げ後、ホテルに戻って参りました。ツアーというと曲目はだいたい同じような感じで続いていくんですが、やはり見事に会場ごとに違うライブになって非常に興味深い。今日は今日でまた福岡版のステージでございました。フラバルスの黒田くんは福岡出身でご家族の方々もいらっしゃってたり。わたくしも叔母と従兄弟とその彼女の方が見に来てくれて、非常にうれしかったんですけども、前回青山さんのツアーで父が見に来てくれた時と同様、異様なまでの発汗にみまわれました。いやはや。
 それにしても食べすぎです。この私が食べすぎだというのだからそりゃあもう凄い量です。食べたものをここに書くのもはばかられる。戻ったら激烈に運動することを固く決意。

 そしてフラバルスのツアーファイナルは東京、渋谷DUOにて。以下詳細:


6月27日(金)
「MG5~マイガール5秒前~ tour」

place:渋谷duo MUSIC EXCHANGE
artist:フラバルス
open 19:00/start 19:30
ticket:adv 2,500yen(+1 Drink)/door 3,000yen(+1 Drink)
Info:ホットスタッフ 03-5720-9999


 しかしその前に青山陽一さんの久々の隣人シリーズライブがあります。以下詳細:


6月26日(木)
「怪しい隣人 vol.13」

Place:下北沢CLUB Que
artist:青山陽一&The BM's
 The BM's→P.steel田村玄一, Ba千ヶ崎学, Dr中原由貴, Kbd冨田謙
Guest:Small Circle Of Friends
open 19:00/start 19:30
Ticket:adv 3,500yen(+1 Drink)/door 3,800yen(+1 Drink)*整理番号付
Info: CLUB Que 03-3412-9979


 そしてさらにその前日にはタマコ2(西池崇&鳥羽修)のライブ「Deluxe Reverve vol.1」@下北沢leteがありますよ~。あんな曲もこんな曲もやるみたいで、いつものタマコウォルズのライブを観に来てくださってる方はもちろん、タマコ未経験の方が試食的に来られるのもいいんじゃないでしょうかねぇ~。なんてわたくし内容をまったく知らずに勝手にいろいろ書いてますが、自分がいつも演奏してる曲がどう料理されて出てくるのか、いまからむっちゃ楽しみです。

 というわけで、久々の福岡の夜はふけてゆく。せっかく実家付近に帰ったのに家族が諸事情により誰もいないので福岡でホテルにいるとゆーのも非常に稀でこれはこれで楽しい。
 この度、名古屋→大阪→福岡、と車で旅して来ましたが、名古屋・大阪はなんやかんやでライブでいくこともちょくちょくありまして、名古屋の異様なまでに発展した喫茶店文化とか食べ物が全部味が濃くて量が多いとことか(超一部しか知らずに言ってますが)好きだなあと思ったり、大阪行ったら行ったで、実は東京より大阪の方が人の感じが肌に合うんじゃないかと思ったりするんですが、やはり関門海峡を渡ったあたりから異様にテンションが上がり、福岡に到着すると、もうなんていい街なんだ!!!とじーんとくることこの上なし。
 故郷福岡(小倉ですけども)で過ごした時間と、上京してから東京で過ごした時間がそろそろ同じくらいになってきて、普段はさすがに仮住まい感が減ってきており、しかもたぶん今急に福岡に戻ってもきっと右も左もわからずあたふたするんでしょうけども、やはりもう言葉とか町並みとか蕎麦やじゃなくてうどんやがたくさんあるとか、そういうことでもういちいちじーんとくるんですな。なんでしょうかねこれは。

 てなわけで、明日は東京に戻ります。あ、それからいつぞやもコチラでお知らせしましたが、太田出版の『hon-nin vol.7』で「それが芋になる日まで」というコラムを掲載していただいております。私の友人知人はもう絶対私から一度は聞いたことのある、あの石焼き芋の話です。よかったら是非本屋さんでお手に取ってみてください。

 さらに先日のmona recordsでのオールナイトイベントで一夜限り結成の「ムーナカハラ&ポン引きプッシャーマンズ」のライブの模様が、you tubeで見れるようになっとります。お忙しい中もろもろ手続きに費やしてくださった青山さんに大感謝。ブログに貼ったりするやり方がわかりませんので、バンド名で検索してください。レアな4人の姿を見てみたい方は是非。

 長々と失礼致しました~。ときどき長文を書くなら毎日ちょっとずつ書けばいいものを。といつも思うのだが、なかなかどうしてそうもいかない。んでは来週どこかの会場でお会いしましょう~。
[PR]

# by mooran171 | 2008-06-23 03:31 | Live Information
2008年 06月 19日

また巨大画像に

c0022579_15254853.jpg

…なってますかねぇ。パソコンがないので確認できないんですが、今日からフラバルスの「MG5~マイガール5秒前~tour」が始まります。本日初日@名古屋アポロシアター。
到着した瞬間に夜ご飯用に用意されている味噌カツ弁当を1人フライングして食う。
アポロシアターは初めて来ましたが、雰囲気のあるいいハコですな~。
[PR]

# by mooran171 | 2008-06-19 15:25
2008年 06月 04日

三匹ライブ@青山月見ル君想フ

 6月になりました。あっという間に今年もそろそろ折り返し…かと思うと恐怖で夜空のかなたに飛んでってしまいたくなりますが、そんな6月一発目のライブは、三匹@青山月見ル君想フです。って今日ですが。前回に引き続き、またMeganeWrenchと対バン!ってことで気合いも入りつつ、そしてこれが終わるとちょこっと三匹ライブは間が空きますので、みなさま是非とも遊びに来ていただけると嬉しいです。我々三匹の出演は二番目で19:45〜の予定。お待ちしてます〜。

2008.6.4(水)@ 南青山 月見ル君想フ
開場 18:30 / 開演 19:00
前売 2300円 / 当日 2800円(+1Drink)
月見ル君想フ 03-5474-8115
[PR]

# by mooran171 | 2008-06-04 04:39 | Live Information
2008年 05月 27日

プレゼント

 ブログで自分の誕生日が大好きだ!などと書いてしまったためにそれを読んでくださったと思われる方々からたくさんお祝いの言葉やらプレゼントやらいただいてしまってなんともはや…と思いつつ、大変嬉しく思いつつ、なんでこんなに自分の誕生日好きなんだろうかと考えてみましたところ、昔熱が出たら好きな漫画買ってもらえた、みたいなのとちょっと近いのかなと思ったり。別にもうこの歳になると誕生日だからと言って何の免罪符にもなりゃあしないんですが、なんかどうも誕生日というだけで全世界が自分にオールOKを出してくれているような(笑)そんな気分になるんですよねぇ。なははは。てなわけで、誕生日に飯田橋で歩きながら食べた中華料理屋の肉まん。
c0022579_3494223.jpg

c0022579_3505364.jpg そしてリクエストがあったので、先日のムーナカハラ&ポン引きプッシャーマンズの時のレニクラ河野氏とセットリストでございます。
1. Knock on Wood(Eddie Floyd)
2. Tuesday Heartbreak(Stevie Wonder)
3. Ain't No Mountain High Enough(Marvin Gaye & Tammi Terrell)
4. Let's Stay Together(Al Green)
5. Superfly(Curtis Mayfield)
6. If You Want Me to Stay〜Stand〜Thank You(Sly and The Family Stone)
 せっかく念願のあんな曲もこんな曲もカバーしたので、この体験を今後に生かそうと、ソウルナイト終了後も改めていろんなものを聴いてみたりとかしてるんですけども、やはりただぼけーっとかっこいい〜とか言って聴いてるのと、リハーサルに向けてやらなきゃいかん!と思って真剣にからくりを研究しつつ聴くのとは大違いで(てゆーか普段からやれ、という話なんですけども)、そういう意味でもこの度のポン引きはとても有意義な場でありましたなぁ。タマコライブで必ずやるカバーとかもそうなんですが。せっかくだからこういうときに研究していこうじゃないか、と今日もリハ帰りに河野さんと話しつつ襟を正しつつ、そういえば20歳の誕生日には、自分にプレゼントということで、今日中に2つ打ち(ダブルストローク)ができるようになろう!と大学のサークルの部室で丸一日1人死ぬほど練習したなぁ…というのをさっき思い出しまして、昔の自分に恥ずかしくないよーにがんばらにゃあいかんのぅ、と初心に返る。

 そしてプレゼントと言えば、ライブで見に来てくれた方々にたまに差し入れ的なものをいただくのだが、なんでみんなこんなに上手なんだ差し入れが!!と毎度舌を巻くことこの上なし。以前サイクルズ時代にボーカル森川嬢(彼女は差し入れの天才であった)がお菓子作って来てくれたり、ベースまっくがこれまた渋い和菓子などを買って持って来てくれたりする中、さすがにいつも手ぶらじゃいかんだろ、と思ってレコーディング期間中に数日悩んだ挙げ句、考えすぎて精神的に追い詰められ、なぜか卵タルトを10個買って行ったんですけども、その日に限って多くの人々が豪勢な差し入れを大量に持って来ていて、とてもじゃないがこんな中にコンビニの卵タルトなんか出せるか!という空気。時間差で出そうと一度引っ込めるとその後もタイミングを逃がし続け、そのうちお腹が減って来て卵タルトをカバンから出して一個食べ、二個食べ…もう結果はおわかりでしょうが、帰るまでに全部1人で食ってしまったのであった。
 という恐怖の差し入れ経験により、もともとあった苦手意識がさらに倍、上手な差し入れをする方を見るとうーむ素晴らしいセンスの方だ、とチャールズ・ブロンソンのような表情で見つめてしまう。

 とか書くと誕生日おめでとう催促の次は差し入れ催促か!?てな風にも解釈できますが、その辺はご想像におまかせします。嘘です。催促ではありませんもちろん。ちなみに甘いものも辛いものも好きです。
[PR]

# by mooran171 | 2008-05-27 04:19 | memorandum
2008年 05月 24日

漁師じゃなくて売人たちの夕べ

c0022579_955349.jpg

 ぽん引きプッシャーマンズ公演終了。お誘いくださったモナレコーズ田丸さんとつき合ってくれたプッシャーマンズたちに心から感謝しつつ、階段でスライ風に写真撮影。プッシャーマンズですよ。フィッシャーマンズじゃありません。

 夜中で帰れないの決定だとゆーのに足を運んでくださった方、本ッッ当にありがとうございました。しかしあんな開衿な青山さんもあんなレニークラヴィッツな河野さんもあんな男前シャツな鈴木くんも、たぶん他では見れないでしょうヌハハハハ!

 こんな阿呆日記ですいませんが、今日はここまで。大編成のモナバンド始め対バンのみなさんのこととか超久々のオールナイト体験についての一考察とかもろもろあるんですが、今日はここまで。取り急ぎお礼まで。
[PR]

# by mooran171 | 2008-05-24 09:42 | Live Report
2008年 05月 23日

ぽん引きフィッシャーマンズ

2008/5/23(金)
mona records soul night
 ticket 1500yen
 open&start 0:00
 place 下北沢モナレコーズ(03-5787-3326)

「ムーナカハラ&ぽん引きフィッシャーマンズ」(深夜1:00〜出演予定)
 青山陽一(Vo.&G)
 鈴木晶久(Vo.&G)
 河野薫(B)
 中原由貴(Dr)

 本日深夜、一夜限りのぽん引きフィッシャーマンズが下北沢モナレコーズに見参いたします。わたくし、人生初バンマスでありまして、とはいえ「どうします?どうします?」とかいってヘラヘラしながらみんなに連絡取ってるだけで、結局は青山兄貴がすべてをまとめてくれているんですけども、この度、モナレコーズから『ソウルナイト』のお誘いをたまたまいただいて、ソウルファンクと言えば…という面々に声をおかけいたしましたところ、みなさん快諾してくれた上に極上の協力体制で、感動に打ちひしがれる私をよそにサクサク事は運び、曲も決まって先日無事リハーサルも終え、ついに今日は本番。あっという間に散ってしまう夜桜銀次のようなカッコイイパフォーマンスを目指してるんですけどもどうでしょう。たぶんこの世の誰よりも明日を楽しみにしているのは私でしょう。15〜6年越しくらいで、何かカバーをする機会がある度にやろうやろうと持ちかけてはみたものの、一度も実現しなかったある曲がありまして、それを明日はついにやるのである。おいおいおい(涙)リハーサルも時間がないのでわーわー言いながらあっという間に終わってしまいましたけども、ソウルキングの青山さんはもちろん、若き若年寄(趣味が)鈴木晶久くんも非常にすばらしい。私はこの2人がステージで並ぶ日が来るのを実はだいぶ前から楽しみにしてたんですよ。そんな2人のバックをタマコ河野氏と共に務めさせていただきます。
 いやしかし青山さんをよく知っている方にも鈴木くんをよく知っている方にも、大変レアな一夜になると思いますよ〜。私にとったってあんな2人を見れるのはめっちゃレアです。しかしなんてったって深夜1:00スタートなもんで、是非遊びに来てください!と無責任なことは言いづらいですけども、夜更かし平気な方、翌日特に大丈夫なんで始発で帰れるぜ、という気合い入ってる方、もしくは電車のがして帰れなくなった方などは是非ともおいでください。
 ちなみに、バンド名を2秒で考案してくれたのは青山さんです。一瞬モナのページに「青山陽一バンド」となってましたが、本番前日にしてぽん引きのほうも日の目を見ることができましたな〜。
 そんなこんなで長くなりましたが、事前に騒ぐと本番とんでもないポカをやらかす癖があるのであまりでかいことは言わず、謙虚な心でメンバーの胸をお借りしつつ、楽しんで来たいと思います。いや〜楽しみで眠れん。
[PR]

# by mooran171 | 2008-05-23 05:15 | Live Information